呉竹丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.05.15:起工 13.09.10:進水、命名:呉竹丸 14.01.20:竣工、船主:日本郵船株式會社、船舶番号:45506、信号符字:JZJM、登録総噸数:1,924
17.05.24:徴傭:船舶運營會 17.08.16:1755 梶取埼灯台の120度2.2浬にて雷撃を受けるが被害なし 17.09.11:大王崎にて「常磐丸」と衝突、船首大破 18.04.05:(第8405船団)神戸〜      〜04.06 特設運送船第拾五博鐵丸」が四日市に先行〜      〜04.06 1622 英虞湾仮泊〜      〜04.07 1200 英虞湾発、荒天により再び英虞湾に戻る〜      〜04.08 0458 英虞湾発〜      〜04.08 1700 雨天視界不良の為、焼津沖に避難〜      〜04.08 1900 焼津沖発〜      〜04.09横浜 18.07.07;第1次海軍指定船 19.04.29:(第8429船団甲)神戸〜04.30尾鷲05.01〜05.01伊良湖05.02〜 19.07.24:0700 市江埼通過東航(予定) 19.09.06:0700 市江埼通過東航(予定) 19.11.19:0430 切目埼通過東航(予定) 20.01.12:解傭
20.01.12:徴傭:陸軍 20.01.16:(第3115船団)館山〜      〜01.16 ---- 荒天のため船団から後落〜      〜01.18 0730 「第五十六號海防艦」が会合、護衛を開始〜      〜01.19父島 20.01.20:(第4119船団)父島〜      〜01.20 2300 「第十二號海防艦」は敵潜水艦らしきものを探知し攻撃に向う〜      〜01.23館山 20.01.--:館山〜01.25横浜 20.02.06:館山〜02.09八丈島02.12〜02.12横浜 20.04.01:1600 江須埼通過西航(予定) 20.04.08:小樽〜04.13柏原05.11〜05.11小樽 20.05.18:(チ船団)小樽〜05.23幌筵 20.05.26:(チ船団護片岡〜      〜05.28 2000(N50.00-E146.00)霧中、海防艦八丈」が船団と分離〜      〜05.29 1300(N47.32-E143.31)海防艦「八丈」捜索の為、「第百十二號海防艦」が反転〜      〜05.29 2055(N46.46-E144.16)右舷一番艙に被雷、大破〜      〜05.30 0530 総員退船〜      〜05.30 0600 沈没
20.05.30:沈没 20.05.30:解傭
喪失場所:N46.46-E144.16 樺太中知床岬北東150km附近 喪失原因:米潜水艦Sterlet(SS-392)の雷撃

同型船

 (川南K型:D型平時標準船)
 太興丸若竹丸七星丸第二榮丸辰jロ鐡山丸鐡海丸安島丸第一新東丸塔路丸弘玉丸光jロ第一あまかす丸太隆丸五隆丸木曾川丸長運丸朝山丸東~丸東陽丸寶運丸隆亞丸、~武丸、昌隆丸木津川丸龍田川丸保津川丸大倫丸東運丸親和丸協和丸同和丸コ和丸日鶴丸日翼丸辰壽丸

兵装

 機銃1基、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年10月号、昭和14年2月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.261)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.148)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.225)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る