瑞興丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.11.29:起工、発注者:大阪商船株式會社(08.12変更) 14.05.04:進水、命名:瑞興丸 14.11.30:竣工、船主:東亞海運株式會社
16.08.25:徴傭 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設砲艦、横須賀鎮守府所管
16.09.--:戦時編制:大湊警備府部隊 16.09.05:内令第1026号:機雷敷設に従事する特設砲艦に指定 16.09.05:砲艦長:海軍大佐 吉見 勇助(-16.12.22) 16.09.13:浅野船渠内で事務を開始 16.11.27:信令第14号:本日中に出動、機雷敷設訓練を実施 16.12.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第6号:千島防備部隊 16.12.01:機密大湊警備府命令作第9号:12.04大湊出港 16.12.04:大湊〜松輪 16.12.14:大湊警備府機密第307番電:特設砲艦第二號新興丸」救助任務 16.12.14:松輪碇泊中、暴風の為、両舷の錨を喪失し機械室より浸水、水深8m地点に擱座 16.12.14:千防機密第22番電:海防艦「石垣」を救難に派遣 16.12.14:夕刻までに乗員の大部は陸上に避難、保安要員13名のみ艦内残留 16.12.14:大湊警備府機密第325番電:小樽の日本サルベージ救難船「美保丸」派遣手配済み 16.12.22:保安要員引揚中カッター転覆事故、死者13名 16.12.29:砲機重要部分品の取外し完了、弾薬108発と共に特設運送船會幸丸」に揚収 16.12.29:大湊警備府機密第387番電:救難船は航行困難なため技師を「會幸丸」に便乗させ調査、      荒天の寒気のため救難作業の見込みなく春までは作業を断念 16.12.30:帰投のため乗員は「會幸丸」に乗船 16.12.30:大湊警備府機密第395番電:「石垣」の「瑞興丸」救難任務解除 17.01.10:戦時編制:予備艦船 17.01.17:大湊防備隊内において事務を開始 17.03.28:残務整理員事務所を撤去 18.03.01:官房艦機密第960号:大湊海軍軍需部に保管中の兵器を同軍需部に還納
18.07.01:廃棄 18.07.01:除籍:内令第1321号 18.07.01:解傭
喪失場所:N48.05-E153.43 松輪島天蓋山の72度1.4km付近 喪失原因:座礁

同型船

 盛京丸安州丸、定州丸、洛東丸大同丸新京丸龍興丸慶興丸咸興丸新興丸山鳩丸日海丸

兵装

 砲3門、機銃2基。

写真資料

 大工船軍極秘17第8号の4

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る