黄河丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 15.04.22:進水、命名:黄河丸 16.06.16:竣工
16.12.07:徴傭 16.12.20:入籍:内令第1701号:特設捕獲網艇、佐世保鎮守府所管
--.--.--:栃木造船所にて艤装工事 16.12.31:内令第1780号:佐世保防備隊所属 16.12.31:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 17.01.01:軍隊区分:機密佐世保防備戦隊命令作第28号:崎戸部隊第二哨戒部隊(8) 17.01.01:福岡湾〜01.02佐世保 17.01.04:佐世保〜01.04佐世保 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.01.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第31号:崎戸部隊第二哨戒部隊 17.01.16:佐世保〜港外警戒〜01.23佐世保 17.01.26:佐世保〜港外警戒〜02.01佐世保 17.02.02:佐世保〜港外警戒〜02.13佐世保 17.02.04:佐世保〜港外警戒〜 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.02.05:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第32号:崎戸部隊第二哨戒部隊 17.02.14:佐海防電令作第30号:対潜掃蕩 17.02.15:佐世保〜港外警戒〜02.21佐世保 17.02.18:機密第218番電:対潜掃蕩 17.02.23:佐世保〜港外警戒〜02.27佐世保 17.02.--:軍隊区分:第六部隊(8)第二小隊(3) 17.03.03:佐世保〜港外警戒〜03.09佐世保 17.03.11:佐世保〜港外警戒〜03.19佐世保 17.03.22:佐世保〜港外警戒〜04.05佐世保 17.04.04:佐鎮海面防備部隊電令作第34号:04.06以後女島西方海面対潜掃蕩:第二掃蕩隊 17.04.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第22号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.04.12:佐鎮海面防備部隊電令作第36号:大瀬崎及び女島を通じる290度線      大瀬崎牛島を通ずる200度線を包む矩形内掃蕩 17.04.12:佐世保〜港外警戒〜04.19佐世保 17.04.15:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第35号:崎戸部隊第二哨戒部隊 17.04.22:佐鎮海面防備部隊信電令作第2号:04.25より女島西方海面対潜掃蕩:第三掃蕩隊 17.05.--:佐世保〜05.05佐世保 17.05.09:佐世保〜      〜05.17浮流機雷1個処分〜      〜05.17佐世保 17.05.26:佐世保〜港外警戒〜06.04佐世保 17.06.08:佐世保〜港外警戒〜06.13佐世保 17.06.15:佐世保〜港外警戒〜      〜06.15小立島の72度4浬にて浮流機雷1個銃撃処分〜      〜06.23佐世保 17.07.02:佐世保〜港外警戒〜07.06佐世保 17.07.09:佐世保〜港外警戒〜      〜07.10黒島の南半浬にて浮流機雷1個銃撃処分〜      〜07.10佐世保 17.08.--:佐世保 17.09.--:佐世保 17.09.25:軍隊区分:志々伎部隊第一哨戒部隊 17.10.24:佐世保海軍工廠第六船渠にて入渠 17.10.28:出渠 17.11.--:佐世保 17.11.10:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第33号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.12.01:佐世保〜港外哨戒〜12.08佐世保 17.12.06:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第34号:海面防備部隊佐世保附近防備部隊 17.12.12:佐世保〜港外哨戒〜12.19佐世保 17.12.17:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第47号:志々伎部隊第一哨戒部隊 17.12.23:佐世保〜港外哨戒〜12.30佐世保 18.01.03:佐世保〜港外哨戒〜01.10佐世保 18.01.14:佐世保〜港外哨戒〜01.21佐世保 18.01.25:佐世保〜港外哨戒〜02.01佐世保 18.02.05:佐世保〜港外哨戒〜02.12佐世保 18.02.16:佐世保〜港外哨戒〜02.23佐世保 