第十八號掃海特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.02.15:起工、仮称艦名:第491號艦 18.04.05:命名:達第71号:第十八號掃海特務艇 18.04.05:類別等級制定:内令第665号:種別:特務艇、類別:掃海特務艇、艇型:第三號型 18.04.05:本籍仮定:内令第163号:大湊警備府 18.05.16:進水 18.07.31:本籍:内令第1557号:大湊警備府、大湊防備隊所属 18.07.31:竣工
18.07.31:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 18.07.31:特務艇長:海軍中尉 加藤 光男 18.08.10:横浜〜石巻 18.08.13:石巻〜08.13大湊 18.08.20:津防機密第202103番電:小島奥尻間を索敵せよ 18.08.21:大湊〜対潜掃蕩〜 18.08.23:津防機密第230700番電:掃蕩を止め魚雷処分に従事せよ      〜魚雷処分      〜08.25小樽 18.08.25:津防機密第252016番電:至急出動小樽隊指揮官の指揮を受け敵潜掃蕩 18.08.26:小樽〜北海道西海岸にて哨戒〜08.27小樽 18.08.27:津防機密第270830番電:西掃蕩隊に編入 18.08.27:軍隊区分:津防機密第272001番電:西掃蕩隊の編制を解き小樽隊 18.08.29:小樽隊機密第292254番電:08.30朝発特令ある迄積丹岬神威岬周辺哨区 18.08.30:小樽〜北海道西海岸にて哨戒〜08.30小樽 18.08.31:小樽〜北海道西海岸にて哨戒〜08.31小樽 18.09.01:内令第1833号:大湊防備隊所属 18.09.03:小樽〜護衛〜09.04大湊 18.09.06:軍隊区分:津防機密第060817番電:尻矢隊 18.09.10:大湊〜09.10函館 18.09.11:函館〜C哨区船団護衛〜09.13八戸 18.09.16:八戸〜C哨区船団護衛〜09.17八戸 18.09.18:八戸〜C哨区対潜掃蕩〜09.19函館 18.09.20:函館〜C哨区哨戒〜09.21八戸 18.09.22:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第57号:宗谷防備部隊 18.09.23:八戸〜09.24函館 18.09.25:(「崙山丸」護衛)函館〜09.29大泊 18.10.16:軍隊区分:警備部隊機密第160917番電:大泊隊 18.10.26:石浜(西能登呂岬ノ20度2浬)〜      〜10.26 左錨中環部より切断喪失〜 18.11.--:特務艇長:海軍中尉 鈴木 安太郎 18.12.01:出港〜哨戒〜12.01稚内 18.12.06:稚内〜哨戒〜12.06稚内 18.12.13:稚内〜哨戒〜12.13稚内 18.12.14:稚内〜哨戒〜12.14稚内 18.12.16:稚内〜哨戒〜12.16稚内 18.12.20:稚内〜哨戒〜12.20稚内 18.12.21:稚内〜哨戒〜12.22稚内 18.12.23:稚内〜哨戒〜12.23稚内 18.12.24:大警電令作第140号:大湊に回航、津軽防備部隊指揮官の作戦指揮下 18.12.27:稚内〜哨戒〜12.27稚内 18.12.28:稚内〜哨戒〜12.29小樽 18.12.30:小樽〜哨戒〜12.31大湊 19.01.--:特務艇長:海軍中尉 加藤 光男 19.01.09:大湊〜速力試験〜01.09大湊 19.01.18:大湊〜掃海訓練〜01.18大湊 19.01.20:大湊〜掃海訓練〜01.20大湊 19.01.23:軍隊区分:津防機密第230843番電:小樽隊 19.01.24:大湊〜哨戒〜01.27小樽 19.02.03:小樽〜哨戒〜02.03小樽 19.02.05:小樽〜哨戒〜02.05小樽 19.02.10:小樽〜哨戒〜02.10小樽 19.02.18:小樽〜哨戒〜02.18小樽 19.02.22:小樽〜船団護衛〜02.22小樽 19.02.24:小樽〜船団護衛〜02.24小樽 19.02.29:小樽〜船団護衛〜02.29小樽 19.03.06:小樽〜哨戒〜03.06小樽
