りすぼん丸の船歴

 年 月 日:船歴

T08.10.15:起工 T09.05.31:進水、命名:りすぼん丸 T09.07.08:竣工、登録総噸数:7,037、登録純噸数:4,341
T12.--.--:登録総噸数:7,053、登録純噸数:4,307に変更 T12.11.22:紐育〜Baltimore〜Galveston〜Cristobal〜Balboa〜San Pedro〜01.27横浜 T13.03.11:Iloilo〜Mangarin〜馬尼羅〜香港〜上海〜太沽〜大連〜神戸〜四日市〜04.15横浜 T13.06.16:紐育〜Baltimore〜Savanna〜Cristobal〜羅府〜08.09横浜 T13.10.06:馬尼羅〜香港〜基隆〜上海〜大連〜太沽〜神戸〜四日市〜10.28横浜 T13.12.29:紐育〜Baltimore〜Galveston〜Cristobal〜羅府〜神戸〜大阪〜03.18横浜
16.11.01:徴傭:陸軍 16.11.27:古仁屋〜12.24アチモナン12.30〜01.14宇品 17.01.15:宇品〜01.16青島 17.01.31:青島〜      〜02.02 馬公港外にて触雷擱坐 17.05.16:馬警機密第632番電:       陸軍徴傭船りすぼん丸は曳航中も立~搭載の排水喞筒にて連続排水を要するに付立~搭載の排水喞筒       にて連続排水を要するに付立~の内地回航期日を6月上旬迄延期のことに取計はれ度       りすぼん丸(被曳航)は5月23日以後天候の模様に依り馬公発速に九龍に回航せしむる予定 17.05.19:馬警機密第647番電:       立~はりすぼん丸より移載の喞筒及電動機の復旧工事を5月21日完了し22日の船団に加入し佐世保に       帰還せしむ 17.05.--;馬公〜06.02香港 17.06.--:太古船渠にて入渠 17.09.27:香港〜      〜10.01 0710頃 被雷(不発)〜      〜10.01 0715 被雷、航行不能〜      〜10.01 0855 総員退船発令〜      〜10.01 0907 沈没
17.10.01:沈没 17.10.02:解傭
喪失場所:N30.17-E123.13 舟山列島兄弟島東北東32km附近 喪失原因:米潜水艦Grouper(SS-214)の雷撃

同型船

 (L型)
 りま丸ん丸

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1989年9月号「日本商船隊の懐古 No.122」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.141, 179)
 「知られざる戦没船の記録(下)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.58)
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.438)
 「新造船写真史」三菱重工業株式会社 横浜造船所 S56.07(P.9)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.123)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.227)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る