18.02.27:佐世保〜港外哨戒〜03.06佐世保 18.03.15:佐世保〜03.15佐世保 18.03.16:佐世保〜訓練〜03.16佐世保 18.03.17:佐世保〜港外哨戒〜      〜03.18宇久島平町砂浜の不時着機救助〜      〜03.19救援の水上偵察機到着につき処置委任〜      〜03.24佐世保 18.03.30:佐世保〜港外哨戒〜 18.04.01:佐海防電令第2号:「南進丸」「おは丸」衝突地点(N33.51-E130.15)に急行、救難に従事      〜04.02 0400 「南進丸」遭難現場着〜  18.04.05:佐海防電令第3号:「第二日正丸」と任務交代後、佐世保に帰投      〜04.07佐世保 18.04.07:軍隊区分:機密佐鎮海面防備部隊命令作第54号:護衛本隊 18.04.--:爆雷20個装備 18.04.13:佐世保〜鹿児島 18.04.17:(鹿第3船団護衛)鹿児島〜04.18名瀬04.18〜04.18古仁屋〜04.19名瀬飛島04.19〜04.20那覇 18.04.21:(沖第3船団護衛)那覇〜04.23名瀬04.23〜04.25鹿児島 18.04.30:(鹿第6船団護衛)鹿児島〜05.01名瀬05.01〜05.02那覇 18.05.05:(沖第6船団護衛)那覇〜05.06名瀬05.06〜05.07鹿児島 18.05.07:官房艦機密第2167号:掃海具搭載に伴う改造訓令:      捕獲網全部を陸揚し掃海具を搭載、      網設置台の錘滑走路、浮製滑走路の木製仕切を取外し掃海具装備台に改造、      曳航眼環を新設 18.05.07:(「葛城山丸」護衛)鹿児島〜05.07阿久根05.08〜崎戸付近にて護衛終了〜05.08佐世保 18.05.13:佐世保〜山川 18.05.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第42号:海面防備部隊護衛本隊 18.05.15:(鹿第9船団護衛)山川〜05.16名瀬05.16〜05.17那覇 18.05.20:(沖第9船団護衛)那覇〜05.21名瀬05.21〜05.22鹿児島 18.05.30:(鹿第12船団護衛)山川〜05.31名瀬05.31〜06.01那覇 18.06.04:(沖403船団護衛)那覇〜06.07佐世保 18.06.09:佐世保〜06.10鹿児島 18.06.11:(鹿210船団護衛)鹿児島〜06.13鹿児島 18.06.16:(鹿606船団護衛)鹿児島〜06.18那覇06.19〜06.21佐世保 18.06.22:特設掃海台訓令工事(06.30まで) 18.07.04:佐世保〜07.05鹿児島 18.07.07:(鹿707船団護衛)鹿児島〜07.09那覇 18.07.11:(沖101船団護衛)那覇〜07.12名瀬07.12〜07.13鹿児島 18.07.16:鹿児島〜07.16桜島沖07.17〜07.17鹿児島 18.07.19:(鹿910船団護衛)鹿児島〜07.20名瀬07.20〜07.21那覇 18.07.23:(沖301船団護衛)那覇〜07.24名瀬07.24〜07.25鹿児島 18.07.28:鹿児島〜07.28桜島沖07.29〜07.30鹿児島 18.07.31:(鹿106船団護衛)鹿児島〜08.01名瀬08.02〜08.03那覇 18.08.04:(沖404船団護衛)那覇〜08.05名瀬08.05〜08.06鹿児島 18.08.06:鹿児島〜08.07佐世保 18.08.13:佐世保〜08.14鹿児島 18.08.15:(鹿504船団護衛)鹿児島〜08.16瀬相 18.08.17:瀬相〜08.17古仁屋08.18〜08.18瀬相08.20〜08.21那覇08.27〜08.29鹿児島 18.08.31:(鹿102船団護衛)鹿児島〜09.01瀬相09.01〜09.02那覇 18.09.03:(沖304船団護衛)那覇〜09.03大島09.03〜09.05山川09.07〜09.07鹿児島 18.09.09:(鹿905船団護衛)鹿児島〜09.09知林島09.10〜09.12那覇 18.09.14:(沖402船団護衛)那覇〜09.16崎浦09.17〜09.17佐世保 18.09.21:佐世保〜09.22古仁屋09.26〜09.26名瀬09.27〜09.28鹿児島 18.09.29:(鹿902船団護衛)鹿児島〜10.01那覇 18.10.05:那覇〜10.06瀬相10.07〜10.07久慈湾10.08〜10.09片浦10.09〜10.10佐世保 18.10.12:佐世保〜10.13鹿児島 18.10.15:(鹿504船団護衛)鹿児島〜10.16名瀬10.16〜10.17那覇 18.10.20:(沖004船団護衛)那覇〜10.21名瀬10.21〜10.23佐世保 18.11.01:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第49号:海面防備部隊護衛本隊 18.11.01:軍隊区分:護衛本隊第二護衛部隊 18.11.05:官房機密第051742番電:網関係及び掃海関係を撤去、輸送任務に適するよう整備、      十三粍聯装機銃1基増備 18.11.05:佐世保〜
