第十一號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.10.15:起工、仮称艦名:第2406號艦 18.12.22:命名:達第319号:「第十一號海防艦」 18.12.22:類別等級制定:内令第2776号:種別:海防艦、艦型:第一號型 18.12.22:本籍仮定:内令第2780号:舞鶴鎮守府 19.01.15:進水 19.02.10:艤装員長:海軍大尉 長橋 喜間太 19.02.13:艤装員事務所を三菱重工業株式會社神戸造船所内に設置し事務を開始 19.03.15:竣工、艤装員事務所を撤去 19.03.15:本籍:内令第442号:舞鶴鎮守府、役務:警備海防艦 19.03.15:海防艦長:海軍大尉 長橋 喜間太
19.03.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊
19.04.05:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.04.05:艦船番号:(51) 19.04.15:呉〜04.16門司 19.04.20:(ヒ59船団護衛)門司〜04.28高雄04.29〜05.02マニラ 19.05.01:海防艦長:海軍少佐 長橋 喜間太 19.05.05:(臨時船団護衛)マニラ〜船団と分離〜マミ09船団護衛〜05.09ミリ 19.05.13:(ミマ10船団護衛)ミリ〜05.19マニラ 19.05.21:マニラ〜タマ18船団護衛〜05.23マニラ 19.05.24:(マタ20船団護衛)マニラ〜船団と分離〜05.28高雄 19.05.28:(タマ20船団護衛)高雄〜05.31マニラ 19.06.03:(マタ22船団護衛)マニラ〜      〜06.05 船団から分離〜      〜ヒ65船団護衛〜      〜06.12昭南 19.06.17:(ヒ66船団護衛)昭南〜06.26門司 19.06.27:門司〜06.28呉 19.06.30:呉〜06.30門司 19.07.03:(モマ01船団護衛)門司〜07.07高雄 19.07.24:(ヒ68船団護衛)マニラ〜      〜07.26 「大鳥山丸」、陸軍徴傭船「安藝丸」、同「東山丸」被雷沈没〜      〜07.26 0500 特設運送艦聖川丸」被雷小破〜      〜07.27高雄 19.07.28:(ヒ68船団護衛)高雄〜      〜07.29 0940(N25.08-E130.47)対潜掃蕩〜      〜08.03 0800 護衛終了〜      〜08.03佐世保 19.08.04:佐世保海軍工廠にて左舷主機械直結循環喞筒修理(08.06まで) 19.08.06:佐世保〜08.06門司 19.08.08:(ヒ71船団護衛)門司〜08.08伊万里湾08.10〜08.13馬公 19.08.17:(ヒ71船団護衛)馬公〜      〜08.18 0524(N20.28-E121.04)「永洋丸」被雷小破、驅逐艦「夕凪」が護衛し分離〜      〜08.18 2225(N18.12-E120.22)航空母艦大鷹」被雷沈没〜      〜08.18 2310(N18.09-E119.56)「帝亞丸」被雷沈没〜      〜08.19 0032(N18.10-E119.55)特設運送船能代丸」被雷中破〜      〜08.19 0033(N18.03-E120.00)「阿波丸」被雷小破〜      〜08.19 0320(N17.40-E119.30)運送艦速吸」被雷沈没〜      〜08.19 0400(N18.00-E120.00)陸軍徴傭船玉津丸」被雷沈没〜      〜08.19 0510(N17.50-E119.30)特設運送船帝洋丸」被雷沈没〜      〜08.20サンタクルーズ 19.08.21:サンタクルーズ〜08.21サンフェルナンド08.21〜08.21ボリナオ08.22〜08.22サンタクルーズ 19.08.23:(「能代丸」護衛)サンタクルーズ〜      〜08.24 驅逐艦「朝風」救助〜      〜08.24マニラ 19.08.26:(ヒ71船団護衛)マニラ〜09.01昭南 19.09.06:(ヒ72船団護衛)昭南〜      〜09.11 0900 マモ03船団(「香久丸」「護國丸」「吉備津丸」)が合同〜      〜09.12 0159(N18.02-E114.35)海防艦平戸」被雷〜      〜09.12 ---- 海防艦御藏」、倉橋」が対潜掃蕩の為船団から分離〜      〜09.12 0340 海防艦「平戸」沈没〜      〜09.12 0526 特設運送船南海丸」被雷〜      〜09.12 0655(N18.25-E114.30) 驅逐艦「敷波」被雷轟沈〜      〜09.12 1430 陸軍配當船「樂洋丸」被雷、中破航行不能〜      〜09.12 1823(N19.16-E114.18) 陸軍配當船「樂洋丸」沈没〜      〜09.12 2250(N19.25-E111.54)「瑞鳳丸」被雷沈没〜      〜09.12 2254(N19.25-E112.23)陸軍配當船勝鬨丸」被雷〜      〜09.14三亞 