昌仁丸の船歴

 年 月 日:船歴

T07.01.14:起工 T07.04.16:進水、命名:廣永丸 T07.06.03:竣工、船主:廣海商事株式會社、船籍港:兵庫縣西宮
04.11.15:船主:石原産業合資會社、船籍港:京都府府中に変更 04.12.01:改名:昌仁丸 05.--.--:船主:石原合名會社に変更 09.05.04:船主:石原産業海運株式會社に変更
16.09.28:徴傭:陸軍 16.09.28:南京〜11.21西貢 16.11.22:西貢〜12.07宇品 16.12.07:宇品〜12.08釜山 16.12.11:釜山〜基隆〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第二輸送船隊第四分隊(船番号:14) 16.12.31:(第二輸送船隊第四分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.08:シンゴラ〜01.13聖雀 17.01.21:聖雀〜01.27高雄04.24〜04.27門司 17.04.27:解傭
18.2Q :船主:日本海運株式會社に変更 18.3Q :船主:日本石原汽船株式會社、船籍港:東京に変更
18.06.16:第1次海軍指定船 18.06.16:三池〜楡林向け航行
18.06.20:沈没 18.06.20:指定解除
喪失場所:N24.37-E119.00 福建省泉川南東55km附近 喪失原因:米潜水艦Seawolf(SS-197)の雷撃

同型船

 ~護丸~盛丸、第二吉田丸、~鈴丸、第三吉田丸、廣jロ、第六霧島丸、鶴島丸第三吉田丸(ii)玉津丸~邦丸盛岡丸ず丸愛媛丸比叡山丸、EASTERN BREEZE、
 EASTERN GALE、EASTERN TEMPEST。

兵装

 八糎砲、機銃1基、爆雷4個。

写真資料

 小樽市博物館所蔵(82-11, 97-7)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る