波島・笠島の船歴

 年 月 日:船歴

12.12.15:起工 13.03.05:官房第1004号ノ2:昭和十二年度新造雑役船       命名:雑役船「波島」(ハシマ)       船種:曳船兼救難船(六百瓲)       所属:横須賀海軍港務部、定数別:臨時附属       製造所:播磨造船所       契約納入引渡場所:横須賀工廠       納入予定期日:昭和13年03月28日 13.03.08:進水 13.04.13:信号符字點付:達第63号:JZWD 13.05.27:竣工
13.07.20:官房第1518号ノ4:船種変更       船種:救難船兼曳船       所属:横須賀海軍港務部、定数別:臨時附属 13.--.--:〜12.06漢口 14.03.12:軍隊区分:T作戦部隊救難隊第一小隊一番艇 14.03.12:九江〜03.12湖口 14.03.15:湖口〜03.15九江 14.03.17:九江〜03.17湖口 14.03.18:湖口〜03.18老爺廟 14.03.19:老爺廟〜03.19星子(星子大塔の94.5度1,600m) 14.03.19:0800 「八曳」の右150度方向300mに投錨曳索80粍ホーサー1房の準備      1858 機械前進      2000 作業中止 14.03.20:0730 作業再開      1310 曳卸作業開始      1450 作業一時中止      1700 引出開始      2000 作業一時中止 14.03.21:星子〜03.21湖口 14.03.21:(起重機船曳航)湖口〜03.21呉城 14.03.22:内火通船による「金比羅丸」救難作業 14.03.23:呉城総攻撃参加、陸戦隊派遣 14.03.25:呉城〜03.25寡婦岩 14.03.25:1050 「第三號掃海艇」曳卸作業開始      1220 「海晏」来着、続いて特設雑役船住吉丸」がポンツーンを曳航して来着      1530 引出準備完了      1600 引出作業開始      1840 引出一時中止      1920 「第六号掃海艇」来着 14.03.26:0630 作業再興      1350 引出作業開始      1355 引出開始      1412 左艦尾引出用錨鎖切断      1415 引出一時中止      1620 作業再興      1640 「第六号掃海艇」と共に曳航開始      1840 作業一時中止 14.03.27:(ポンツーンを曳航)寡婦岩〜03.27星子 14.03.27:星子〜03.27寡婦岩 14.03.27:寡婦岩〜03.28呉城 14.03.28:救難隊指揮官は短艇にて「海晏」遭難現場に至り実況調査 14.04.04:呉城〜04.04寡婦岩 14.04.05:---- 「第三號掃海艇」曳卸の船内準備完了 14.04.06:1000 引出開始      1045 「第三號掃海艇」離洲      1315 収錨作業開始      1725 収錨作業終了 14.--.--:〜05.11上海 14.07.--:指揮官:海軍予備大尉 神澤 正コ 14.07.07:漢口(三北桟橋)〜      〜07.07 0715 「竹丸」を縦曳き〜      〜07.07 1002 側曳に変更〜      〜07.07 2101 龍口 14.07.08:龍口〜07.08岳陽 14.07.08:1523 「竹丸」横付けを離す 14.07.13:0935 「民生」を右舷に横着 14.07.14:岳陽〜「竹丸」とともに「民生」を曳航〜      〜07.14 1730 漢口 14.07.29:0630「民生」を右舷、「遠寧」を左舷に横付け、「金星」を前曳とする曳航準備〜      0717 同作業終了 14.07.29:漢口(朝日桟橋)〜      〜07.29 0825 「金星」を先曳とすると追従性能が不良なため、「金星」は警戒艇となる〜      〜07.29 1950 九江 14.07.30:九江〜      〜07.30 0830 張家洲北港道付近にて「遠寧」の前部曳索切断、一時漂泊、曳索取替〜      〜07.30 0845 同作業終了〜      〜07.30 1525 荒天により宮洲右岸に仮泊 14.07.31:指揮官:海軍中佐 村上 暢之助 14.07.31:宮洲〜      〜07.31 0650 「金星」は「遠寧」の横付け曳航、本船は「民生」を横付け曳航〜      〜07.31 2115 南京 14.08.01:0700-1015 糧食搭載 14.08.01:南京〜08.01福姜洲 14.08.02:福姜洲〜      〜08.02 1230 「民生」浮標繋留準備〜      〜08.02 1455 呉淞沖着〜      〜08.02 1505 呉淞沖発〜港務部前より二曳先曳〜      〜08.02 1845 江南(八番浮標) 14.09.24:鎮港投錨 14.09.25:鎮江〜岳州〜漢口09.30〜09.30龍口10.01〜10.01洞庭湖(二番浮標附近)      1530 雑役船早瀬」救難準備作業着手      2010 救難準備作業中止 14.10.02:0800 救難準備作業再開、八曳来着      1715 救難準備作業終了   1945 「竹丸」来着 14.10.03:0700 引卸準備作業開始   0740 引卸準備作業終了      0750 引卸作業開始      1118 雑役船「早瀬」離洲      1640 雑役船「早瀬」救難作業終了 14.10.03:洞庭湖〜10.03岳州10.03〜10.03城陵磯 14.10.