19.03.10:内令第423号:宗谷防備隊所属 19.03.10:戦時編制:大湊警備府部隊宗谷防備隊 19.03.10:特務艇長:海軍中尉 加藤 光男 19.03.11:大警電令作第155号:当分の間、津軽防備部隊指揮官の作戦指揮下 19.03.11:小樽〜哨戒〜03.11小樽 19.03.15:小樽〜哨戒〜03.16小樽 19.03.17:軍隊区分:津防機密第326番電:一時、厚岸隊 19.03.19:小樽〜哨戒〜03.20函館 19.03.21:函館〜J、F哨区哨戒〜03.22釧路 19.03.25:釧路〜J、F哨区船団護衛〜03.25釧路 19.03.27:釧路〜J、F哨区船団護衛〜03.27釧路 19.04.01:釧路〜哨戒〜04.01釧路 19.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第79号:宗谷防備部隊 19.04.05:釧路〜船団護衛、哨戒〜04.06大湊 19.04.18:大湊〜訓練〜04.18大湊 19.04.20:大湊〜訓練〜04.20大湊   19.04.22:大湊〜訓練〜04.22大湊 19.04.23:大湊〜対潜掃蕩及び哨戒〜04.26大湊 19.04.25:軍隊区分:大警電令作第175号:津軽防備部隊指揮官の作戦指揮を解く 19.04.29:大湊〜04.30小樽05.01〜05.02稚内 19.05.05:稚内〜      〜05.06 1330 碎氷艦大泊」と共に機雷捜索開始〜      〜05.06 1530 碎氷艦「大泊」と分離、稚内に向う〜      〜05.06稚内 19.05.09:稚内〜礼文〜海馬〜西能登呂〜05.12稚内 19.05.18:稚内〜対潜対空哨戒〜05.19稚内 19.05.21:稚内〜対潜警戒〜05.22稚内 19.05.25:稚内〜05.27大湊 19.06.01:仮称軽便探信儀三型、簡易式水中聴音機一型新設工事(06.07まで) 19.06.06:九三式十三粍単装機銃1基新設工事(06.07まで) 19.06.09:大湊〜探信儀試験〜06.09大湊 19.06.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第83号:宗谷防備部隊 19.06.10:大湊〜探信儀試験〜06.10大湊 19.06.11:大湊〜探信儀試験〜06.11大湊 19.06.12:高角砲俯仰装置修理(06.14まで) 19.06.12:大湊〜探信儀試験〜06.12大湊 19.06.13:大湊〜探信儀試験〜06.13大湊 19.06.13:探信儀成績不良に付、他品と交換 19.06.14:大湊〜探信儀試験〜06.14大湊 19.06.15:大湊〜06.16小樽06.16〜      〜06.17 0300 焼尻島タツミ埼灯台26度220mにて座礁、聴音機の外被脱落〜      〜06.17 0848 曳船4隻にて曳航するが離礁せず〜      〜06.17 1430 荷物全部陸揚げ、満潮時を利用し曳船4隻にて曳航するが離礁せず〜      〜06.18 0430 離礁〜      〜06.18 0740 船体機関異常なく陸揚物件を揚収の上稚内に向う〜      〜06.18稚内 19.06.19:稚内〜対潜掃蕩〜06.19稚内 19.06.19:稚内〜対潜対空警戒〜06.21稚内 19.06.23:稚内〜対潜対空哨戒〜06.24稚内 19.06.26:稚内〜対潜対空哨戒〜06.27稚内 19.06.28:稚内〜教練射撃〜06.28稚内 19.06.29:稚内〜教練射撃〜06.29稚内 19.07.01:稚内〜対潜対空哨戒〜07.02稚内 19.07.02:稚内〜対潜対空哨戒〜07.02稚内 19.07.05:稚内〜対潜対空哨戒〜07.06稚内 19.07.06:稚内〜対潜対空哨戒〜07.06稚内 19.07.07:稚内〜対潜対空哨戒〜07.08稚内 