19.09.14:三亞〜遭難者救助〜09.15楡林 19.09.16:(ヒ72船団第一分団護衛)楡林〜      〜09.20 0110(N23.20-E119.12)B-24の攻撃を受ける〜      〜09.20 0112(N23.35-E119.04)特設運送船護國丸」が直撃弾に依り舵機故障〜      〜09.20 01-- 特設運送船淺香丸」が至近弾により航行不能〜      〜09.20 0142(N29.31-E117.00)海防艦「御藏」が爆撃により航行不能〜      〜09.20馬公 19.09.21:馬公〜09.21基隆 19.09.23:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.24 1045 陸軍徴傭船吉備津丸」護衛〜      〜09.24基隆 19.09.25:(ヒ72船団護衛)基隆〜      〜09.27 0150(N29.41-E128.02)「第十號海防艦」被雷沈没〜      〜09.28 0530 船団から分離〜      〜09.28佐世保 19.09.29:佐世保海軍工廠にて整備並に小修理(09.30まで) 19.10.02:佐世保〜10.02門司 19.10.04:(モマ04船団護衛)門司〜10.06呉淞10.10〜10.10泗礁山 19.10.15:泗礁山〜10.16呉淞10.17〜10.17泗礁山 19.10.20:(モマ04船団護衛)泗礁山〜10.22サブタン水道10.23〜10.23ラポック 19.10.24:ラポック〜洋上避退〜10.24ラポック 19.10.25:(モマ04船団護衛)ラポック〜10.25リンガエン10.26〜10.26マニラ
19.10.27:軍隊区分:南西方面艦隊作戦指揮下 19.10.29:軍隊区分:機密南西方面部隊命令作第30号:第二次輸送部隊護衛部隊 19.10.29:軍隊区分:機密多號作戦第二輸送部隊命令第1号:護衛部隊 19.10.31:(多號作戦第二次輸送部隊)マニラ〜      〜10.31 0940 警戒部隊(霞、沖波、曙、潮、初春、初霜)が船団に合同〜      〜11.01 1740 一番隊(霞、沖波)、二番隊(曙、潮)が解列〜      〜11.01オルモック 19.11.02:1305 陸軍徴傭船能登丸」がB-24から至近弾を受け浸水により30分後沈没 19.11.02:オルモック〜      〜11.02 2000 一番隊、二番隊が船団に先航、前路警戒〜      〜11.02 2015 陸軍徴傭船金華丸」、海防艦占守」、三番隊(初春、初霜)が船団に合同〜      〜11.03 0030 一番隊、二番隊が反転船団に合同〜      〜11.04マニラ
19.11.04:軍隊区分:機密南西方面部隊命令作第31号:第四次輸送部隊第一護衛部隊 19.11.04:軍隊区分:機密多號作戦第四次輸送部隊命令第1号:第一護衛部隊 19.11.08:(多號作戦第四次輸送部隊)マニラ〜       〜11.09 1210 三番隊(「朝霜」「長波」)がデボン湾の偵察、敵潜及び魚雷艇の掃蕩を実施〜       〜11.09 1715 陸軍徴傭船高津丸」が被弾、香椎丸」、同「金華丸」が至近弾を受ける〜       〜11.09 1815 海防艦沖繩」の嚮導でオルモック泊地に突入〜       〜11.09オルモック 19.11.10:オルモック〜      〜11.10 1125 B-25 35機と交戦、陸軍徴傭船「高津丸」沈没、同「香椎丸」被弾火災、             本艦被弾大火災、三番隊(朝霜、長波)が警戒〜      〜11.10 1130(N10.53.2-E124.25.8)大火災となり「第十三號海防艦」が人員を収容し砲撃処分     (擱坐し沈没に至らず)  
19.11.10:放棄 19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.01.10:類別等級削除:内令第16号 20.01.10:除籍:内令第29号
喪失場所:N10.54-E124.27 マトラン湾 喪失原因:米陸軍航空隊(第13航空隊)B-25による空爆

同型艦

 第一號第三號第五號第七號第九號第十三號第十五號第十七號第十九號第二十一號第二十三號第二十五號第二十七號第二十九號第三十一號第三十三號第三十五號第三十七號第三十九號第四十一號第四十三號第四十五號第四十七號第四十九號第五十一號第五十三號第五十五號第五十七號第五十九號第六十一號第六十三號第六十五號第六十七號第六十九號第七十一號第七十三號第七十五號第七十七號第七十九號第八十一號第八十三號第八十五號第八十七號第八十九號第九十三號第九十五號第九十七號第百一號第百五號第百七號第2455號艦第百十七號第二百五號第二百七號第二百十三號第二百十五號第二百十七號第二百十九號第二百二十一號第二百二十三號第二百二十五號第二百二十七號第二百二十九號第二百三十五號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.28「海防艦」(P.5)

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る