松祐丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.02.24:起工 17.10.15:進水、命名:松祐丸  17.12.15:竣工 
17.12.10:徴傭発令:兵備三機密第17号の12の13 17.12.15:徴傭:一般徴傭船(給油船)、呉鎮守府所管、海軍省配属 17.12.15:船長:海軍嘱託 武藤 榮(部内限り奏任官待遇) 17.12.15:三井造船株式會社玉野造船所にて油槽船への改造工事着手(第一次応急油槽船) 17.12.30:油槽船への改造工事竣工 17.12.30:玉〜12.31呉 17.12.31:貸与品、酒保品搭載 18.01.05:呉〜01.06三池 18.01.06:燃料炭搭載 18.01.09:三池〜01.09佐世保 18.01.09:耐火煉瓦及び軍需品搭載 18.01.11:郵便物192個搭載 18.01.11:佐世保〜01.15高雄01.15〜01.20聖雀01.21〜01.25昭南 18.01.25:耐火煉瓦及び軍需品揚陸、重油搭載 18.01.30:郵便物192個揚陸 18.01.30:昭南〜02.02聖雀02.03〜02.10高雄 18.02.11:便乗者2名乗船 18.02.11:高雄〜02.17大阪 18.02.17:重油揚陸 18.02.26:便乗者2名退船 18.02.26:大阪〜02.27四日市 18.02.27:重油搭載 18.03.02:四日市〜03.03横須賀 18.03.03:重油揚陸 18.03.09:横須賀〜03.11下津 18.03.11:重油搭載 18.03.13:下津〜03.15横須賀 18.03.15:重油揚陸 18.03.18:横須賀〜03.19四日市 18.03.19:重油搭載、軍需品箱物42個搭載 18.03.21:四日市〜03.22横須賀 18.03.22:重油揚陸、軍需品箱物42個揚陸 18.03.25:横須賀〜03.30三池 18.03.30:燃料炭搭載 18.04.01:三池〜04.05高雄 18.04.05:短艇訓練 18.04.07:高雄〜04.12聖雀 18.04.12:郵便物5個搭載 18.04.14:聖雀〜反転〜04.14聖雀 18.04.19:郵便物5個揚陸 18.04.19:聖雀〜04.23パレンバン 18.04.23:重油搭載 18.04.28:パレンバン〜04.30昭南 18.05.04:指揮官乗船、託送品7個搭載 18.05.04:昭南〜05.07聖雀 18.05.07:指揮官退船 18.05.10:短艇訓練 18.05.10:聖雀〜05.16高雄 18.05.16:託送品7個揚陸 18.05.18:精洗麻及び航空兵器、燃料炭搭載 18.05.18:高雄〜05.23神戸05.25〜05.27鶴見 18.05.27:重油及航空兵器揚陸 18.05.31:鶴見〜05.31横浜 18.06.01:B重油及麻揚陸 18.06.01:横浜〜06.02神戸 18.06.02:麻揚陸及び自動車機材搭載 18.06.02:三菱重工業株式會社神戸造船所にて入渠修理 18.06.13:神戸〜06.14呉 18.06.14:自動車機体搭載、郵便物搭載 18.06.16:呉〜06.18三池 18.06.18:燃料炭搭載 18.06.19:三池〜06.20佐世保 18.06.20:自動車搭載 18.06.25:(「第二十七南油」曳航)佐世保〜06.27鹿児島06.29〜曳索切断〜07.02那覇 18.07.21:(「第二十七南油」曳航)那覇〜07.25高雄07.26〜07.30マニラ 18.08.01:(「第二十七南油」曳航)マニラ〜      〜08.03 1730(N09.53-E117.37)敵潜水艦の雷撃2本回避〜      〜08.08バリクパパン 18.08.08:「第二十七南油」引渡し、機密書類、郵便物、託送品揚陸 18.08.13:2356 対空戦闘 18.08.14:転錨 18.08.16:対空戦闘:至近弾により損傷〜 18.08.17:対空戦闘 18.08.20:燃料搭載(08.23まで) 18.08.21:燃料廠機材その他揚陸完了 18.08.23:解傭発令:兵備三機密第18号の8の37 18.08.24:損傷箇所修理(08.31まで) 18.08.29:一般徴傭船「龍野丸」曳航準備、軍用便物搭載 18.08.31:解傭
18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船、呉鎮守府所管 18.--.--:第19次海軍指定船 18.09.10:(「龍野丸」を曳航)バリックパパン〜09.12コタバル09.15〜09.19スラバヤ港外 18.11.17:(第8175船団)パラオ〜      〜11.20 護衛の「第二十七號驅潜特務艇」と分離、          船団(「佐多」「鶴見」「西安丸」「共榮丸」)、          驅逐艦「天津風」「第三十三號驅潜艇」と共に航行〜      〜11.24トラック 18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 18.12.13:(第2515船団)パラオ〜      〜12.13 1000 「第二號哨戒艇」が船団と合同〜      〜12.14 1615 「第二十六號驅潜特務艇」「第二十七號驅潜特務艇」が解列〜      〜12.17 1700 「第六號驅潜艇」が合同〜      〜12.17 2400(N03.15-E119.32)特設運送船富士山丸」、第三小倉丸」、             海軍配當船白馬山丸」、護衛艦「第六號驅潜艇」と共に船団から分離〜      〜タラカン 18.12.--:(船団)タラカン〜      〜12.23 マンカリハットより「第百二號哨戒艇」が護衛に加入〜      〜12.23バリクパパン 19.01.16:タラカン〜
19.01.18:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:N00.17-E118.25 ボルネオ東岸タロック岬南岸ムヌンハル湾南方70km附近 喪失原因:米潜水艦Bowfin(SS-287)の雷撃

同型船

 (B型平時標準船)
 建部丸東祐丸安房丸山鬼山丸雪川丸月川丸松運丸、千代田丸、千早丸。

兵装

 要調査

写真資料

 要調査

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る