18.11.10:内令第2381号:第一南遣艦隊所属 18.11.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第一南遣艦隊 19.01.09:南遣信電令作第5号:第二十一魚雷艇隊メルギー進出に協力 19.03.14:第二十一魚雷艇隊基地物件搭載(03.16まで) 19.03.18:(第四百四十二號魚雷艇を曳航)タンジョンピアイ〜03.20ポートセンテンハム 19.03.21:ポートセッテンハム〜03.21デインデイング03.22〜03.22彼南 19.03.27:彼南〜03.27テルタン03.28〜03.28プーケット03.29〜03.29パラタン島03.30〜      〜03.30ビクトリアポイント03.31〜03.31ハイドークド島04.01〜      〜04.01メルギー 19.04.02:基地物件揚陸(04.03まで) 19.04.--:メルギー〜  19.04.18:(N05.02-E100.14)対潜戦闘:爆雷投下 19.04.18:ペナン港外にて磁気機雷に触し各部浸水、座州(約40日) 20.01.01:(現在)軍隊区分:南西方面艦隊西方部隊 20.01.01:(現在)昭南在泊、主機、補機修理中 20.01.01:(現在)捕獲網艇長:海軍大尉 秋竹 文八 20.01.11:離岸疎開 20.01.12:岸壁横付〜離岸疎開01.12〜 20.01.15:岸壁横付
20.02.05:戦時編制:聯合艦隊第十方面艦隊第一南遣艦隊 20.02.15:試運転 20.02.17:自差修正 20.02.19:離岸疎開、弾薬及び爆弾搭載 20.02.20:昭南〜02.21パレンバン河02.22〜02.22パレンバン 20.02.22:石炭735t搭載 20.02.23:陸軍部隊157名乗艇、荷物自動車3輌搭載 20.02.23:パレンバン〜02.25昭南商港02.26〜02.26商港中埠頭六番に着岸 20.02.26:陸軍部隊退艇 20.02.26:昭南商港〜02.26昭南軍港 20.02.26:石炭揚荷 20.03.01:石炭積荷 20.03.04:石炭積荷 20.03.05:便乗者82名乗艇 20.03.04:西方部隊信電令作第245号:昭南−聖雀間ヒ88i船団護衛 20.03.05:昭南〜03.08パタニ03.09〜03.09パタニ03.10〜03.10パタニ03.11〜 20.03.12:対潜戦闘:爆雷1個〜03.13カモ岬沖03.13〜03.13オビ島西03.14〜 20.03.14:対空戦闘〜 20.03.15:対空戦闘〜03.15聖雀 20.03.15:揚荷開始 20.03.16:揚荷終了、便乗者68名退艇 20.03.16:聖雀〜03.16西貢 20.03.16:揚荷開始、便乗者退艇 20.03.17:西方部隊電令作第249号:西貢−昭南間サシ44船団護衛 20.03.18:揚荷終了、積荷開始 20.03.22:積荷終了 20.03.22:西貢〜03.25パタニ03.25〜03.26グレートレダ03.27〜 20.03.27:対潜戦闘:爆雷10個〜03.28昭南水道15番浮標付近 20.03.29:対空戦闘〜磁気機雷が投下され航行禁止、待機 20.04.03:第十特根水路告示第15号:航行禁止解除 20.04.04:昭南水道15番浮標付近〜軍港向け航行      ジョホール水道25番浮標の315度700mにてB-29投下の磁気機雷に触雷、機械室及び後部船艙に浸水       0930:特設驅潜艇第十七日東丸」と驅潜特務艇を両舷につけて曳航開始       1136:驅潜特務艇を離し港務部第二号曳船を右舷に横付け排水開始       1345:第六号岸壁に横付、港務部曳船3隻、特別工作部ガソリンポンプ等により排水、          緊急揚荷作業開始 20.04.05: 2015:作業中止       2030:第二船渠に入渠
20.12.31:解傭 22.05.03:除籍:復二第327号

同型船

 珠江丸長江丸漢江丸、白河丸、紀進丸

兵装

(参考:開戦時の標準兵装)
 四十口径四一式八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、七粍七単装機銃1基、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷24個、
 一四式捕獲網4組、吊下式水中聴音機1基。

(最終時)
 八糎砲1門、二十五粍二聯装機銃、探照燈、探信儀、他。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和16年7月号
 "ONI 208-J Supplement No.2 (March 1945) Far-Eastern Small Craft"

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る