飛隼丸の船歴

 年 月 日:船歴

03.10.26:起工 04.04.01:進水、命名:飛隼丸 04.05.15:竣工
07.01.10:〜01.14黄海横断観測 07.01.26:〜01.28黄海横断観測 07.02.07:〜02.08黄海横断観測 07.04.02:〜04.08黄海横断観測 07.05.17:〜05.24黄海横断観測 07.06.01:〜06.08黄海横断観測 07.06.11:〜06.14黄海横断観測 07.06.26:〜07.05黄海横断観測 07.07.15:〜07.21東海横断観測 07.08.07:〜08.13黄海横断観測 07.09.02:〜09.07黄海横断観測 07.09.21:〜09.26黄海横断観測 07.11.22:〜11.28黄海横断観測 08.05.10:〜05.16黄海横断観測 08.07.07:〜07.11東海及び黄海横断観測 08.07.26:〜08.02東海及び黄海横断観測 08.09.28:〜10.07東海及び黄海横断観測 08.12.18:〜10.29東海及び黄海横断観測 09.01.11:〜01.25東海及び黄海横断観測 09.02.16:〜02.22東海及び黄海横断観測 09.08.03:〜08.08東海及び黄海横断観測 09.09.27:〜09.29東海及び黄海横断観測 10.07.12:〜07.17東海及び黄海横断観測 10.10.02:〜10.07東海及び黄海横断観測 10.10.23:〜10.30東海及び黄海横断観測 10.11.22:〜11.28東海及び黄海横断観測 11.02.13:〜02.18東海及び黄海横断観測 11.04.19:〜04.27東海及び黄海横断観測 11.05.11:〜05.21東海及び黄海横断観測 11.06.02:〜06.09東海及び黄海横断観測 12.01.08:〜01.14東海及び黄海横断観測 12.05.06:東海及び黄海横断観測 12.05.26:〜05.31東海及び黄海横断観測 12.06.22:〜06.30東海及び黄海横断観測 12.07.31:〜08.05東海及び黄海横断観測 12.08.23:〜08.24東海及び黄海横断観測 12.12.05:〜12.07東海及び黄海横断観測 13.02.26:〜02.27東海及び黄海横断観測 13.05.04:〜05.05東海及び黄海横断観測 13.06.12:〜06.21東海及び黄海横断観測 13.07.06:〜07.07東海及び黄海横断観測 13.08.24:〜08.31東海及び黄海横断観測 13.12.01:〜12.02東海及び黄海横断観測 14.04.10:東海及び黄海横断観測 14.06.19:東海及び黄海横断観測 14.07.12:〜07.13東海及び黄海横断観測 14.07.29:東海及び黄海横断観測 14.08.18:東海及び黄海横断観測 14.11.27:東海及び黄海横断観測 14.12.12:東海及び黄海横断観測 15.08.02:〜08.03安南海湾横断観測 15.08.16:安南海湾横断観測 15.10.10:安南海湾横断観測 16.06.04:〜06.10東支那海横断観測 16.07.21:玄界灘横断観測 16.08.28:玄界灘横断観測 16.08.30:玄界灘横断観測
16.11.24:借用:一般徴傭船(気象觀測船兼監視船)、呉鎮守府所管、第二遣支艦隊配属 --.--.--:佐世保鎮守府所管、第二南遣艦隊配属 19.03.14:第一警備部隊電令作第97号:      1.大興丸(飛隼丸曳航)は14日1200ラウト島南端通過        平龍丸は14日1100同地点通過、共にラウト海峡南口にて仮泊待機す      2.第百四號哨戒艇は修理を一時中止し準備出来次第出撃、右をスラバヤ迄護衛すべし 19.03.22:第一警備部隊電令作第119号:      1.第百四號哨戒艇は23日スラバヤ発、生田川丸及びバリクパパン行千光丸を        ラウト海峡南口迄護衛したるのち、同地点に待機中の大興丸(飛隼丸曳航)及び        長田丸をスラバヤまで護衛すべし      2.略 19.03.25:ラウト島〜03.27スラバヤ 19.07.23:(シマ02船団)昭南〜      〜07.31 2100(N08.50-E116.48)「天心丸」被雷沈没〜      〜07.31 2102(N08.51-E116.45)パラワン島南端西30浬にて米潜水艦"Lapon"(SS-260)の雷撃に             より小破〜      〜08.05マニラ
20.06.04:沈没 --.--.--:返却
喪失場所:N.-E. 部崎灯台125度3,000m 喪失原因:触雷

同型船

 なし。

兵装

 九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺。

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.15)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.194)
 「播磨造船所50年史」 S35.11 株式会社播磨造船所(P.67)
 「昭和十一年版漁船建造必携」 S10.02 モーターシップ雑誌社(P.62, 広告)
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft" (P.127)

前の船へ ← 一般徴傭船(気象觀測船兼監視船) → 次の船へ

Homeへ戻る