水天丸の船歴

 年 月 日:船歴

M--.--.--:起工 M45.02.14:進水、命名:Schouten M45.04.06:竣工、船主:Koninklijke Paketvaart Maatschappij、船籍港:Batavia      登録総噸数:1,784、登録純噸数:966、信号符字:THKC
T13.--.--:登録総噸数:1,805、登録純噸数:986、信号符字:TGDKに変更 S08.--.--:信号符字:PKRMに変更
16.12.07:徴傭:蘭印海軍防空船(Luchtbeschermingsschepen)
17.02.28:沈没
喪失場所:マドゥラ海峡 喪失原因:自沈
17.--.--:引揚
17.--.--:「水天丸」と改名、信号符字:JWGYに変更
17.11.15:入籍:内令第2116号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
17.--.--:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.12.28:(東行第58船団)〜横須賀 18.01.16:第333号:整備訓令 18.02.26:整備工事完了 18.02.27:横浜〜03.03博多03.06〜03.10三池03.12〜03.14津久見03.16〜03.22大阪 18.03.27:大阪〜03.28四日市03.31〜04.03伊万里 18.04.10:(佐第3船団)伊万里湾〜      〜04.12 1200 解列〜      〜04.15高雄 18.04.22:高雄〜05.26セブ 18.06.03:セブ〜06.04木炭島 18.06.05:菲島部隊電令第150号:三樂丸(タラカン行)復航同地よりセブに回航      笠置山丸(バリクパパン行)及び水天丸(バリクパパン経由スラバヤ行)護衛に関し      左の通り定む      1.第十八長運丸は三樂丸(06日マニラ発予定)をマニラよりザンボアンガ迄護衛      2.笠置山丸及水天丸は情況によりザンボアンガにて待機      3.ザンボアンガ以後の護衛に関しては菲南部隊指揮官所定         但し三樂丸に対しては往復共護衛船を附すものとす 18.06.07:菲島部隊機密第071452番電:菲島部隊電令第150号中三樂丸に関する事項を削除す 18.06.06:木曜島〜06.07ザンボアンガ06.07〜06.10バリックパパン06.14〜06.17スラバヤ 18.06.25:スラバヤ〜07.01アンボン07.04〜07.07ニューギニアカイマナ07.09〜      〜07.12アンボン07.14〜07.19バリックパパン07.20〜07.21サンガサンガ07.22〜      〜07.22ロアクール07.23〜07.23サマリンダ07.29〜07.30バリックパパン07.30〜      〜08.05ジャカルタ08.25〜08.27スラバヤy08.31〜09.04クーパン09.07〜      〜09.10マカッサル09.10〜09.12バリックパパン09.16〜09.18マカッサル09.19〜      〜09.20チョロ湾09.21〜09.21ケンダリー10.01〜10.03マカッサル10.05〜      〜10.07バリックパパン10.16〜10.19マカッサル10.26〜10.27シサ10.29〜      〜10.31クーパン11.04〜11.07マカッサル11.08〜11.10バリックパパン11.20〜      〜11.28ケンダリー〜12.01アンボン12.12〜12.16マカッサル12.21〜12.23スラバヤ 18.11.02:船長:海軍嘱託 沖 専次郎(部内限奏任官待遇) 18.12.23:船体修理 19.02.10:修理完了 19.02.14:スラバヤ〜02.23ソロン02.27〜 19.05.05:マカッサル〜05.08ケンダリー05.09〜05.12アンボン 19.05.21:アンボン〜05.23ソロン 19.06.10:軍隊区分:機密濠北部隊命令作第8号:附属部隊 19.06.29:触雷し航行不能、船体及び搭載物件確保のため座礁させる
19.06.29:座礁 19.07.10:除籍:内令第855号
喪失場所:バリクパパン港外 喪失原因:触雷
19.07.12:離礁 19.07.12:揚荷及び船内整理(07.29まで) 19.07.25:軍隊区分:機密濠北部隊命令作第14号:附属部隊 19.--.--:バリックパパン〜ラウト島 19.08.02:船団会議(第百一號掃海艇、「大丸」「豐成丸」「水天丸」「江ノ島丸」、第一〇四號交通船) 19.08.03:ラウト島〜08.06スラバヤ 19.08.06:救難作業に従事(08.24まで) 19.08.25:スラバヤ〜09.01ジャカルタ
19.08.31:入籍:内令第1015号:特設運送船(雑用船)、呉鎮守府所管
19.--.--:戦時編制:海軍省配属、呉鎮守府所属、特設運送船(乙) 19.09.01:船体修理 20.01.27:ジャカルタ〜      〜01.28 1300 「第十二號掃海艇」が護衛協力〜      〜01.28ペカロンガン泊地01.29〜01.29レンバン泊地01.29〜      〜01.30スラバヤ 20.01.31:東印部隊電令作第524号:      1.水天丸はスラバヤ運輸部所定物件満載、バリクパパン回航、航空揮発油搭載        スラバヤに帰投すべし      2.第二號哨戒艇は右の一貫護衛に任ずべし 20.02.03:バウエアン島沖にて米潜水艦"Sea Robin"(SS-407)の雷撃により損傷 20.02.06:(水天丸船団)スラバヤ〜      〜02.07 1514 敵潜望鏡確認、「第二號哨戒艇」が対潜掃蕩〜      〜02.07 1535 零式水上偵察機が急降下爆弾2個投下〜      〜02.07 1552 「第十一號掃海艇」「第百四號掃海特務艇」来着〜       〜02.09バリックパパン
20.03.03:沈没 20.03.10:戦時編制:大海幕機密第608号ノ212:聯合艦隊第十方面艦隊所属、特設運送船(乙) 20.11.30:除籍:第301730番電
喪失場所:S06.34-E113.01 マドゥラ島バニュサンカ北方35km付近 喪失原因:米潜水艦Sea Robin(SS-407)の雷撃

同型船

 De Weert

兵装

 要調査

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2965)
 "Koninklijke Paketvaart-Maatschappij" De Alk bv 1991 A.J.J. Mulder
 "Ozne Mooiste Koopvaardijschepen Deel 6" De Alk bv 1995 Arne Zuidhoek

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る