東運丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.03.16:起工 17.01.31:進水、命名:東運丸 17.03.10:竣工
     〜10.26 0500 市江埼灯台の150度4浬附近にて雷跡発見〜      〜10.26 0845 日ノ御埼の130度7.5浬から触雷した特設運送船霧島丸」を曳航〜      〜10.26御坊 17.10.26:御坊〜      〜10.26 1300 特設運送船「霧島丸」を曳航、紀伊防備隊第一曳船が横抱き〜      〜10.26 1400 水雷艇千鳥」が護衛を止める〜      〜10.27神戸
17.12.09:徴傭:陸軍 17.12.09:宇品〜01.10ラバウル 18.01.24:ラバウル〜01.26エレベンタ01.28〜01.29コロンバンガラ02.09〜02.11エレベンタ02.12〜      〜04.25ラバウル 18.04.25:ラバウル〜05.18宇品 18.06.22:宇品〜07.26高雄 18.08.10:高雄〜08.14アンボン 18.08.14:アンボン〜パラオ 18.08.18:(フ806船団)パラオ〜08.28宇品 18.09.11:宇品〜10.06ラバウル 18.10.06:ラバウル〜11.05門司 18.11.07:門司〜11.18大連11.18〜11.18宇品 18.11.26:宇品〜12.05高雄 18.12.06:高雄〜12.09マニラ 18.12.17:マニラ〜12.24ハルマヘラ12.27〜01.02マノクワリ01.06〜01.12セブ 19.01.13:セブ〜01.14イロイロ01.15〜01.19マニラ 19.02.01:マニラ〜02.07高雄 19.03.19:高雄〜03.28宇品 19.04.28:宇品〜05.06高雄 19.05.06:高雄〜05.10マニラ 19.05.12:マニラ〜05.17セブ 19.05.19:セブ〜05.22ハルマヘラ06.11〜06.16マニラ06.19〜06.27高雄 19.06.30:高雄〜07.10神戸 19.07.10:神戸〜07.21高雄 19.07.30:(ミ08船団)高雄〜      〜07.30 1900 「第十七號掃海艇」が前路の探信掃蕩を止め船団に合同〜   〜07.31 2210 「第一號海防艦」が船団に合同〜      〜08.01基隆 19.08.04:(ミ08船団)基隆〜      〜08.07 ---- 「第十八號海防艦」が機関故障〜      〜08.09 0407頃(N27.56-E128.47)「澎湖丸」、陸軍徴傭船八義丸」が被雷沈没〜      〜08.09古仁屋 19.08.11:(ミ08船団)古仁屋〜       〜08.11 0600 「第十八號海防艦」が船団に合同〜   〜08.13 0904 船団後方3,000m附近に佐世保海軍航空隊飛行機が急降下爆撃2個〜      〜08.13門司 19.08.15:門司〜08.16釜山08.16〜08.26宇品 19.08.28:宇品〜09.04上海 19.09.23:上海〜10.04基隆 19.10.06:基隆〜10.14呉淞 19.10.19:呉淞〜定海湾 19.10.22:定海湾〜      〜10.23 0337(N24.49-E120.26)米潜水艦"Tang"(SS-306)雷撃を受け大破〜      〜10.27馬公
19.12.13:修理不能につき船体廃棄 20.02.14:解傭
喪失場所:馬公 喪失原因:米潜水艦Tang (SS-306)の雷撃

同型船

 (川南K型:D型平時標準船)
 太興丸若竹丸七星丸呉竹丸第二榮丸辰jロ鐡山丸鐡海丸安島丸第一新東丸塔路丸弘玉丸光jロ第一あまかす丸太隆丸五隆丸木曾川丸長運丸朝山丸東~丸東陽丸寶運丸隆亞丸、~武丸、昌隆丸木津川丸龍田川丸保津川丸大倫丸親和丸協和丸同和丸コ和丸日鶴丸日翼丸辰壽丸

兵装

 野砲、高射砲。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和17年5月号

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る