第四十七號驅潜艇の艇歴

 年 月 日:艇歴

18.01.15:起工、仮称艦名:第447號艦 18.05.25:命名:達第121号:第四十七號驅潜艇 18.05.25:類別等級制定:内令第1027号:種別:驅潜艇、艇型:第十四號型 18.05.25:本籍仮定:内令第1025号:横須賀鎮守府 18.06.04:進水 18.07.10:艤装員長:海軍大尉 久保田 好治 18.08.12:竣工
18.08.12:本籍:内令第1647号:横須賀鎮守府、役務:警備驅潜艇 18.08.12:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊 18.08.12:驅潜艇長:海軍大尉 久保田 好治      〜07.27 1130 金華山沖にて第2726船団の護衛を「第三號掃海艇」に引継ぐ〜 18.11.19:(第8119船団乙護衛)神戸〜横須賀 19.06.23:南三陸部隊機密第231240番電:      1.第四十七號驅潜艇及び第二號金剛丸は24日0800女川発、金華山及び小名浜哨区に就け      2.第三十三號掃海艇及び第一鶚丸は夫々交代帰投せよ 19.06.24:女川〜金華山哨区哨戒〜06.27女川 19.06.29:南三陸部隊機密第291555番電:      1.第四十七號驅潜艇及び第二號金剛丸は30日0800女川発、金華山及び小名浜哨区に就け      2.第三十三號掃海艇及び第一鶚丸は夫々交代帰投せよ 19.06.30:女川〜金華山哨区哨戒〜07.03女川 19.07.06:南三陸部隊機密第071545番電:      1.第四十七號驅潜艇及び第二號金剛丸は8日0800出港、夫々金華山及び小名浜哨区に就け      2.第三十三號掃海艇及び第一鶚丸は夫々交代帰投せよ 19.07.17:南三陸部隊機密第171330番電:      1.第四十七號驅潜艇は18日0800女川発、金華山哨区に就け      2.第三十三號掃海艇は第四十七號驅潜艇と交代帰投せよ 19.07.18:女川〜金華山哨区哨戒〜 19.07.25:南三陸部隊機密第251456番電:      1.第四十四驅潜艇及び第一鶚丸は26日0800女川発、夫々金華山及び小名浜哨区に就け      2.第三十三號掃海艇及び第三魁丸は夫々交代帰投せよ 19.09.13:横防戦電令作第240号:      1.三九一三船団(い號壽山丸、第七一號甲標的曳航)        護衛艦:旗風、第四十七號驅潜艇、14日1300館山発父島に出撃せしむ      2〜3.略 19.09.14:(第3913船団護衛)館山〜09.24父島 19.09.15:軍隊区分:横鎮電令作第647号:小笠原部隊、第三九一三甲船団護衛協力 19.12.25:驅潜艇長:海軍大尉 松丸 武俊 20.01.16:(第3115船団護衛)館山〜      〜01.16 ---- 荒天のため陸軍徴傭船呉竹丸」が後落〜      〜01.16 ---- 荒天のため「第五十六號海防艦」を見失う〜      〜01.17 ---- 荒天のため一般徴傭船い號米山丸」が機関及び操舵機故障、「第四十二號驅潜艇」が護衛し             八丈島に向う〜       〜01.17 2400 荒天のため船団を見失う〜      〜01.19 0600 聟島の0度7浬、船団を発見できず単独父島に向う〜      〜01.19父島 20.07.09:首崎の34度4浬、潜望鏡並に雷跡発見      〜07.09 1710 首崎沖にて「第二十七號掃海艇」と合同〜 20.07.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第一特攻戦隊
20.08.15:残存 20.09.15:除籍:機密第081856番電
20.12.01:入籍:内令第6号:特別輸送艦、横須賀地方復員局所管 20.12.15:驅潜艇長:第二復員官 高井 太郎 20.12.20:改名:内令第12号:驅潜第四十七號 21.01.25:艦長:第二復員官 八十島 奎三 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.04.05:入籍:内令第47号:特別輸送艦、横須賀地方復員局所管 21.09.05:復二第230号:特別保管艦に指定(07.27附) 22.09.05:艦長:復員事務官 神田 英夫
22.10.01:除籍:復二第712号

同型艇

 第二十八號第二十九號第三十號第三十一號第三十二號第三十三號第三十四號第三十五號第三十六號第三十七號第三十八號第三十九號第四十號第四十一號第四十二號第四十三號第四十四號第四十五號第四十六號第四十八號第四十九號第五十號第五十一號第五十二號第五十三號第五十四號第五十五號第五十六號第五十七號第五十八號

兵装

(計画時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九三式十三粍二聯装機銃1基、
 十四年式拳銃5丁、 
 九三式水中聴音機1基、九三式一型探信儀1基、
 九四式投射機2基、爆雷装填台三型2基、爆雷投下軌道1基、九五式爆雷36個。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.49「駆潜艇・哨戒艇」 (P.20)
 「海軍 第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集員会(P.61)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(154)
 呉市海事歴史科学館

前の艇へ ← 驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る