千光丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.09.12:起工、第一次船舶改善助成施設第25号 10.05.18:進水、命名:千光丸 10.07.31:竣工、船主:近海郵船株式會社
10.07.31:登録純噸数:2,621、登録喫水:7.1 --.--.--:東京〜高雄 11.--.--:登録純噸数:2,618に変更 12.--.--:登録喫水:5.1に変更 14.08.16:船主:日本郵船株式會社に変更 16.08.16:徴傭通知:兵備三機密第874号
16.08.21:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.09.20:監督官:海軍大佐 佐藤 文吉 16.09.20:株式會社大阪鉄工所因島工場にて艤装工事開始 16.11.14:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊所属、特設運送船(甲)雑用船兼給兵船 16.12.03:佐世保〜中城(12.08)〜古仁屋 16.12.17:古仁屋〜12.24ラモン湾 16.12.--:ラモン湾上陸作戦(揚陸) 16.12.29:ラモン湾〜ダバオ 17.01.01:マララグ湾にて各艦へ弾薬(爆雷、機銃弾)補給 17.01.04:1040 「第三十七號哨戒艇」に爆雷搭載6個並に糧食供給 17.01.12:特設病院船朝日丸」から治療品受領 17.02.26:(船団)ダバオ〜      〜02.28 1600 特設運送船箱根山丸」解列〜      〜03.02バンジェルマシン沖 17.02.--:兵器・弾薬補給 17.03.03:0810 敷設艇」に炭水補給 17.03.11:(船団)バンジャルマシン〜03.12マカッサル
17.03.--:戦時編制:南西方面艦隊所属、特設運送船(甲)雑用船 --.--.--:船長:富永 喜三郎(-20.11.02) 17.03.21:特設砲艦億洋丸」に爆雷4個補給 17.05.15:官房機密第5990号:訓令:九二式七粍七単装機銃A型1基供給 17.06.01:マカッサル〜スラバヤ 17.07.07:(「大興丸」を曳航)アンボン〜07.11マカッサル 17.07.16:(「大興丸」を曳航)マカッサル〜07.21昭南(ケッペル) 17.08.25:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊所属、特設運送船(甲) 17.10.15:マカッサル〜 17.12.15:監督官:海軍中佐 山本 雅一 18.02.26:ケンダリー〜02.27アンボン 18.05.25:指揮官:海軍中佐 山本 雅一 18.05.25:カイマナ〜05.28バボ〜06.04マノクワリ06.07〜06.08ソロン 18.06.09:ソロン〜06.10アンボン06.15〜06.16ソロン 18.08.13:バリクパパン〜      〜08.15 メナド沖にて「第四號驅潜艇」による護衛終了〜      〜カブイ湾 18.09.04:カブイ湾〜09.05マノクワリ 18.09.05:マノクワリにて敵機の銃撃を受ける 18.10.01:山本中佐横須賀鎮守府附被仰付
18.10.01:戦時編制:特設運送船(乙) 18.10.18:(第2609船団)バリクパパン〜      〜10.21 1000 メナド行「乾山丸」、「大丸」、「第四十一號」驅潜艇船団より分離〜      〜10.22 0830 船団より分離〜   〜カウ 18.11.15:ノースウオッチャにて座礁 18.11.17:第十一特別工作部(「靜波丸」)により離礁 18.11.17:スンダ海峡南口に於いて雷撃を受ける 19.02.01:第二南遣艦隊配属 19.02.15:スラバヤ〜02.20アンボン02.24〜02.28マカッサル03.02〜03.05スラバヤ 19.03.22:第一警備部隊電令作第119号:      1.第百四號哨戒艇は23日スラバヤ発、生田川丸及びバリクパパン行千光丸を        ラウト海峡南口迄護衛したるのち、同地点に待機中の大興丸飛隼丸曳航)及び        長田丸をスラバヤまで護衛すべし      2.略 19.03.23:スラバヤ〜03.24ラウト島 19.03.24:バリックパパンにて触雷〜03.25バリックパパン04.13〜04.17スラバヤ 19.04.17:損傷復旧工事 19.07.31:損傷復旧工事完了 19.08.08:スラバヤ〜08.10ジャカルタ08.15〜08.19バタン 19.08.24:バタンにて英航空母艦艦載機の空爆により直撃弾3発、至近弾10発を受け機械室、      汽缶室に火災が発生、注水により消火、      二十五粍二聯装機銃2基、十三粍二聯装機銃1基、七粍七機銃1基焼損→大破      〜修理〜ブングス湾〜スラバヤ向け航行準備
20.02.05:戦時編制:大海幕機密第608号ノ193:聯合艦隊第十方面艦隊所属、特設運送船(乙) 20.07.23:スマトラ島ブングス湾にて空爆により航行不能〜09.01エンマ港へ曳航
20.10.11:接収 20.11.03:沈没 20.11.30:除籍:第301730番電 21.08.10:解傭
喪失場所:エンマ港外 喪失原因:聯合軍により自沈処分

同型船

 萬光丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.57)
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.84)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年7月号、昭和10年8月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年5月号「日本商船隊の懐古 No.11」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.256)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.156)
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所 (P.48)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る