洛東丸の船歴

 年 月 日:船歴

10.04.13:起工 10.07.20:進水、命名:洛東丸 10.09.15:竣工、船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、登録純噸数:1,723
10.10.02:神戸〜(出帆表) 10.10.16:神戸〜(出帆表) 10.11.03:神戸〜(出帆表) 10.11.22:神戸〜清津〜羅津〜雄基 10.12.06:神戸〜(出帆表) 10.12.20:神戸〜(出帆表) 12.07.21:神戸〜08.25呉淞 12.--.--:登録純噸数:1,725に変更
12.--.--:徴傭:陸軍船番号134 13.04.13:神戸〜 14.--.--:解傭
14.09.01:船主:東亞海運株式會社、船籍港:東京に変更 16.--.--:登録純噸数:1,704に変更
16.11.10:徴傭 16.11.14:船長:海軍嘱託 飯塚 袈裟藏(部内限り奏任官待遇) 16.11.19:株式會社大阪鉄工所因島工場にて艤装工事開始 16.11.20:入籍:内令第1495号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.12.01:艤装工事完了 16.--.--:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属、特設運送船(乙) 16.12.01:因島〜12.02大阪12.05〜12.06呉12.20〜12.28パラオ 17.01.01:パラオ〜01.04ダリアオ 17.01.07:軍隊区分:機密蘭印部隊第一護衛隊命令作第1号(01.04附):陸戦隊      輸送船隊区分:第二分隊(7) 17.01.07:ダリアオ〜      〜01.07 1130 巡洋艦「那珂」が合同〜      〜01.07 1830 A点にて第三警戒航行隊形に占位〜       〜01.10 0000 第十一掃海隊、第三十掃海隊、第三十一驅潜隊が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 0700 驅逐艦「朝雲」、同「夏雲」、同「峯雲」が解列、タラカン泊地に先行〜      〜01.10 1830 泊地進入〜      〜01.10 1900 タラカン(第一泊地) 17.01.10:設営班、防衛班揚陸 17.01.10:2215 第二泊地に投錨 17.01.27:タラカン〜01.29バリックパパン 17.02.05:バリックパパン〜02.08ホロ02.11〜02.14バリックパパン02.20〜マカッサル 17.02.23:マカッサル〜02.25バリ 17.03.01:(現在)軍隊区分:南方部隊航空部隊補給部隊 17.03.05:軍隊区分:南方部隊航空部隊輸送部隊 17.03.16:バリ〜03.19クーパン 17.03.27:空爆により軽微な損傷 17.03.31:クーパン〜04.02アンボン 17.04.01:軍隊区分:南方部隊航空部隊輸送部隊 17.04.07:アンボン〜04.16高雄
17.04.10:戦時編制:呉鎮守府配属 17.04.10:軍隊区分:基地航空部隊(南方部隊)より除く 17.04.10:内令第660号:呉鎮守府所管に変更 17.04.19:高雄〜04.25大阪04.27〜05.02青島05.03〜05.09伏木05.11〜      〜05.16青島05.17〜05.20門司05.22〜05.23呉 17.05.23:船内各部修理工事施行 17.06.14:呉〜06.19基隆06.20〜06.24マニラ06.26〜06.30ダバオ07.04〜      〜07.06ザンボアンガ07.06〜07.06イサベラ07.10〜07.10ザンボアンガ17.11〜      〜07.17基隆07.20〜07.21馬公07.23〜07.28大阪07.30〜07.31呉 17.08.14:呉〜08.15徳山08.16〜08.17呉 17.08.19:呉〜08.20関門08.21〜08.26基隆08.28〜08.29馬公08.31〜      〜09.05マニラ09.09〜09.12ダバオ09.19〜      〜09.23マニラ10.02〜10.05高雄10.06〜10.06馬公10.08〜10.15呉 17.10.21:呉〜10.22大阪10.26〜10.27呉 17.11.11:呉〜11.13佐世保11.16〜11.18関門11.19〜11.23基隆11.25〜      〜11.26馬公11.27〜12.01マニラ 17.12.