たるしま丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.04.28:起工 12.09.29:進水、命名:たるしま丸 13.02.15:竣工
16.07.25:徴傭:一般徴傭船(雑用船) 16.07.30:船長:海軍嘱託 曾田 榮一(部内限り奏任官待遇) 16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.10.15:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.12.03:門司〜12.04佐世保 16.12.10:佐世保〜12.14馬公12.17〜12.18厦門12.20〜12.21南澳島12.21〜12.22萬山12.25〜      〜12.26海口01.03〜01.04三亜01.10〜01.10楡林01.12〜01.15高雄01.17〜01.21佐世保 17.01.22:佐世保〜01.23六連01.23〜01.23八幡01.25〜01.26佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:直卒部隊
17.01.25:機密佐世保鎮守府命令第46号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.02.01:佐世保〜02.01崎戸02.02〜02.05馬公02.06〜02.06高雄02.09〜      〜02.12海口02.18〜02.19三亜02.24〜02.24楡林02.26〜03.01南澳島03.01〜      〜03.02厦門03.03〜03.06端島南方03.07〜03.07佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:直卒部隊 17.03.08:佐世保〜03.09六連沖03.09〜03.09八幡03.11〜03.11門司03.12〜03.13佐世保
17.03.16:機密佐世保鎮守府命令第144号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.03.19:佐世保〜03.23高雄03.25〜03.26香港03.27〜03.28海口03.30〜03.31三亜04.07〜04.10聖雀
17.04.10:戦時編制:呉鎮守府配属 17.04.10:内令第659号:呉鎮守府所管に変更 17.04.17:西貢〜04.19カムラン04.19〜04.21三亜04.21〜 17.04.22:浮流機雷1個、射撃処分〜      〜04.24高雄04.27〜04.28馬公04.28〜佐世保〜      〜05.05(N33.29-E129.24)生月島北西にて特設運送船田子の浦丸」と衝突、船首損傷〜      〜関門 17.05.08:佐鎮機密第711番電:門司における荷役終了後、大阪に回航、入渠修理並に定期検査施行      〜05.10大阪 17.05.--:株式會社大阪鐵工所にて損傷修理及び定期検査 17.06.20:大阪〜06.21呉 17.06.26:呉〜06.27神戸06.28〜06.30横須賀03.30〜06.30横浜07.01〜      〜07.04六連07.04〜07.09基隆07.13〜07.14馬公07.14〜07.17マニラ07.21〜      〜07.26マカッサル07.30〜08.01スラバヤ08.10〜08.12マカッサル08.15〜      〜08.16バリクパパン08.24〜08.28マニラ09.02〜09.06高雄09.08〜      〜09.08馬公09.13〜09.17六連09.18〜09.18門司09.20〜09.20八幡09.26〜      〜09.26呉 17.10.12:呉〜10.13六連10.16〜10.21基隆10.26〜10.26馬公10.27〜10.29マニラ11.02〜      〜11.07バリクパパン11.12〜11.14スラバヤ 17.11.22:スラバヤ〜「第三號掃海特務艇」が護衛開始〜11.26アンボン 17.11.--:託送品12個搭載、人員68名乗船 17.12.02:アンボン〜12.08マニラ 17.12.--:航空兵器外83個揚陸、人員11名退船 17.12.09:マニラ〜12.10サンフェルナンド 17.12.--:銅鉱石3,400t搭載、人員1名乗船 17.12.13:サンフェルナンド〜12.14マニラ 17.12.--:人員1名退船、コプラ、砲身外800t搭載、人員39名乗船 17.12.19:(第827船団)マニラ〜12.22高雄 17.12.--:航空兵器14個揚陸、人員2名退船 17.12.25;高雄〜12.25馬公 17.12.--:人員2名乗船、船団加入 17.12.26:馬公〜12.31六連12.31〜12.31門司 18.01.03:門司〜01.04佐賀関 18.01.--:銅鉱石650t揚陸 18.01.06:佐賀関〜01.07新居浜 18.01.--:銅鉱石2,700t揚陸、空ドラム510個搭載 18.01.09:新居浜〜01.10呉 18.01.--:空ドラム外320t揚陸、被服、需品外657t搭載 18.01.19:呉〜01.20徳山 18.01.--:空ドラム13,400個、解体油槽鉄板3基分750t搭載 18.01.25:徳山〜01.25門司01.26〜01.30高雄02.01〜02.05マニラ 18.02.--:銅線、ラジオ、台所用品10t揚陸、人員82名退船 18.02.--:工作機械、麻索70t搭載 18.02.06:マニラ〜02.11バリクパパン 18.02.--:冷蔵庫、治療品71m3揚陸、人員5名退船 18.02.--:変圧器油、普通揮発油、通信器材2,656個搭載、人員123名乗船 18.02.18:バリクパパン〜02.20スラバヤ 18.02.--:解体油槽鉄板外1,171m3揚陸、人員66名退船 18.02.--:麻外229t搭載、人員78名乗船 18.02.27:スラバヤ〜03.03ポマラ 18.03.--:ニッケル鉱石その他4,050t搭載、便乗者12名乗船 18.03.09:ポマラ〜03.12バリクパパン 18.03.