第八昭和丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.04.09:起工 11.07.24:進水、命名:第八昭和丸 11.08.31:竣工、船主:共同漁業株式會社、登録長:37.0
11.--.--:(第2回南氷洋捕鯨)〜10.24フリーマントル〜03.29フリーマントル〜 12.04.24:船主:日本水産株式會社、登録長:37.9に変更 12.--.--:(第3回南氷洋捕鯨)〜10.20フリーマントル〜03.23フリーマントル〜 13.--.--:(第4回南氷洋捕鯨)〜10.29フリーマントル〜 15.05.31:傭船主:北洋捕鯨株式會社(09.19まで) 16.08.23:機密大湊要港部命令第217号:特設掃海艇として徴傭、 当分の間、大湊防備隊司令指揮下 16.08.23:機密大湊要港部命令第218号:函館に回航、艤装完了次第、大湊に帰港
16.08.25:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設掃海艇、横須賀鎮守府所管
16.09.12:掃海艇長:海軍豫備大尉 河合 彌 16.09.20:艤装工事開始 16.10.13:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第十六掃海隊 16.11.03:横須賀〜南洋方面〜 16.12.01:(現在)戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第十六掃海隊 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第二部隊第十六掃海隊(3)第二小隊(164) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン部隊 16.12.08:横須賀〜二見12.14〜01.02ポナペ 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(3)第二小隊(164) 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン海面防備部隊 17.01.05:ポナペ〜01.09クエゼリン 17.01.11:クエゼリン〜01.12ルオット01.23〜01.23クエゼリン 17.01.28:クエゼリン島ミルー水道北西方約2.5浬にて対潜戦闘:爆雷投下 17.02.--:クエゼリン 17.03.11:クエゼリン〜03.13ブラウン03.14〜03.16ルオット03.29〜03.29クエゼリン 17.04.--:ルオット付近哨戒 17.05.15:一般徴傭船「第二清壽丸」から10t補給 17.05.17:南洋部隊電令作第195号:       第十六掃海隊は準備出来次第、現地発速にサイパンに回航、第二艦隊長官の指揮を受け行動すべし 17.05.--:軍隊区分:機密攻略部隊命令第1号:護衛隊 17.05.--:ルオット〜クエゼリン 17.05.18:クエゼリン〜05.24サイパン 17.05.25:燃料補給 、糧食、軍需品搭載 17.05.26:軍隊区分:機密MI攻略部隊護衛隊命令第1号:(第一)別動隊 17.05.26:(MI攻略作戦)サイパン〜      〜05.30 1404(N18.03-E159.49)特設掃海艇第七昭和丸」汽缶漏洩の為速力がでず、之の護衛の為             特設掃海艇第五玉丸」、第三玉丸」と分離〜       〜06.03大鳥島 17.06.01:燃料補給 17.06.03:大鳥島〜      〜06.05 反転〜      〜06.08大鳥島 17.06.08:燃料補給 17.06.09:軍隊区分:第二水雷戦隊機密第444番電:第四艦隊司令長官の指揮下に復帰 17.06.09:大鳥島〜06.10大鳥島 17.06.18:大鳥島〜06.21クエゼリン 17.07.06:クエゼリン〜07.09ポナペ07.11〜07.16サイパン07.19〜07.23二見07.24〜07.27横須賀 17.08.03:横須賀〜08.03東京 17.08.03:株式會社石川島造船所にて修理 17.09.14:東京〜09.14横須賀 17.09.23:横須賀〜09.27二見09.28〜10.05サイパン10.07〜10.13クエゼリン 17.10.17:クエゼリン〜10.18ウオッチェ10.19〜10.19モギリ10.20〜10.20ワンギリック10.21〜      〜10.21エニベルトク10.22クエゼリン 17.10.23:クエゼリン〜10.24ヤルート10.25〜10.26ルオット11.11〜11.11クエゼリン 17.12.20:クエゼリン〜12.20ルオット01.02〜01.02クエゼリン 18.01.03:クエゼリン〜01.03ルオット02.04〜02.05クエゼリン 18.02.10:クエゼリン〜02.14クエゼリン 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:クエゼリン海面防備部隊 18.02.20:(「諏訪丸」護衛)ポナペ〜02.23ジャボール(ヤルート) 18.03.09:クエゼリン〜03.12ポナペ03.25〜03.28クエゼリン 18.03.31:船主:日本海洋漁業統制株式會社に変更 18.04.15:クエゼリン〜04.16クエゼリン 18.04.20:クエゼリン〜04.22クエゼリン 18.04.24:クエゼリン〜04.24ルオット05.05〜05.05クエゼリン 18.05.06:クエゼリン〜05.07ヤルート05.08〜05.09ミレ05.10〜05.11ヤルート05.13〜      〜05.15クサイ05.16〜05.18クエゼリン 18.05.19:クエゼリン〜05.19???05.27〜05.27クエゼリン 18.06.01:クエゼリン〜06.02ルオット 18.06.04:クエゼリン〜06.05ルオット 18.06.06:クエゼリン〜06.06ルオット 