玉島丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.12.06:起工 15.10.03:進水、命名:玉島丸 15.12.14:竣工、船主:飯野汽船株式會社、船籍港:神戸
16.03.13:船主:飯野海運産業株式會社、船籍港:東舞鶴
16.08.13:徴傭 16.08.20:横須賀〜08.21大阪 16.08.25:大阪〜09.01トラック09.14〜09.16ポナペ09.27〜10.05呉 16.10.05:入籍:内令第1194号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
16.10.20:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 16.10.25:呉〜八幡〜高雄11.28〜佐世保〜大阪〜12.03三池12.06〜鎮南浦〜横須賀 --.--.--:呉鎮守府命令第5号の635:高雄、馬公方面に向け軍需品輸送 17.01.--:四日市行き航空揮発油2,500ドラム搭載 17.01.03:横須賀〜四日市 17.01.--:四日市〜      〜呉〜門司〜細島〜高雄〜基隆〜芝浦〜釜石〜東京〜横浜〜釧路〜小樽〜      〜佐世保〜鎮南浦〜05.25佐世保 17.06.03:佐世保〜06.04徳山06.06〜06.09大湊06.11〜06.12小樽06.13〜      〜06.14幌岸06.18〜06.22東京 17.06.27:東京〜06.30小樽07.01〜07.02幌岸07.07〜07.12名古屋07.14〜      〜07.18小樽07.19〜07.20来知志07.23〜07.27東京 17.07.31:東京〜08.05小樽08.06〜08.07来知志08.09〜08.14横浜 17.08.15:船長:海軍嘱託 松本 利兵衛(部内限り奏任官待遇)  17.08.18:横浜〜      〜08.21小樽08.21〜08.23敷香08.23〜08.24散頃08.29〜09.03名古屋09.05〜      〜09.09小樽09.10〜09.13散頃09.20〜09.26大阪09.28〜09.29門司09.29〜      〜09.30津久見10.05〜10.07名古屋10.09〜10.10東京 17.10.14:東京〜10.14横浜 17.10.--:中間検査のため入渠 17.10.24:横浜〜10.26門司 17.10.29:門司〜      〜10.30 0930(N33.03-E134.30)雷撃を受けるが被害なし〜      〜11.01東京 17.11.06:東京〜11.10室蘭11.15〜11.17東京 17.11.21:東京〜11.23門司11.24〜11.25佐世保11.28〜11.30鎮南浦12.06〜12.12横須賀12.18〜12.18東京 17.12.19:東京〜12.22函館12.23〜12.24小樽12.26〜12.30横須賀 18.01.06:横須賀〜01.09室蘭01.17〜01.20東京 18.01.23:東京〜01.27留萌01.30〜01.30小樽02.01〜02.05東京 18.02.10:東京〜02.13釧路02.20〜02.25名古屋02.27〜03.03釧路03.08〜03.12東京 18.03.15:東京〜03.17室蘭03.18〜03.21川崎03.23〜03.23横浜 18.03.--:三菱重工業株式會社横浜造船所に入渠 18.04.11:修理完了 18.04.13:横浜〜04.13横須賀04.14〜04.16函館04.19〜04.19室蘭 18.04.25:特設運送船滿珠丸」を曳航:室蘭〜04.26函館 18.04.29:函館〜05.02川崎05.05〜05.05横浜 18.05.06:横浜〜05.08函館05.10〜05.11釧路05.15〜05.20東京05.23〜05.23横須賀 18.05.26:防空部隊搭載 18.05.27:防空部隊搭載 18.05.27:横須賀〜06.02幌筵06.03〜06.03武蔵湾06.14〜06.17釧路06.26〜07.01東京07.05〜07.05横須賀 18.07.07:横須賀〜07.09大湊 18.07.13:大湊〜07.16釜山07.16〜07.17若松07.18〜07.18八幡07.19〜07.20大阪07.21〜07.22呉 18.07.24:呉〜07.25釜山07.25〜08.03片岡湾08.18〜08.19呉 18.08.26:呉〜09.25ラバウル10.15〜10.16ブカ10.31〜10.22ラバウル11.03〜11.04カビエン11.16〜 18.11.--:(第2152船団)〜11.19トラック 18.11.25:(第4125船団)トラック〜12.03横須賀 18.12.06:横須賀〜12.06横浜 18.12.08:日本鋼管株式會社淺野船渠にて入渠 19.01.18:横浜〜01.18横須賀 19.01.--:第46、47、49防空隊員、第81警戒隊員910名乗船、兵器資材需品1,310t、郵便136個積載 19.01.25:(第3125甲船団)横須賀〜 19.01.30:1005 サイパン向け航行中右舷側中央部に被雷 19.01.30:2205 再度被雷
19.01.30:沈没 19.03.10:除籍:内令第427号 19.09.01:解傭
喪失場所:N20.50-E149.24 ウラカス島東方600km付近 喪失原因:米潜水艦Sparefish(SS-190)の雷撃

同型船

 興東丸興西丸永jロ太jロ田子の浦丸須磨の浦丸志賀の浦丸

兵装

 要調査

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和16年04月号 海と空社
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和15年11月号、昭和16年1月号
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所 (P.57)
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社(P.73)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻(P.135)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る