天長丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.05.--:進水、命名:Le Quesnoy T08.05.--:竣工、船主:Nova Scotia Transportation Company, Limitedd、船籍港:Toronto、      船舶番号:137910、登録総噸数:2,716
T11.--.--:船主:J. A. Withrow、船籍港:Londonに変更 T11.06.--:改名:天長丸、      船主:辰馬汽船株式會社、船籍港:兵庫縣西宮、船舶番号:28551、      登録総噸数:2,608、登録純噸数:1,557に変更 T11.06.10:逓信省告示第1111号(06.14附):電信取扱所設置 T12.10.15:樺太〜小樽〜10.21横浜 T13.01.02:逓信省告示第14号(01.09附):電信取扱所閉鎖 T13.01.10:基隆〜四日市〜名古屋〜01.24横浜 T13.01.20:逓信省告示第76号(01.21附):電信取扱所の事務を開始 T13.06.12:Dui〜06.19横浜 T14.04.01:船籍港:西宮に変更 08.--.--:登録純噸数:1,557に変更 09.--.--:登録純噸数:1,560に変更 12.--.--:登録純噸数:1,555に変更 13.--.--:登録純噸数:1,554に変更
16.03.28:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府所属 16.08.04:解傭
16.11.10:定期検査完了
17.12.14:徴傭:陸軍 17.12.14:門司〜12.17元山12.21〜12.26宇品 18.01.11:大阪〜01.06釜山01.12〜01.14大阪 18.01.23:若松〜02.11パラオ 18.04.16:パラオ〜05.16セブ05.16〜05.17イロイロ05.17〜05.18マニラ 18.05.30:マニラ〜06.01高雄 18.06.09:高雄〜06.12宇品 18.07.11:門司〜07.26高雄 18.07.31:高雄〜08.05マニラ 18.08.11:マニラ〜08.15高雄 18.08.17:高雄〜08.23マニラ 18.09.02:マニラ〜09.06パラオ 18.09.19:パラオ〜10.14宇品 18.10.15:宇品〜佐伯 18.10.31:(オ112船団)佐伯〜11.11パラオ 18.11.20:パラオ〜12.03宇品 18.12.04:宇品〜12.14釜山12.19〜12.31伊万里 19.01.01:伊万里〜01.21マニラ 19.01.26:マニラ〜01.26サンタクローズ01.28〜02.06高雄 19.02.10:高雄〜03.06ハルマヘラ 19.03.06:1037 「第四號掃海艇」を横付け      1210 石炭供給開始      1350 石炭供給終了30t 19.03.09:カウ湾〜03.11マノクワリ 19.03.12:0812 「第四號掃海艇」を横付け、真水供給 19.03.20:0930 「第四號掃海艇」を横付け、石炭供給 19.04.03:マノクワリ〜04.04カウ 19.04.--:カウ〜04.16アンボン 19.04.16:アンボン〜04.17トゥアル04.17〜04.25アンボン 19.05.02:アンボン〜05.16スラバヤ05.16〜05.17マウメラ 19.05.17:空爆小破 19.06.06:スラバヤ〜      〜06.06 1500 低質炭のため速力が出ずスラバヤに引返す〜      〜06.06 1920 スラバヤ港外仮泊〜      〜06.07 1100 仮泊地発〜      〜06.07スラバヤ 19.06.16:スラバヤ〜06.16パナルカン06.17〜06.18スンギアン海峡06.19〜      〜06.20 1245 「第百四號駆潜特務艇」が護衛を終了しマカッサルに向う〜      〜06.21マウメラ 19.06.22:マウメラ〜06.23ラバンバジョ06.24〜06.25スンギアン海峡06.26〜06.27ゲンデング06.28〜      〜06.28スラバヤ 19.06.28:スラバヤ〜06.29マウメラ〜07.21スラバヤ 19.08.25:スラバヤ〜      〜08.25 1800 プロボリンゴ仮泊地警泊〜      〜08.26 0100 出港〜      〜08.27 1940 スラット島泊地仮泊〜      〜08.28 0738 出港〜       〜08.29 0600 ビマ湾口にて「第十一號掃海艇」、特設運送船興隆丸」と分離〜      〜08.29ビマ 19.08.30:ビマ〜09.01スラバヤ 19.09.03:スラバヤ〜09.21マカッサル〜      〜10.14 0945 セラタン岬北西にて「第十二號掃海艇」と合同、             「第十二號掃海艇」は単艦ラウト海峡南口に向う〜      〜10.16 0800 ダガタン沖にて「第十二號掃海艇」、「大丸」、陸軍徴傭船關東丸」と合同〜      〜10.16 1220 「第十二號掃海艇」を横付け、同船から石炭15t、真水4t補給〜      〜10.16 1500 補給終了〜      〜10.17 0650 仮泊地発〜      〜10.17 1350 船団前方70浬に於て敵潜出現のため反転〜      〜10.17 1930 セラタン岬北側バタガン仮泊〜      〜10.18 2100 仮泊地発〜      〜10.20スラバヤ 19.--.--:スラバヤ〜12.19昭南 19.12.28:昭南〜12.30パレンバン01.22〜01.25昭南 20.03.19:昭南〜03.25西貢03.26〜03.26聖雀04.05〜04.06西貢04.06〜04.12昭南 20.04.30:昭南〜05.04パレンバン05.06〜05.07昭南 20.08.02:ジャカルタ〜
20.08.03:沈没 20.08.03:解傭
喪失場所:S05.07-E106.05 喪失原因:英潜水艦Trump(P.333)及びTiptoe(P.332)の雷撃

同型船

 Angoulème、Troja、St.Mithel、Le Quesonoy。

兵装

 野砲、機銃3基。

写真資料

 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.235)
 小樽市博物館所蔵(131-15, 140-1)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る