第十八長運丸の船歴

 年 月 日:船歴

10.03.14:起工 10.07.02:進水、命名:第十八長運丸 10.08.09:竣工、船主:長崎合同運送株式會社
14.--.--:〜03.01荻港鎮03.02〜
16.12.01:徴傭      〜12.07馬公 16.12.09:徴傭授受 16.12.09:馬公海軍要港部工作部にて艤装工事開始
16.12.10:入籍:内令第1622号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.12.10:特設掃海隊編制:内令第1620号:第四十六掃海隊 16.12.10:戦時編制:馬公警備府部隊第四十六掃海隊 16.12.10:掃海艇長:海軍豫備中尉 藤井 二郎 16.12.--:馬公 17.--.--:船主:長崎合同汽船株式會社に変更 17.01.--:対潜兵器装備発射工事施行 17.01.11:艤装工事完了 17.01.15:機密馬公警備府命令作第5号:       第四十六掃海隊は準備完了次第、馬公発M方面に回航し同方面に在りて作戦に関し聯合艦隊       司令長官の指揮を受くべし 17.01.15:軍隊区分:大海指第46号:作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮下 17.01.15:軍隊区分:聯合艦隊電令作第45号:南方部隊 17.01.15:軍隊区分:南方部隊電令作第66号:菲島部隊 17.--.--:船主:長崎合同汽船株式會社に変更 17.01.29:馬公〜 17.02.--:馬公海軍工作部にて六吉発電機械新装備工事 17.03.02:スービック湾〜哨戒〜03.02スービック湾 17.03.04:スービック湾〜哨戒〜03.04スービック湾 17.03.07:スービック湾〜哨戒〜03.07スービック湾 17.03.09:スービック湾〜哨戒〜03.09スービック湾 17.03.11:スービック湾〜哨戒〜03.11スービック湾 17.03.13:スービック湾〜哨戒〜03.13スービック湾 17.03.15:スービック湾〜哨戒〜03.15スービック湾 17.03.18:スービック湾〜哨戒〜03.18スービック湾 17.03.20:スービック湾〜哨戒〜03.21スービック湾 17.03.23:スービック湾〜哨戒〜03.24スービック湾 17.03.26:スービック湾〜哨戒〜03.27スービック湾 17.03.29:スービック湾〜哨戒〜03.30スービック湾 17.05.08:スービック湾〜哨戒〜05.08マニラ湾 17.05.31:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第40号:馬公警備府部隊より削除 17.05.31:特設掃海隊編制:内令第981号:第四十六掃海隊の項を削る
17.05.31:内令第985号:第三十一特別根據地隊所属 17.05.31:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一特別根據地隊 17.--.--:〜06.12スービック湾 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:       兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.06.13:スービック湾〜哨戒〜06.13マリベレス 17.11.20:内令第2141号:舞鶴鎮守府所管に変更
18.02.20:内令第280号:第三十一警備隊所属 18.02.20:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一警備隊 18.07.02:菲北部隊電令作第4号:      1.A船金寶山丸0505モンボク水道西口に於て雷撃を受け沈没      2.略      3.興嶺丸、第二十一長運丸は直に出動、航空部隊と協力、敵潜の探索撃滅に任ずべし      4.第百三號哨戒艇及び第十八長運丸はマニラに於て待機すべし 18.07.16:菲北部隊電令作第31号:   1.方位測定によれば15日2210湾口付近に敵潜水艦あり      2.航空部隊及び興嶺丸は湾口哨戒を厳にすべし      3.第七號掃海特務艇春島丸の護衛終了後はサンホセに於て待機せよ      4.第八號掃海特務艇及び第十八長運丸は一時間待機となせ 18.11.18:マニラ〜H5船団間接護衛〜11.20セブ 18.12.01:内令第2579号:第三十一警備隊所属 19.--.--:〜09.10ボホール島タグビララン 19.09.10:(現在)軍隊区分:中菲部隊
19.09.10:内令第1064号:第三十一特別根據地隊所属 19.09.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一特別根據地隊 19.09.11:タグビララン〜09.11カガヤン 19.09.12:カガヤン〜 19.09.12:(N09.13-E123.42)ミンダナオ海シキホル島東岸にて米第38機動部隊艦載機と交戦〜      1625 直撃弾を受け火災発生、擱座(陸岸までの距離約200m)      1640 打方止め      1810頃 特設掃海艇第二十一長運丸」、後部に横付けし移乗      1900 爆発 
19.11.25:沈没 20.05.10:除籍:内令第417号 20.05.10:解傭
喪失場所:マニラ湾口 喪失原因:湾口閉塞に使用

同型船

 第二十一長運丸

兵装

 要調査

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る