19.07.09:稚内〜対潜対空哨戒〜07.10稚内 19.07.13:稚内〜対潜対空哨戒〜07.14稚内 19.07.15:稚内〜対潜対空哨戒〜07.16稚内 19.07.16:稚内〜機雷処分:十三粍機銃15発、七粍七機銃20発発射〜07.16稚内 19.07.19:稚内〜対潜対空哨戒〜07.20稚内 19.07.22:稚内〜対潜対空哨戒〜07.23稚内 19.07.25:稚内〜対潜対空哨戒〜07.26稚内 19.07.27:稚内〜対潜対空哨戒〜07.28稚内 19.07.29:稚内〜対潜対空哨戒〜07.30稚内 19.08.02:稚内〜哨区哨戒〜08.03稚内 19.08.06:(「公稱第三八二七號重油船」護衛)稚内〜08.07茂呂沖 19.08.08:茂呂沖〜(「柏榮丸」救難中)対潜対空警戒〜08.08茂呂沖 19.08.09:茂呂沖〜(「柏榮丸「救難中)対潜対空警戒〜08.09茂呂沖 19.08.10:茂呂沖〜(「柏榮丸」救難中)対潜対空警戒〜08.10茂呂沖 19.08.10:(「公稱第三八二七號重油船」護衛)茂呂沖〜08.12稚内 19.08.14:稚内〜対潜対空警戒〜08.15稚内 19.08.19:稚内〜対潜対空警戒〜08.20稚内 19.08.23:稚内〜対潜対空警戒〜08.24稚内 19.09.01:稚内〜救難作業〜09.01江差 19.09.03:江差〜対潜対空警戒〜09.03稚内 19.09.07:稚内〜      〜0700 救難現場着〜      〜0730 枝幸沖3浬にて浮流機雷発見、銃撃処分〜      〜0800 現場発〜      〜09.07稚内 19.09.11:稚内〜救難作業〜09.12稚内 19.09.12:稚内〜船団護衛〜09.13稚内 19.09.15:稚内〜09.15枝幸 19.09.15:一般徴傭船「第一西海丸」救難作業 19.09.17:枝幸〜09.17稚内 19.09.21:宗防部隊信令第3号:第一西海丸救難作業の任務解除 19.09.22:稚内〜哨区哨戒〜09.23稚内 19.09.26:宗防部隊電令第89号:宗谷防備衛所の聴音せる敵潜掃蕩 19.09.26:稚内〜哨区哨戒〜09.27稚内 19.09.28:稚内〜哨区哨戒〜      〜09.2809.29稚内 19.09.30:稚内〜大発救難作業〜09.30稚内 19.10.02:稚内〜哨区哨戒〜10.03稚内 19.10.06:稚内〜「大鳥丸」救難作業〜10.06稚内 19.10.15:稚内〜哨区哨戒〜10.16稚内 19.10.20:稚内〜哨区哨戒〜10.21稚内 19.10.25:稚内〜哨区哨戒〜10.26稚内 19.10.28:稚内〜教練射撃:十三粍機銃5発発射〜10.28稚内 19.10.30:稚内〜哨区哨戒〜10.31稚内 19.11.01:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第91号:宗谷防備部隊 19.11.05:稚内〜哨戒〜11.07稚内 19.11.13:稚内〜哨戒〜11.14稚内 19.11.16:稚内〜哨戒〜11.17稚内 19.11.19:稚内〜哨戒〜11.20稚内 19.11.23:稚内〜哨戒〜11.24稚内 19.11.29:稚内〜哨戒〜12.02稚内 19.12.06:稚内〜12.07小樽 19.12.29:小樽〜12.30大湊 20.01.05:稚内〜01.06留萌01.08〜01.08小樽 20.01.15:小樽〜訓練〜01.15小樽 20.01.19:小樽〜訓練〜01.19小樽 20.01.28:小樽〜掃海訓練〜01.28小樽 20.02.01:函館〜02.02小樽 20.02.08:小樽〜出動訓練〜02.08小樽 20.02.12:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第94号:宗谷防備部隊 20.02.24:小樽〜出動訓練〜02.24小樽 20.02.26:小樽〜出動訓練〜02.26小樽 20.02.28:(現在)特務艇長:海軍少尉 太田 定雄 20.03.03:小樽〜訓練〜03.03小樽 20.03.10:小樽〜訓練〜03.10小樽 20.03.17:小樽〜訓練〜03.17小樽 20.03.26:小樽〜訓練〜03.26小樽 20.03.30:小樽〜訓練〜03.30小樽 20.04.06:小樽〜04.07稚内