--:軍需品1,793m3揚陸 17.12.04:マニラ〜12.07ザンボアンガ 17.12.--:塩3,300t搭載 17.12.11:ザンボアンガ〜12.15マニラ 17.12.--:塩150t、軍需品120t、遺骨5柱揚陸 17.12.19:マニラ〜12.22高雄 17.12.--:炭水補給 17.12.23:高雄〜12.23馬公 17.12.--:船団加入 17.12.24:馬公〜12.29門司 17.12.--:塩3,150t、トラクター2台揚陸 18.01.03:門司〜01.04呉 18.01.--:砲弾外186t揚陸、鋼材木材外1,676t搭載 18.01.--:パイプ修理施行 18.01.14:呉〜01.15門司 18.01.--:ビール350m3搭載、補炭375t 18.01.16:門司〜01.22香港 18.01.--:鋼材木材外2,026t揚陸 18.01.25:香港〜01.27海防 18.01.--:亜鉛鉱石、書籍その他2,117t搭載、便乗者1名乗船 18.02.01:海防〜02.04香港 18.02.--:綿布その他1,350m3搭載、便乗者30名乗船 18.02.07:香港〜02.15大阪 18.02.--:亜鉛鉱石その他2,503t揚陸、便乗者31名退船 18.02.21:大阪〜02.22呉 18.02.--:ドラム空缶37t揚陸、乗用自動車2台搭載 18.02.24:呉〜02.25門司 18.02.--:セメントその他3,620t搭載 18.02.28:門司〜03.05基隆03.08〜03.09高雄 18.03.--:貯蔵品3,020m3、酒保物品外92t搭載、便乗者3名乗船 18.03.15:高雄〜03.22パラオ 18.03.--:米85t揚陸 18.03.--:艀舟1隻、雑貨19m3搭載、便乗者3名乗船 18.03.24:パラオ〜04.02ラバウル 18.04.--:糧食71t、郵便物71個揚陸 18.04.--:巡洋艦「青葉」救助作業物件55t搭載、便乗者62名乗船 18.04.13:ラバウル〜04.14カビエン 18.04.--:糧食1.284t揚陸、軍需品308t搭載 18.04.26:カビエン〜05.05パラオ 18.05.--:燃料補給 18.05.10:パラオ〜05.10カラスマオ 18.05.--:ボーキサイト2,000t搭載 18.05.13:カラスマオ〜05.13パラオ 18.05.--:軍需品23t搭載、便乗者53名乗船、P516船団加入 18.05.16:パラオ〜05.26新居浜 18.05.--:ボーキサイト2,000t揚陸、便乗者73名退船 18.05.29:新居浜〜05.30呉 18.--.--:自動車類328t揚陸 18.06.04:呉〜06.05小松島06.05〜06.06因島 18.06.--:入渠、定期検査 18.06.12:因島〜06.13呉 18.06.--:鉄屑揚陸、一般修理 18.07.--:爆弾、雑貨、郵便物搭載、便乗者103名乗船 18.07.19:呉〜07.20若松 18.07.--:船用燃料炭搭載 18.07.22:若松〜07.22関門 18.07.23:関門〜 18.07.26:南箕山列島の南南東約10浬で雷撃を受けるが回避〜07.28高雄 18.07.--:燃料炭、清水、雑貨搭載、便乗者22名乗船 18.08.02:高雄〜08.05マニラ 18.08.--:航空兵器外100m3揚陸、便乗者2名乗船 18.08.08:マニラ〜08.10セブ08.11〜08.16バリックパパン 18.08.--:鉄管500t、糧食190m3外揚陸、便乗者2名退船、郵便物搭載 18.08.18:対空戦闘: 18.08.28:バリックパパン〜08.30マカッサル 18.08.--:雑貨揚陸、郵便物搭載、清水搭載 18.09.02:マカッサル〜09.08アンボン 18.09.--:爆弾、航空兵器630m3、糧食外250m3、大発2隻揚陸 18.09.--:便乗者103名退船、郵便物揚陸 18.09.08:対空戦闘: 18.09.11:対空戦闘: 18.09.13:対空戦闘: 18.09.--:便乗者34名乗船 18.09.14:アンボン〜09.17ケンダリー 18.09.--:爆弾、航空兵器300m3、兵器50m3外揚陸 18.09.18:ケンダリー〜09.23マカッサル09.29〜10.01スラバヤ 18.10.--:積貨物全部揚陸、便乗者全員退船 18.10.