照風丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.02.26:起工 11.06.06:進水、命名:照風丸 11.08.20:竣工、登録総噸数:257、登録純噸数:101
11.--.--:船長:近藤 道之助 11.10.18:西水羅港を根拠とし沿海州方面出漁船舶の監視及び保護 13.--.--:〜02.20芝罘02.20〜 15.--.--:登録総噸数:259、登録純噸数:102に変更
16.12.10:民防空(監視通信のみ)実施され度 16.12.18:鎮警機密第233番電:       民防空監視船八隻至急鎭海に廻航せしめられ度 16.12.19:軍隊区分:機密鎭海警備府命令作第22号:直率部隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎭海警備府命令作第28号:直率部隊 17.01.03:1300 第一直、第二直と交代 17.01.09:1430 第二直交代 17.01.26:---- 第一直、第二直と交代 17.08.10:朝鮮重工業株式會社にて入渠 17.08.16:出渠
18.10.30:借用 18.12.01:入籍:内令第2565号:特設驅潜艇、舞鶴鎮守府所管
18.12.01:内令第2579号:第三南遣艦隊所属 19.02.22:(タマ05船団護衛)高雄〜02.26マニラ 19.06.--:〜06.27マニラ      〜対潜掃蕩〜08.09ザンボアンガ 19.08.11:菲島部隊電令第479号:      1.第百三號哨戒艇及び照風丸は知床艦長の指揮を承けセブ、ボンガオ間、        同艦の護衛に任ず      2.ボンガオ着後、洲埼艦長の指揮を受け同艦マニラに回航中、之が護衛に任ずべし      3.略 19.08.11:ザンボアンガ〜08.12セブ 19.08.17:(「知床」護衛)セブ〜08.18ホロ08.19〜08.19ボンガオ 19.08.21:(「洲埼」護衛)ボンガオ〜08.21ホロ08.22〜08.22ザンボアンガ 19.08.24:(「洲埼」護衛)ザンボアンガ〜運送艦洲埼」が機関故障〜08.24ザンボアンガ 19.08.25:(「洲埼」護衛)ザンボアンガ〜08.26セブ08.28〜08.28カブガオ08.29〜      〜08.29ブシン08.30〜08.30サンタクルーズ08.31〜08.31ポートガレラ09.01〜      〜09.01マニラ 19.09.04:菲島部隊電令第493号:      1.C〇六八船団は09月06日0600マニラ発セブに回航すべし      2.船団:A慶安丸、三笠丸、玄海丸、圖洋丸、第十七福榮丸、蟠龍           B洛東丸あやぞの丸        船団部隊指揮官:最上丸艇長        護衛艦:最上丸第百三號哨戒艇、照風丸、(協力)      3.隼はモンポグ水道付近まで右船団を護衛後マニラに帰投すべし      4.第百三號哨戒艇、照風丸はセブ着後マニラに帰投すべし      5.最上丸はセブ着後第三南遣艦隊機密命令第71号に依る作業に協力、作業終了次第        マニラに帰投すべし      6.以下略   (* 実際には第十七福榮丸、蟠龍は随行せず別の1隻が加入しC〇六七船団として出港) 19.09.06:(C067船団護衛)マニラ〜09.08セブ 19.09.09:(M103船団)セブ〜09.10マスバテ島西岸ルック湾 19.09.10:(現在)軍隊区分:護衛部隊 19.09.10:(現在)驅潜艇長:海軍大尉 上野 金蔵 19.09.12:(M103船団護衛)ルック湾〜09.13サンタクルス東口 19.09.14:陸軍徴傭船三笠丸」に横付け、清水16t補給 19.09.14:(「豊姫丸」護衛)サンタクルス〜09.15バタンガス09.15〜09.15ポートガレラ09.16〜      〜09.16マニラ 19.09.20:(C203船団護衛)マニラ〜09.21ルック湾09.24〜 19.09.24:対空戦闘〜艇長重傷〜送受信機使用不能〜遭難者救助〜 19.09.25:機関応急修理〜09.27マニラ 19.09.28:清水20t補給 19.10.01:驅潜艇長:海軍大尉 藤井 一郎 19.10.25:菲島部隊信電令作第59号:       第百三號哨戒艇、照風丸はコロン湾に急行し所在首席指揮官の指揮を受け       コロン湾対潜哨戒に従事すべし       長期行動を準備し出港され度し       コロン湾の伊良湖監視員糧食欠乏しあるに付取り計らはれ度し 19.10.25:マニラ〜      〜10.27 1230 バンダロチヤン南にて空爆により被弾、羅針儀、無線機破損〜      〜シコゴン 19.10.28:菲島部隊電令作第346号:      1.菲島部隊電令作第345号取止む      2.照風丸、第百三號哨戒艇はコロン湾に回航、同地の警戒に任ずべし 19.10.28:菲島部隊電令作第350号:      1.第百三號哨戒艇はN12.53-E121.35にて座礁せる第十五號驅潜特務艇を救難せよ      2.照風丸は何分の令ある迄コロン湾の警戒に任ぜよ 19.10.28:シコゴン〜10.29プヤラオ10.29〜マニラ
19.11.04:沈没 20.01.10:除籍:内令第35号 20.01.10:返却
喪失場所:N11.58-E120.04 コロン湾タンガット島北東 喪失原因:空爆

同型船

 なし

兵装

 十三粍単装機銃、七粍七機銃、九一式小銃、十四年式拳銃、
 九五式爆雷改二、爆雷投下台

写真資料

 「漁船」第二號 S12.02 漁船協会
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft" (P.136) 

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る