第五十六號驅潜艇の艇歴

 年 月 日:艇歴

18.09.20:起工、仮称艦名:第456號艦 19.03.15:命名:達第70号:第五十六號驅潜艇 19.03.15:類別等級制定:内令第437号:種別:驅潜艇、艇型:第十四號型 19.03.15:本籍仮定:内令第445号:呉鎮守府 19.05.09:進水 19.07.01:艤装員長:海軍大尉 田中 正雄 19.07.07:艤装員事務所を浪速船渠株式會社内に設置し事務を開始 19.07.26:竣工、艤装員事務所を撤去
19.07.26:本籍:内令第898号:呉鎮守府、役務:警備驅潜艇 19.07.26:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.07.26:驅潜艇長:海軍大尉 田中 正雄
19.08.25:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第二南遣艦隊第二十二特別根據地隊 19.09.11:(モタ26船団護衛)佐世保〜09.17高雄 19.09.25:(タマ27船団護衛)高雄〜10.04マニラ 19.11.01:驅潜艇長:海軍少佐 田中 正雄 19.11.12:(シサ29船団護衛)昭南〜11.16聖雀 19.11.18:(シマ05船団護衛)昭南〜11.22ミリ 19.11.23:1030 「第百四十九號輸送艦」に横付け清水補給 19.11.24:(シマ05船団護衛)ミリ〜      〜11.25 0540(N05.42-E113.15)陸軍徴傭船まにら丸」被雷沈没〜      〜11.29マニラ 19.12.04:(マシ04船団護衛)マニラ〜      〜12.05 0030 「第百四號哨戒艇」が船団に合同、護衛開始〜   〜12.13昭南 20.--.--:〜01.17 1345 アレンズ島東10浬にて船団の護衛開始〜      〜01.17 2300 バンジェルマシン行き「日帝丸」が船団から分離〜      〜01.18 0000 「第三十六號哨戒艇」の来着を待つ為セラタン角北西泊地に向かう〜      〜01.18 1100 特設運送船亞南丸」と共に船団から分離      〜01.18ダト島北西 20.05.29:戦時編制:南西方面艦隊第二南遣艦隊第二十二特別根據地隊
20.08.15:残存:スラバヤ 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 22.05.03:除籍:複二第327号

同型艇

 第二十八號第二十九號第三十號第三十一號第三十二號第三十三號第三十四號第三十五號第三十六號第三十七號第三十八號第三十九號第四十號第四十一號第四十二號第四十三號第四十四號第四十五號第四十六號第四十七號第四十八號第四十九號第五十號第五十一號第五十二號第五十三號第五十四號第五十五號第五十七號第五十八號

兵装

(計画時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九三式十三粍二聯装機銃1基、
 十四年式拳銃5丁、 
 九三式水中聴音機1基、九三式一型探信儀1基、
 九四式投射機2基、爆雷装填台三型2基、爆雷投下軌道1基、九五式爆雷36個。

写真資料

 要調査

前の艇へ ← 驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る