第三十七號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

17.10.06:起工、仮称艦名:第536號艦 18.04.30:命名:達第96号:第三十七號驅潜特務艇 18.04.30:類別等級制定:内令第816号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.04.30:本籍仮定:内令第815号:呉鎮守府 18.06.04:進水 18.08.05:竣工
18.08.05:本籍:内令第1597号:呉鎮守府、佐伯防備隊所属 18.08.05:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊
18.09.01:内令第1833号:第二十二特別根據地隊所属 18.09.01:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第二南遣艦隊第二十二特別根據地隊 18.10.20:第二警備部隊電令作第152号:      1.第百二號哨戒艇は20日1000トラックに向け発の吾妻丸玄洋丸を東経121度迄護衛、        速かに帰投すべし      2.第三十六號、第三十七號驅潜特務艇は第一項の間接護衛に任じ成るべく速かに帰投すべし 18.11.04:(第2610船団)バリックパパン〜      〜11.06護衛終了〜 18.11.30:第二警備部隊電令第30号:       第三十七號驅潜特務艇は山菊丸船団(第二號哨戒艇、第百六號掃海特務艇護衛)       トリトリ沖通過後、対潜掃蕩を実施しつつ帰投すべし       船団トリトリ沖通過を1日1900と予定す      〜12.01 1500(N00.54-E120.00)第2612船団後方警戒に就く〜      〜12.01 2202 一般徴傭船日遼丸」附近に命中音2発〜      〜12.01 ---- 一般徴傭船「日遼丸」遭難者12名収容〜      〜12.01 ---- 対潜掃蕩〜      〜12.02 0--- 「第二號哨戒艇」と合同〜      〜トリトリ 19.01.21:(オ103船団護衛)バリクパパン〜      〜01.22 1435 「第三十六號哨戒艇」が爆雷攻撃8個〜      〜01.22 2040 海軍配當船じゃんび丸」「第四十一號驅潜特務艇」と共に船団から分離〜      〜01.23タラカン 19.02.05:バリックパパン〜      〜02.05 護衛終了 20.01.13:(「鳶丸」護衛)バリックパパン港外〜アルバンク〜マカッサル
20.02.10:戦時編制:聯合艦隊第十方面艦隊第二南遣艦隊第第二十二特別根據地隊 20.02.12:第二警備部隊信電令作第18号:       スラバヤ行蛭子丸、第三松壽丸、一〇一及び一四六交通船(以上国産原油要員乗船)        サマラン行機帆船諸興丸、龍成丸、第九天洋丸(以上日鉄要員及資材搭載)        の予定を以て行動す       第三十六號哨戒艇及び第三十七號驅潜特務艇は右船団をスラバヤ迄護衛したる後       スラバヤよりバリクパパン行船団を護衛すべし 20.02.13:(蛭子丸船団護衛)バリクパパン〜      〜02.14 1917 「第一四六號交通船」が機械故障〜   〜02.16 0930 浮流機雷処分〜      〜02.16 2030 スラバヤ東掃海水路入口附近に仮泊〜      〜02.17 0730 出港〜      〜02.17 2031 仮泊〜      〜02.18 0720 出港〜      〜02.18スラバヤ
20.07.05:沈没 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 22.05.03:除籍:復二第327号
喪失場所:S08.10-E114.50 バリ島南西 喪失原因:米潜水艦 Lizardfish(SS-373)の雷撃

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る