20.04.10:戦時編制:大湊警備府部隊第百四戦隊宗谷防備隊 20.04.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第95号(04.06附):宗谷防備部隊 20.04.10:軍隊区分:宗谷防備部隊電令作第1号:海面防備隊 20.04.10:稚内〜哨区哨戒〜04.11稚内 20.04.13:稚内〜対潜哨戒〜04.13稚内 20.04.16:稚内〜哨区哨戒〜04.17稚内 20.04.19:稚内〜哨区哨戒〜04.20稚内 20.05.01:稚内〜哨戒〜05.02稚内 20.05.04:稚内〜哨戒〜05.06稚内 20.05.10:稚内〜哨戒〜05.11稚内 20.05.14:稚内〜哨戒〜05.15稚内 20.05.17:稚内〜哨戒〜05.18稚内 20.05.20:稚内〜哨戒〜05.20稚内 20.05.23:稚内〜哨戒〜05.24稚内 20.05.27:稚内〜哨戒〜05.28稚内 20.05.30:稚内〜哨戒〜05.31稚内 20.04.27:稚内〜哨区哨戒〜04.28稚内 20.07.01:稚内〜哨区哨戒〜07.02稚内 20.07.04:稚内〜哨区哨戒〜07.05稚内 20.07.07:稚内〜哨区哨戒〜07.08稚内 20.07.10:稚内〜哨区哨戒〜07.11稚内 20.07.13:稚内〜哨区哨戒〜07.14稚内 20.07.16:稚内〜哨区哨戒〜07.17稚内 20.07.19:稚内〜哨区哨戒〜07.20稚内 20.07.23:稚内〜哨区哨戒〜07.24稚内 20.07.25:稚内〜哨区哨戒〜07.26稚内 20.07.27:稚内〜哨区哨戒〜07.28稚内 20.07.29:稚内〜哨区哨戒〜07.30稚内 20.07.30:稚内〜聴音哨戒〜07.31稚内
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、大湊地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大湊地方復員局掃海部大湊支部所属 20.12.20:内令第12号:「掃特第十八號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:大湊掃海部所属
21.09.01:復二第210号:特別輸送艦、大湊地方復員局所管 21.09.05:復二第230号:特別保管艦に指定(09.01付)、大湊地方復員局所管 21.11.10:艦長:復員事務官 中村 俊彦(兼務) 22.01.08:中村復員官補掃特第二十一號艦長
22.10.01:除籍:復二第712号

同型艇

 第一號第二號第三號第四號第五號第六號第七號第八號第九號第十號第十一號第十二號第十三號第十四號第十五號第十六號第十七號第十九號第二十號第二十一號第二十二號

兵装

 五年式短八糎高角砲1門、九二式七粍七単装機銃1基、爆雷12個、
 対艦式掃海具2組、吊下式水中聴音機1基。

(19.06.07)
 五年式短八糎高角砲1門、九三式十三粍単装機銃1基、九二式七粍七単装機銃1基、爆雷、
 対艦式掃海具2組、仮称軽便探信儀三型1基、簡易式水中聴音機一型1基。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.50「掃海艇・輸送艦」(P.39)
 「海軍 第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集員会(P.158)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2828)

前の艇へ ← 掃海特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る