日翼丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.12.10:起工 18.04.25:進水、命名:日翼丸 18.05.31:竣工 
17.12.10:徴傭発令:兵備三機密第17号ノ12ノ13 17.12.23:長崎監督官へ授受委託 18.05.31:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、佐世保鎮守府所管、海軍省配属 18.05.31:長崎にて授受 18.08.11:熊野丸機密第111945番電:       鹿二〇五船団開城丸、湖南丸、宮古丸、厦門丸、隆東丸、七節四分の三、鹿児島発12日0800硫黄島       口永良部島西岸接航悪石島より名瀬に向う、名瀬着13日1200発1700以後奄美群島西岸接航那覇着       14日1300日翼丸特殊油槽船曳航は機械故障の為次の船団に入る予定 18.08.12:三菱重工業株式會社神戸造船所にて修理工事着手 18.08.23:兵備三機密第18号ノ8ノ37:船舶解傭の件通知:       左記に依り船舶を解傭せられ候       追て各船今後は主として南方原油還送量増強の為専用せらるる限定に付授受の為に特に停船せしむる       ことなき様十分配慮相成度        記     (抜粋)        船舶名:日翼丸、船舶番号:50051、総噸数:1,945、船主:日産汽船株式會社、        授受地:所管鎮守府司令長官の定むる所に依る、授受指定:佐鎮、所管:佐世保       記事:17.12.10兵備三機密第17号ノ12ノ13通知       備考:      1.本船は8月31日附解傭せらる9月1日以後海軍配當船として引続き運航せしめらるる予定      2.本船の運航に関しては海軍運輸本部長をして指示せしめらる      3.本船の艤装工事復旧に関しては所管鎮守府司令長官の定むる所に依る        但し極力修理の為繋船せしめざる様留意し油輸送並に保護上必要なる艤装工事は配當船解除の際        復旧するものとす 18.08.23:佐世保鎮守府より昭南運輸部へ解傭授受委託 18.08.31:解傭
18.09.01:徴傭:船舶運營會海軍配當船、佐世保鎮守府所管 18.09.22:昭南にて授受 18.09.--:川南工業株式會社香焼島造船所にて油槽船への改造工事着手(第一次応急油槽船)  18.12.08:兵備三機密第422号:海軍配當船一覧表掲載 18.12.10:第19次海軍指定船 18.12.10:昭南〜12.12パレンバン 18.12.--:B重油2,200キロリットル積荷 18.12.--:パレンバレン〜昭南間B重油輸送(毎月6航海、所要約5日、計35航海) 19.02.20:兵備三機密第216号:海軍配當船一覧表掲載 19.06.10:昭南〜      〜06.17 磁気機雷に底触、大破、航行不能、応急修理 19.06.21:兵備三機密第558号:海軍配當船一覧表掲載 19.12.11:兵備三機密第1263号:海軍配當船一覧表掲載 20.01.11:昭南〜      〜01.11 対空戦闘:B-29 1機と交戦、十三粍機銃298発、七粍七機銃50発発射〜      〜パレンバン 20.02.16:(ヒ88H船団)昭南〜門司向け航行
20.02.22:沈没  --.--.--:解傭
喪失場所:N11.29-E109.06 仏印ファンラン港口 喪失原因:米潜水艦Becuna(SS-319)の雷撃

同型船

 (川南K型)
 太興丸若竹丸七星丸呉竹丸第二榮丸辰jロ鐡山丸鐡海丸安島丸第一新東丸塔路丸弘玉丸光jロ第一あまかす丸太隆丸五隆丸木曾川丸長運丸朝山丸東~丸東陽丸寶運丸隆亞丸、~武丸、昌隆丸木津川丸龍田川丸保津川丸大倫丸東運丸親和丸協和丸同和丸コ和丸日鶴丸辰壽丸

兵装

 短二十糎砲、九六式二十五粍機銃、九三式十三粍機銃、九二式七粍七単装機銃。

写真資料

 要調査

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る