--:特型運貨船「ホ23號」残骸全部搭載 14.10.04:城陵磯〜特型運貨船「ホ11號」曳航〜10.04漢口 14.10.06:漢口〜10.06九江10.08〜10.08威徳州10.09〜10.09蕪湖10.09〜10.09南京 14.10.12:南京〜10.12銅稜沙10.13〜10.13東疏10.14〜10.14九江10.17〜10.17白石港10.18〜      〜10.18漢口 14.10.24:試験用繋留浮標1個朝日桟橋沖に設置 14.11.13:軍隊区分:九江港務部 14.11.13:漢口〜
15.10.25:官房第433号ノ10:船名変更       改名:「笠島」(カサシマ)       船種:曳船兼救難船(六百瓲)       所属:横須賀海軍港務部(支那方面艦隊司令部供用)、定数別:臨時附属      〜11.13広東 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JKHQ 16.12.01:軍隊区分:機密南支部隊命令第18号:厦門方面部隊 16.--.--:厦門〜 〜12.08 0750 川石島附近にて川石島香港間海底電線切断〜      〜12.11碣石湾 16.12.14:(拿捕船護送)碣石湾〜12.16厦門 16.12.--:厦門〜12.28紅海湾 16.12.28:運送艦野島」救難作業〜 17.01.--:運送艦「野島」を曳航〜01.29香港 17.02.15:軍隊区分:機密南支部隊命令第5号:厦門方面部隊 17.02.17:福州沖にて座礁の陸軍徴傭船「豊川丸」救難作業(02.21まで) 17.04.01:軍隊区分:南支部隊より除く 17.04.01:軍隊区分:上海方面部隊電令第197号:支那方面艦隊上海方面部隊第一警戒隊      〜05.26銅山湾05.27〜厦門 17.06.01:軍隊区分:機密せ号作戦急襲部隊命令第1号:せ号作戦急襲部隊救難隊 17.06.07:軍隊区分:機密せ号作戦急襲部隊命令第4号:特令により救難隊に加える 17.06.20:石浦〜上海 17.07.01:軍隊区分:上海方面部隊電令第18号:せ号作戦急襲部隊救難隊 17.07.01:(現在)指揮官:海軍予備大尉 江代 謹治 17.07.05:軍隊区分:機密せ号作戦急襲部隊命令第5号:せ号作戦急襲部隊救難隊 17.07.05:上海〜07.05定海07.06〜07.06石浦07.07〜07.07臺州列島07.08〜 17.07.08:特設砲艦第十二日正丸」の右舷に横付け、曳航〜07.08七口洋 17.07.09:七口洋〜07.09楽清湾07.10〜07.10飛雲江口 17.07.12:飛雲江口〜07.12大龍嶼北方07.13〜07.13黒牛湾 17.07.13:糧食補給 17.07.14:黒牛湾〜07.14飛雲江口07.14〜07.14楽清湾 17.07.15:軍隊区分:上海方面部隊せ作電令第43号:急襲部隊の編成を解く 17.07.15:清水補給 17.07.17:糧食補給 17.07.18:水路啓開作業援助 17.07.19:清水補給 17.07.22:楽清湾〜07.22黄華村沖 17.07.22:陸戦隊が押収した高角砲砲身、砲架等を本船デリックにて戎克より「~榮丸」に積替え 17.07.25:聯合陸戦隊引揚の為、舟艇全部を派遣し援助 17.07.27:盤石下流4000mに転錨 17.07.27:七里、盤石方面を威嚇照射、射撃、40粍機銃7発発射 17.07.28:七里沖〜07.28楽清湾 17.07.28:清水補給 17.07.29:石炭補給 17.07.29:楽清湾〜07.29七里沖08.08〜08.08楽清湾 17.08.08:楽清湾〜08.08七里沖 17.08.09:糧食補給 17.08.13:七里沖〜08.13楽清湾 17.08.13:ポンツーンを船尾に繋留 17.08.15:糧食補給 17.08.16:(ポンツーン曳航)楽清湾〜08.16石浦 17.08.17:軍隊区分:上海方面部隊電令第36号:支那方面艦隊上海方面部隊第一警戒隊 17.08.18:(ポンツーン曳航)石浦〜08.18定海 17.08.18:定海〜08.18五嶼 17.08.18:特設砲艦第七大源丸」より拿捕船受領 17.08.19:(拿捕船曳航)五嶼〜08.19呉淞08.20〜08.20上海(港務部前) 17.10.10:(現在)軍隊区分:支那方面艦隊機密第396号ノ2:上海方面部隊第一警戒隊 17.10.01:「りすぼん丸」救難作業〜10.02上海 18.05.04:軍隊区分:上海方面部隊電令作第16号:第八警戒隊指揮官指揮下      〜05.09金門島05.11〜05.11定海 