立春丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M39.05.21:進水、命名:Ida M39.06.--:竣工、船主:Unione Austriaca di Nav. Soc. Anon.、船籍港:Trieste、      登録総噸数:4,783、登録純噸数:3,093      登録長:370.3呎、登録幅:49.8呎、登録深さ:19.2呎
T08.08.--:Quebecで座礁 T06.04.06:拿捕
拿捕場所:New York 拿捕原因:米国
T06.--.--:船主:U. S. Shipping Board、船籍港:New York、      船舶番号:215232、登録総噸数:4,730、登録純噸数:3,093、      運航:Emergency Fleet Corporationに変更 T09.--.--:改名:Pulaski、      船主:Polish American Navigation Corporation T11.--.--:改名:Ida T12.--.--:船主:California Steamship Company、船籍港:Panama T12.10.27:坡土蘭〜Union Bay〜12.02横浜 T13.02.01:晩香坡〜神戸〜03.09横浜 T13.05.--:定期検査
T13.05.20:改名:あいだ丸、      船主:田中汽船鑛業株式會社、船籍港:尼崎、      船舶番号:29831、登録総噸数:4,346、登録純噸数:3,212、      登録長:370.0呎、登録幅:49.7呎、登録深さ:29.7呎、      傭船主:太洋海運株式會社 T13.10.20:大連〜10.27横浜 T14.01.07:Sydney〜神戸〜02.07横浜 T14.03.08:西貢〜基隆〜神戸〜名古屋〜03.28横浜 T15.--.--:登録総噸数:4,414、登録純噸数:2,753に変更 T15.12.20:逓信省告示第25号(12.28附):電信取扱所の位置を変更       名称:あいだ丸無線電信取扱所       旧位置:田中汽船鑛業株式會社所属汽船あいだ丸       新位置:太洋海運株式會社所属汽船あいだ丸 03.--.--:定期検査 09.--.--:船主:田中汽船株式會社に変更 10.09.14:返船 11.05.05:船主:日下部汽船株式會社に変更
11.05.27:改名:立春丸 15.--.--:登録総噸数:4,440、登録純噸数:2,757に変更 15.02.07:定期検査完了 16.05.15:中間検査完了
16.11.10:徴傭:陸軍 16.11.10:宇品〜11.14基隆11.16〜11.18高雄 16.11.20:高雄〜11.24広東11.26〜11.27海口12.06〜カムラン湾 16.12.--:輸送船隊区分:第六分隊(船番号:35) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 ---- 巡洋艦「川内」が合同〜      〜12.16コタバル 16.12.16:佗美支隊揚陸開始 16.12.19:夜半 揚陸完了 16.12.20:コタバル〜12.23西貢 16.12.25:西貢〜12.29大連01.13〜02.03シンゴラ02.07〜02.19西貢 17.02.20:西貢〜02.26ミリ03.05〜03.09パマンカット03.22〜03.25クチン03.26〜03.27ラブアン03.27〜      〜03.29リンガエン04.08〜04.11セブ04.15〜04.17リンガエン04.26〜04.29高雄 17.05.12:高雄〜05.16門司 17.12.13:神戸〜12.16呉淞 18.01.01:呉淞〜01.04神戸 18.01.25:宇品〜02.26ラバウル 18.04.25:解傭
18.04.25:徴傭:船舶運營會 18.09.14:第14次海軍指定船 --.--.--:船長:古池 コ松 19.03.06:大阪〜03.08若松03.10〜03.14大連03.21〜03.26神戸 19.03.27:神戸〜03.29名古屋04.01〜04.06若松 19.04.07:若松〜04.11清津04.12〜04.12羅津04.14〜04.17伏木 19.04.28:伏木〜04.29新潟05.01〜05.03小樽 19.05.04:小樽〜05.06雄武洞05.09〜05.14清津 19.05.22:清津〜05.26雄武洞05.29〜06.02伏木 19.06.05:伏木〜06.12雄武洞06.14〜06.20舞鶴 19.06.24:舞鶴〜06.28尾道 19.06.--:日立造船株式會社向島造船所にて入渠、定期検査 19.07.15:尾道〜07.16神戸 19.07.16:陸軍配當船として運航? 19.07.17:神戸〜07.19門司 19.07.23:門司〜07.23六連 19.07.24:(ミ13船団)六連〜07.24唐津湾07.25〜07.25伊万里湾 19.07.26:(ミ13船団)伊万里湾〜      〜07.27 ---- 特設驅潜艇第三拓南丸」は故障船「ちゃいな丸」を護衛し伊万里に向け変針〜      〜07.29 0930 「松浦丸」が分離し基隆に向かう〜      〜07.30 ---- 「第十八號掃海艇」と海軍配當船第二小倉丸」が船団から分離〜      〜07.31高雄 19.08.04:(ミ13船団)高雄〜      〜08.07 2203(N14.50-E119.57.5)海防艦草垣」被雷沈没〜      〜08.07 2210 「第十八號掃海艇」が爆雷投射〜      〜08.08マニラ 19.08.13:(マサ10船団)マニラ〜      〜08.13 ---- 特設驅潜艇春日丸」が船団より離脱、護衛任務を解かれる〜      〜08.14バターン(ルカニン) 19.08.14:(マサ10船団)バターン〜      〜08.15 ---- 特設驅潜艇布引丸」、英風丸」が後落〜      〜08.16 ---- 特設驅潜艇芙蓉丸」が後落、護衛任務を解かれる〜      〜08.20カムラン湾 19.08.21:(マサ10船団)カムラン湾〜      〜08.21 0953 陸軍配當船「だあばん丸」被雷〜      〜08.21カムラン湾 19.08.25:(マサ10船団)カムラン湾〜08.26西貢 19.09.01:西貢〜聖雀 19.09.02:(サマ12船団)聖雀〜09.08マニラ 19.09.09:マニラ〜09.09キャビテ09.10〜09.10スービック09.11〜09.11マニラ 19.09.21:米第38機動部隊艦載機による空爆を受け任意擱坐
19.10.08:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N14.35-E120.55 マニラ港外 喪失原因:空爆

同型船

 Edorado Musil。

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第二十八巻(P.31)
 "State Library of New South Wales", Digital order No. a637766r
 小樽市博物館所蔵(149-28)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る