江ノ島丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T06.10.16:進水、命名:Ebonol T06.12.12:竣工、船主:The UK Admiralty、船籍港:London、信号符字:GVSZ、船舶番号:140439
--.--.--:Dockyard Service S06.--.--:香港 16.12.20:深水湾にて被爆沈没
17.04.25:引揚(第十一特別工作部機密第89番電:アバーデン16号) 17.07.17:第6278番電:引揚整備訓令(第三工作部宛) 17.07.20:回航作業任務 17.08.10:整備完了 17.09.14:香港〜09.25佐世保 17.09.21:佐防機密第21134777番電:海軍油槽船「エボノール」号古志伎島灯台沖直通1800佐世保入港予定 17.10.14:官房機密第12953号:訓令:引揚船「エボノール」を特設運送船(乙)として整備 17.10.20:「江ノ島丸」と改名
17.10.20:入籍:内令第1940号:特設運送船(給油船)、佐世保鎮守府所管
17.10.20:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属、特設運送船(乙) 17.11.01:佐鎮機密第910号の59:拿捕船受領報告 17.11.05:佐世保〜11.07彦島 17.11.--:株式會社大阪鐵工所彦島造船所にて船体修理、艤装工事 17.12.05:整備工事完了 17.12.07:彦島〜12.09佐世保 17.12.12:佐世保〜12.30スラバヤ01.04〜01.07バリクパパン01.09〜01.13スラバヤ01.17〜      〜01.20バリクパパン 18.01.21:第二号桟橋横付中火災発生、約20分で鎮火 18.01.30:バリクパパン〜02.02スラバヤ 18.02.28:スラバヤ〜03.03バリクパパン03.06〜03.09スラバヤ 18.03.13:スラバヤ〜03.16バリクパパン03.18〜03.22スラバヤ 18.03.26:スラバヤ〜03.30バリクパパン04.02〜04.06スラバヤ 18.04.08:スラバヤ〜04.12バリクパパン04.15〜04.18スラバヤ 18.04.21:スラバヤ〜04.25バリクパパン04.27〜05.01スラバヤ 18.05.04:スラバヤ〜05.08バリクパパン05.11〜05.15スラバヤ 18.05.19:スラバヤ〜05.23バリクパパン05.26〜05.27コタバル05.30〜      〜06.01マカッサル06.02〜06.07スラバヤ 18.06.09:スラバヤ〜06.13マカッサル 18.06.15:マカッサル〜      〜06.17 1727 「第十六號掃海艇」が間接護衛〜      〜06.18バリクパパン 18.06.21:バリクパパン〜06.22マカッサル06.26〜06.28バリクパパン06.30〜07.04スラバヤ 18.07.08:スラバヤ〜07.11バリクパパン07.15〜07.19スラバヤ 18.07.27:スラバヤ〜07.31バリクパパン08.03〜08.06スラバヤ 18.08.12:スラバヤ〜08.16バリクパパン09.08〜09.16昭南 18.09.21:昭南〜09.23ベラワン09.25〜09.27昭南 18.09.29:昭南〜10.08バリクパパン10.12〜10.19マカッサル10.20〜10.24スラバヤ 18.11.10:スラバヤ〜11.13バリクパパン11.16〜11.20スラバヤ 18.11.25:スラバヤ〜11.28バリクパパン12.02〜      〜12.05マカッサル12.07〜12.11スラバヤ 18.12.13:スラバヤ〜 18.12.14:特設運送船球磨川丸」糧抹及び救助器具転載 18.12.15:「球磨川丸」曳航及び監視〜      〜12.16スラバヤ 18.12.19:スラバヤ〜12.23バリクパパン12.29〜01.01スラバヤ 19.01.03:スラバヤ〜01.06バリクパパン01.09〜01.12スラバヤ 19.01.16:スラバヤ〜01.19ジャカルタ01.21〜01.23スラバヤ 19.01.27:スラバヤ〜01.31バリクパパン02.03〜      〜02.06マカッサル02.08〜02.12スラバヤ 19.02.14:スラバヤ〜02.17バリクパパン02.20〜02.24スラバヤ 19.03.24:スラバヤ〜03.27バリクパパン03.30〜04.05スラバヤ 19.04.12:スラバヤ〜04.15バリクパパン04.29〜05.02マカッサル05.05〜      〜05.14 0900 「第百一號掃海艇」護衛の船団に合同〜      〜05.16スラバヤ 19.05.16:機銃掃射を受ける 19.05.17:応急修理 19.06.03:スラバヤ〜      〜06.04 0000 バウエアン西方にて「第十二號掃海艇」が解列〜      〜06.07バリクパパン 19.06.16:バリクパパン〜06.20スラバヤ 19.06.26:スラバヤ〜      〜06.26 2040 スラバヤ西口仮泊〜      〜06.27 0655 仮泊地発〜      〜06.28 0915 一般徴傭船洋制丸」は機械故障のため船団と分離〜      〜06.29 2003 ラウト水道口仮泊〜      〜06.30 0700 仮泊地発〜      〜07.01コタバル 19.07.02:コタバル〜07.03マカッサル07.04〜07.05マカッサルカポポサンブ灯台07.06〜      〜07.07ラウト島07.08〜07.10スラバヤ 19.07.11:入渠 19.07.18:出渠 19.07.24:スラバヤ〜07.28バリクパパン07.30〜08.06スラバヤ 19.08.17:スラバヤ〜08.22バリクパパン08.24〜08.26スラバヤ 19.09.21:マカッサル〜      〜09.22 0324 船団から分離〜      〜スラバヤ 19.10.03:スラバヤ〜10.06バリクパパン10.11〜10.17ジャカルタ10.21〜10.27スラバヤ 19.11.01:スラバヤ〜11.08マカッサル11.12〜11.14バリクパパン11.18〜11.20マカッサル 19.11.23:マカッサル〜 19.12.17:マカッサル〜 20.05.12:スラバヤ〜昭南
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電 20.--.--:返還:ジャワ〜昭南

同型船

 (2nd 1000T級)
 Creosol, Distol, Kimmerol, Philol, Scotol, Viscol, Birchol, Boxol, Elderol, 
 Elmor, Larchol, Limol, Oakol, Palmol, Sprucol, Teakol, Hickorol

兵装

 八糎砲1門、七粍七単装機銃1基、爆雷4個

写真資料

 "CLYDE Warship" (http://www.clydesite.co.uk/clydebuilt/warships/index.asp) id=12213, John Ward-McQuaid
 "RFA SHIPS" (http://www.rfanostalgia.org/gallery3/index.php/RFA-TANKERS/WW1/1000-Ton/Ebonol)

図版資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (資料編)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る