田子の浦丸の船歴

 年 月 日:船歴

15.06.24:起工 16.03.27:進水、命名:田子の浦丸 16.05.31:竣工、船主:三菱商事株式會社
16.06.--:北海道〜京浜地区
16.11.08:徴傭
16.11.--:ウオッゼ島他へセメント輸送
16.12.10:入籍:内令第1634号:特設運送船(給炭油船)、横須賀鎮守府所管
16.12.10:監督官:海軍大佐 澤田 實 16.12.--:二号塊炭800t、パラオ向け機雷40個搭載 16.12.12:横須賀〜12.19パラオ12.21〜12.26トラック12.31〜01.01モトロック01.02〜      〜01.04六五基地01.09〜01.16横須賀 16.12.31:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊所属、特設運送船(乙)
17.01.25:除籍:内令第147号
17.01.25:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属 17.01.--:横鎮機密命令第35号:兵器軍需品輸送 17.01.26:横須賀〜02.04ブラウン02.05〜02.07クエゼリン02.12〜02.12ルオット02.14〜      〜02.15ウオッゼ02.21〜02.21タロア02.26〜02.27イミエジ03.03〜03.03ヤルート03.08〜      〜03.14ロタ03.18〜03.24横須賀 17.03.24:横須賀〜03.24横浜03.27〜03.27横須賀 17.04.--:運輸機密第635番電:軍需品輸送 17.04.01:横須賀〜04.04八幡04.07〜04.07津久見04.11〜04.13横浜 17.04.--:運輸機密第724番電:軍需品輸送 17.04.28:横浜〜05.01門司 17.05.05:門司〜      〜05.05(N33.29-E129.24)生月島北西にて特設運送船たるしま丸」と衝突〜      〜05.06長崎 17.05.06:三菱重工業株式會社長崎造船所にて仮修理 17.05.23:仮修理完了 17.05.24:長崎〜05.28高雄06.02〜06.03基隆06.06〜06.11横浜 17.06.16:三菱重工業株式會社横浜造船所にて本修理 17.06.30:本修理完了 17.07.01:横浜〜07.03函館07.05〜07.06小樽07.08〜07.11横浜07.14〜      〜07.17小樽07.18〜07.21浅瀬07.24〜07.30大阪08.01〜08.03三池08.05〜      〜08.09蒲郡08.10〜08.10半田08.13〜08.15門司08.16〜08.18鎮南浦08.21〜      〜08.26横須賀 17.08.15:船長:海軍嘱託 須崎 辰一(部内限り奏任官待遇) 17.09.04:横須賀〜09.07小樽09.08〜09.10来知志09.12〜09.18大阪09.20〜      〜09.25小樽09.26〜09.28来知志09.30〜10.01小樽10.02〜10.07大阪10.09〜      〜10.11西浦10.13〜10.13横須賀 17.10.14:横須賀〜10.18小樽10.19〜10.21敷香10.28〜10.30小樽10.30〜      〜11.04大阪11.06〜11.07呉11.08〜11.09門司11.10〜11.11佐世保11.12〜      〜11.15鎮南浦11.19〜11.25横須賀 17.12.02:横須賀〜12.02横浜12.05〜12.08呉12.10〜12.12三池12.15〜      〜12.17鎮南浦12.22〜12.25呉12.30〜12.31若松01.02〜01.03呉01.10〜      〜01.13若松01.14〜01.15神戸01.17〜01.17大阪01.20〜01.21若松01.23〜      〜01.28高雄02.08〜 18.02.12:(第8212船団)〜02.13名古屋 18.02.17:名古屋〜02.17四日市02.19〜02.21門司02.24〜      〜02.27基隆03.04〜03.05高雄03.07〜03.08基隆03.12〜03.16大阪 18.03.19:機密佐世保鎮守府命令第183号:「公稱第5269號」及び「公稱第5270號」特型運貨船を搭載 18.03.26:大阪〜03.27名古屋04.02〜04.02四日市04.04〜04.06門司04.11〜04.15基隆04.19〜04.20高雄 18.04.24:(N船団)高雄〜東汀島にて船団より分離〜04.27上海 18.05.03:上海〜05.04呉淞 18.05.04:(支13船団)呉淞〜05.06六連 18.05.07:六連〜05.07門司05.07〜05.08神戸05.09〜05.10館山05.11〜05.11横須賀 18.05.12:横須賀〜05.12横浜05.17〜05.19大阪05.23〜05.25佐世保 18.06.01:佐世保〜06.09パラオ 18.06.14:(P614船団)パラオ〜06.23ラバウル 18.06.21:船主:三菱汽船株式會社に変更 18.07.--:特設運送船恵昭丸」から大発受領 18.07.25:ラバウル〜07.27ブイン(揚陸)08.06〜08.08ラバウル 18.08.12:(第2022船団)ラバウル〜08.17トラック 18.08.27:(第4827船団)トラック〜横須賀向け(便乗者110名、砲弾、ドラム缶輸送)
18.09.03:沈没 18.09.30:解傭
喪失場所:N33.38-E140.06 三宅島南東60km付近 喪失原因:米潜水艦Pollack(SS-180)の雷撃

同型船

 興東丸興西丸永jロ太jロ玉島丸須磨の浦丸志賀の浦丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和16年7月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1982年10月号「日本商船隊の懐古 No. 40」山田早苗
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.597)

前の船へ ← 特設運送船(給炭油船) → 次の船へ

Homeへ戻る