--:電動機4個、空中聴音器15個搭載、燃料補給 18.03.17:バリクパパン〜03.22マニラ 18.03.--:鉛60t、遺骨19柱搭載、便乗者21名乗船 18.03.25:マニラ〜03.28高雄 18.03.--:便乗者4名退船、炭水補給 18.03.30:高雄〜04.05門司 18.04.--:硫黄消毒施行 18.04.--:軍用郵便物103個揚陸、便乗者107名退船 18.04.06:門司〜04.07新居浜 18.04.--:ニッケル鉱4,700t揚陸 18.04.10:新居浜〜04.10呉 18.04.--:麻、還納品外揚陸 18.04.16:入渠、船体修理 18.04.21:出渠 18.05.03:呉〜05.04門司 18.05.--:セメント2,500t搭載 18.05.06:門司〜05.07神戸 18.05.--:セメント2,500t揚陸 18.05.10:神戸〜05.11呉 18.05.--:格納庫、航空兵器外2,500t、郵便物231個搭載、便乗者44名乗船 18.05.16:呉〜05.17徳山 18.05.--:空缶5,000缶搭載 18.05.19:徳山〜05.19門司05.20〜05.25高雄 18.05.--:高射砲1門、航空兵器外610t、郵便物182個搭載、便乗者4名乗船 18.05.27:高雄〜05.30マニラ 18.06.--:器材、航空兵器外330t、郵便物150個揚陸、便乗者41名退船 18.06.01:菲島部隊電令第148号:      1.B船タラカン行~州丸(特種油槽船曳航)バリクパパン行たるしま丸        A船光jロ02日1500発−中略−タラカンに向う。速力8.5節      2.第二十一長運丸は右船団を北緯09度30分東経121度0分(04日0900着予定)迄護衛後 18.06.02:マニラ〜06.08バリクパパン 18.06.14:バリクパパン〜      〜06.15 1400(S05.15-E119.06)「第十六號掃海艇」が護衛を止め反転〜      〜06.15マカッサル 18.06.16:マカッサル〜06.17ケンダリー06.22〜06.22マッサーロック06.23〜06.23ポマラ06.29〜      〜06.30マカッサル07.01〜07.02コタバル07.03〜07.03バリクパパン 18.07.13:バリクパパン〜      〜07.14 1830(S04.01-E113.23)特設運送船昌平丸」、特設砲艦億洋丸」分離〜      〜07.15 1930(S03.45-E108.40)「第十六號掃海艇」が護衛を止む〜      〜07.18昭南 18.07.23:昭南〜07.29高雄07.30〜08.03門司08.03〜08.04新居浜 18.08.--:ニッケル鉱石約3,000t揚陸 18.08.07:新居浜〜08.07呉 18.08.--:鉛、空缶、生皮外約500m3揚陸 18.08.--:鉄板、爆弾外約4,000m3搭載 18.08.16:呉〜08.17門司08.18〜08.23馬公08.24〜08.28マニラ 18.09.--:兵器、鋼材外約300m3揚陸 18.09.05:マニラ〜09.07セブ09.08〜09.09ザンボアンガ09.10〜09.11タラカン09.18〜      〜09.20バリクパパン09.23〜09.26スラバヤ 18.10.--:打殻薬莢外420m3搭載、人員22名乗船 18.10.11:スラバヤ〜10.12コタバル10.14〜10.14バリクパパン 18.10.--:解体タンク500m3揚陸 18.10.30:バリクパパン〜      〜10.30 1750(S02.43-E116.57)「第百二號哨戒艇」が敵潜水艦を探知〜       〜10.31マカッサル 18.11.--:潤滑油500ドラム、貨物自動車8台、民需386m3揚陸 18.11.08:マカッサル〜11.13昭南 18.11.--:椰子油及兵器700m3搭載 18.11.15:昭南〜11.15ビンタン 18.11.--:ボーキサイト3,700t搭載 18.11.17:ビンタン〜11.17昭南 18.11.--:便乗者120名乗船 18.11.19:昭南〜11.23聖雀11.24〜12.01高雄12.07〜門司〜新居浜〜呉〜三池〜01.03佐伯 19.01.13:(オ105船団)佐伯〜      〜01.14 2026(N38.25-E133.30)一般徴傭船山鶴丸」被雷沈没〜      〜01.15 0130(N28.00-E134.28)米潜水艦"Seawolf"(SS-197)より砲撃を受ける〜      〜01.15 0230(N28.00-E134.20)陸軍徴傭船丁抹丸」が敵潜より砲撃を受ける〜      〜01.16 1806(N23.15-E135.14)陸軍徴傭船「丁抹丸」被雷沈没〜      〜01.16 2250(N22.34-E135.46)米潜水艦"Seawolf"(SS-197)より砲撃を受け損傷〜      〜01.17 ----(N22.31-E135.46)米潜水艦"Whale"(SS-239)より雷撃を受ける
19.01.17:沈没 20.03.10:除籍:内令第232号 20.03.10:解傭
喪失場所:N23.00-E135.10 沖大東島東南東300km付近 喪失原因:米潜水艦Whale(SS-239)の雷撃

同型船

 山jロ

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年12月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.27)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2015年6月号「思い出の日本貨物船その226」
 「戦没船写真集」 H13.08 全日本海員組合
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.101)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.102)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る