18.06.08:(「香取丸」護衛)ルオット〜06.09タロア06.10〜06.12タラワ06.13〜06.15ヤルート 18.06.17:ヤルート〜06.18クエゼリン 18.06.19:クエゼリン〜06.19ルオット07.03〜07.03クエゼリン 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 河合 彌 18.07.04:クエゼリン〜07.05ウオッチェ07.05〜07.06ヤルート07.07〜07.08クエゼリン 18.07.10:クエゼリン〜07.10ルオット07.18〜07.19ウオッチェ07.20〜07.21クエゼリン 18.07.22:クエゼリン〜07.22ルオット07.27〜07.27クエゼリン 18.07.29:クエゼリン〜08.01マキン08.09〜08.10ヤルート08.12〜08.13クエゼリン 18.08.25:掃海艇長:海軍大尉 久瀬川 晋二 18.08.26:クエゼリン〜08.29ミレ09.03〜09.05クエゼリン 18.09.12:クエゼリン〜 18.09.12:クエゼリン〜      〜09.13 1330 運送艦知床」遭難現場着、警戒〜      〜09.15ルオット 18.09.16:ルオット〜09.16クエゼリン 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊第十六掃海隊(6)第二小隊(164) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:クエゼリン海上防備部隊 18.10.--:クエゼリン〜10.02マロエラップ10.04〜10.05クエゼリン 18.10.09:クエゼリン〜10.11ミレ10.18〜10.20タラワ10.21〜10.25クエゼリン 19.--.--:〜02.29二見 19.03.31:特設掃海隊編制:内令第504号:第十六掃海隊の項を削る
19.03.31:内令第506号:第四十一警備隊所属 19.04.--:軍隊区分:機密カロリン方面防備部隊命令作第14号:哨戒部隊 19.04.30:東京〜04.30横須賀 19.05.06:(第3506船団護衛)横浜〜05.07館山05.08〜05.12父島 19.05.12:特設掃海艇第七昭和丸」を左舷に横付け 19.05.14:(第3506船団護衛)父島二見〜05.20サイパン 19.05.20:(第4520船団護衛)サイパン〜船団から分離〜05.25二見05.25〜船団に合流〜 19.05.26:対潜戦闘:爆雷1個威嚇投射〜05.28館山沖05.28〜05.28横須賀 19.05.29:軍隊区分:機密横鎮電令作第394号:甲直接護衛部隊 19.05.30:軍隊区分:機密横鎮電令作第399号:戌直接護衛部隊 19.06.01:軍隊区分:機密横鎮命令作第403号:第3606船団部隊戊直接護衛部隊 19.06.05:横須賀〜06.05木更津 19.06.06:(第3606船団護衛)横浜〜      〜06.07 0820 水雷艇千鳥」護衛終了、船団から分離〜      〜06.07 2230 一般徴傭船杉山丸」を護衛し船団から分離、東京湾へ避退〜 19.06.08:機密横須賀鎮守府電令作第414号:       第十八號驅潜艇及び第八昭和丸は第二十五號掃海艇と合同後、杉山丸護衛を同艇に引継ぎ       速やかに追及原隊に復帰する如く行動せよ 19.06.09:機密横須賀鎮守府電令作第420号:      1.第十八號驅潜艇及び第八昭和丸は杉山丸を分離後、八丈島神湊泊地に至り第三六〇九船団部隊に        合同、同部隊指揮官(第十七掃海隊司令)の指揮を承け父島に進出すべし      2.隠岐は八丈島着後、第三六〇九船団部隊に合同      〜06.09 1700 「第二十五號掃海艇」に合同できず護衛継続〜      〜06.09 2200 館山湾 19.06.09:機密横須賀鎮守府電令作第420号:八丈島神湊泊地にて第3609船団と合同、父島進出 19.06.10:機密横鎮電令作第423号:       小笠原部隊指揮官は第三六〇九船団父島着後、同地に於て左の要領に依り第三六〇六船団を改編       其の所定に依りサイパンに向け進撃せしむべし      1.船団部隊指揮官:古賀大佐      2.護衛艦:天草、能美、隠岐、第十六號驅潜艇第十八號驅潜艇、第八昭和丸      3.船団:美保丸甘井子丸豐川丸淡路丸   4.船団部隊指揮官は部下艦艇船舶中、作戦実施上最適当なるものに其の乗艦(船)を定むるものとす      5.船団部隊はサイパン着時を以て其の編成を解く 19.06.--:館山湾〜二見 19.06.13:小笠原部隊電令作第121号:       美保丸船団は明14日0100出撃、東京湾方面に避退待機すべし 19.06.14:小笠原部隊電令作第122号:      1.第三六〇六船団を改編        護衛隊:能美、隠岐、天草、第七昭和丸、第八昭和丸        船団:美保丸、甘井子丸、豐川丸、淡路丸        本船団を美保丸船団と呼称す      2.船団部隊指揮官を古賀大佐に指定す、乗艦は指揮官所定   3.船団部隊指揮官は出撃までの日時を利用、教育訓練を励行すべし      4.船団部隊出撃日時は特令 19.06.14:(美保丸船団護衛)二見〜
19.06.15:沈没 19.08.01:除籍:内令第925号 19.08.20:解傭
喪失場所:N30.00-E141.15 鳥島南東120km付近 喪失原因:消息不明      濃霧の中、第七昭和丸が曳光弾及び爆発音を認めていることから      潜水艦の攻撃を受けたと推定されます。

同型船

 第七昭和丸第十昭和丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.43)
 "Australian War Memorial", ID No. 304058

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る