18.05.15:定海〜05.15金門島05.16〜05.16黒牛湾 18.05.17:黒牛湾〜05.17福瑶島05.21〜05.21黒牛湾 18.05.22:黒牛湾〜05.22七口洋 18.05.27:特設運送船昭慶丸」の応急修理 18.05.28:七口洋〜05.28披山〜楽清湾 18.05.29:軍隊区分:上海方面部隊電令作第23号:高見山丸、筥崎丸遭難現場急派、第六警戒隊指揮官指揮下 18.05.29:楽清湾〜05.30泗礁山 18.05.30:上海方面部隊電令作第25号:補給完了次第、泗礁山泊地にて待機 18.05.31:泗礁山〜 18.06.01:軍隊区分:上海方面部隊電令作第27号:第六警戒隊指揮官の指揮を解き第八警戒隊指揮官の指揮下に復帰 18.06.18:坎門に陸戦隊揚陸      17:00 陸戦隊帰艦 18.06.18:坎門〜定海〜上海 18.06.25:上海方面部隊電令第286号:準備でき次第、驅逐艦栗と芝罘丸の衝突現場へ急行 18.06.28:目節峡にて驅逐艦「栗」の護衛を特設砲艦第一號新興丸」から引継ぎ 18.06.29:指揮官:海軍大尉 江代 謹治 18.07.01:軍隊区分:上海方面部隊電令作第34号:第八警戒隊指揮下 18.07.04:上海方面部隊電令作第35号:りばぷーる丸遭難現場急派 18.07.06:牛鼻山水道 18.08.04:黒牛湾〜08.04臺州列島 18.08.05:臺州列島〜08.05佛肚水道08.06〜08.06定海 18.08.12:軍隊区分:上海方面部隊電令第291号:第六警戒隊 18.08.15:(標的曳航)定海〜檀頭山島東2浬にて標的1個流出〜08.15石浦 18.08.16:石浦〜標的捜索〜捜索打切り〜08.16臺州列島 18.08.18:臺州列島〜08.19定海08.22〜08.22臺州列島 18.08.31:臺州列島〜09.02佛肚水道09.03〜09.03定海 18.09.07:定海〜09.07石浦09.08〜09.08黒牛湾09.09〜09.09福瑶島 18.09.17:福瑶島〜09.17黒牛湾09.18〜09.18牛鼻山水道09.19〜09.19定海 18.09.20:定海〜09.20呉淞 18.10.26:上海〜対潜掃蕩〜10.27臺州列島 18.--.--:臺州列島〜11.06臺州列島 18.11.08:臺州列島〜11.08定海 18.11.12:定海〜11.12金門 18.11.13:金門〜対潜掃蕩〜11.17石浦 18.11.18:石浦〜舵故障のタ704船団「美山丸」を魚山まで護衛〜定海 18.11.21:定海〜11.21韭山列島 18.11.23:韭山列島〜対潜掃蕩〜11.24臺州列島 18.11.24:(ヒ21船団護衛)臺州列島〜11.24七口洋 18.11.26:軍隊区分:上海方面部隊電令作第66号:第六護衛隊 18.11.26:七口洋〜11.26臺州列島 18.11.28:(第222船団護衛)臺州列島〜11.29韭山列島にて護衛終了〜11.29定海 18.11.30:定海〜11.30韭山列島 18.12.01:(タ904船団護衛)韭山列島〜12.01臺州列島 18.12.06:特設砲艦「第七大源丸」より清水補給 18.12.06:臺州列島〜12.06韭山列島 18.12.07:(タ603船団護衛)韭山列島〜12.08福瑶島 18.12.10:福瑶島〜12.10黒牛湾12.11〜12.11臺州列島 18.12.12:臺州列島〜12.12定海 18.12.16:定海〜12.16韭山列島12.18〜12.18臺州列島 18.12.19:(「金門丸」護衛)臺州列島〜護衛終了〜12.20韭山列島 18.12.20:韭山列島〜12.20佛肚水道12.22〜12.22臺州列島 18.12.26:臺州列島〜タ602船団前路警戒〜12.27定海 18.12.30:定海〜12.30臺州列島 19.01.01:臺州列島〜01.02石浦01.02〜01.02佛肚水道01.03〜01.03上海 19.01.16:上海〜01.16崎嶇列島01.17〜01.17石浦01.18〜01.18臺州列島 19.01.24:臺州列島〜01.24黒牛湾 19.01.25:黒牛湾〜第130船団「摩耶丸」「第一小倉丸」衝突現場向け航行 19.01.25:1320 右5度12,000m高度3,000mに飛行機5機発見      1321 配置につく      1325 B25、5機であることを確認      1326 四十粍機銃、七粍七機銃射撃開始      1330 B25、5機が銃撃開始      1342 第6回攻撃:右舷より銃撃しながら投弾、機関部に命中      1346 総員退去下令
19.01.25:沈没 --.--.--:除籍
沈没場所:N26.22-E120.56 台北の北西200km附近 沈没原因:米B-25による空爆

同型船

 ニ~

兵装

 四十粍機銃1基、七粍七機銃1基、爆雷。

写真資料

 「鎮魂の旧大日本帝國陸海軍」(http://cb1100f.b10.coreserver.jp/collection2_f.html)

前の船へ ← 救難船兼曳船 → 次の船へ

Homeへ戻る