--:兵器、被服外878m3搭載、便乗者235名乗船 18.10.11:スラバヤ〜10.14マカッサル 18.10.--:麻索外雑品揚陸、ニッケル鉱2,000t搭載 18.10.18:マカッサル〜10.19ポマラ 18.10.19:ニッケル鉱、軽油、雑品揚陸、便乗者242名退船 18.10.19:「長良丸」の離州作業に協力 18.10.21:錨地転錨中触雷、中央左舷側にて爆発、機関室浸水〜応急修理〜港内桟橋 18.10.22:対空戦闘:至近弾を受ける 18.10.26:対空戦闘: 18.11.01:対空戦闘: 18.11.03:(「大龍丸」が曳航)ポマラ〜11.05マカッサル11.08〜11.12スラバヤ 18.11.--:入渠、修理 19.01.08:修理完了 19.01.09:スラバヤ〜01.14昭南 19.01.--:兵器整備、軍需品揚陸、燃料炭、清水搭載 19.01.18:昭南〜01.18ビンタン 19.01.--:鉱石搭載 19.01.19:ビンタン〜01.19昭南 19.01.--:石炭搭載 19.01.23:昭南〜01.26聖雀01.29〜01.29西貢 19.01.--:燃料炭、清水搭載 19.02.01:西貢〜02.01聖雀02.01〜02.04楡林02.06〜02.11高雄02.16〜02.25呉 19.02.--:軍需品揚陸 19.02.27:呉〜新居浜〜大阪〜徳山〜吉浦〜03.17呉 19.03.17:船体修理 19.03.27:修理完了  19.03.28:呉〜若松〜吉浦〜広畑〜大阪 19.04.10:木津川船渠にて修理完成 19.04.--:大阪〜門司〜神戸〜04.26和歌山 19.04.30:和歌山〜阿賀〜吉浦〜徳山〜大阪〜呉〜小松島〜05.28江田島 19.05.31:江田島〜八幡〜徳山〜鎮南浦〜06.19吉浦06.28〜06.28因島 19.06.28:船体機関修理 19.07.19:船体機関修理完了 19.07.20:因島〜呉〜関門〜08.11高雄 19.08.22:(タマ24船団)高雄〜08.28マニラ      (第九十九防空隊、軍需品2,000m3及び雑貨6,000m3輸送) 19.09.06:(C067船団)マニラ〜09.08セブ 19.09.09:セブ〜09.10カラグナーン島09.11〜セブ向け航行
19.09.12:沈没 19.11.10:除籍:内令第1258号 19.11.10:解傭
喪失場所:N11.19-E124.02 マクタン島パンギアン岬南岸付近 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 大同丸盛京丸安州丸、定州丸、新京丸龍興丸慶興丸咸興丸新興丸瑞興丸山鳩丸日海丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.65)
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.86)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和10年9月号、昭和10年11月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1998年6月号「回想の日本客船その13」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.159)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1992年12月号「日本商船隊の懐古 No.161」山田早苗
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.146)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第六巻(P.123)
 「浦賀船渠六十年史」 S32.06 浦賀船渠株式会社
 「浦賀・追浜百年の航跡」 H09.06 住友機械工業株式会社横須賀造船所(P.37)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.98)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.114)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る