永洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

03.10.11:起工 04.06.19:進水、命名:永洋丸 04.08.06:竣工、船主:日本タンカー株式會社、船籍港:東京、品川
05.--.--:船籍港:東京に変更 13.06.10:船主:關東タンカー株式會社に変更 14.06.--:横浜にて定期検査 15.04.--:中間検査 16.07.--:中間検査 17.12.--:中間検査
--.--.--:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 18.06.03:第1次海軍指定船 18.06.04:門司〜06.21昭南 18.06.--:原油13,280竏140搭載 18.06.21:(第698船団)昭南〜      〜06.22 0832(N047.10-E103.56)米潜水艦"Grayling"(SS-209)の攻撃を受け被雷大破、             原油6,372竏7流出〜      〜06.24聖雀 18.06.--:積荷の一部排油(3,181竏440)  18.08.08:聖雀〜08.13香港 18.08.--:原油3,726竏揚荷 18.08.31:敵機の銃爆撃を受け破損 18.09.02:敵機の銃爆撃を受け破損 18.09.03:九龍船渠に入渠修繕中 19.05.07:(シミ02船団)昭南〜      〜05.11 1545 キツロング岬仮泊〜      〜05.11 1901 仮泊地発〜      〜05.12ミリ 19.05.--:(ミマ10船団)ミリ〜05.19マニラ 19.07.26:横浜〜07.29岩国07.30〜07.31門司 19.08.02:門司〜08.02部埼08.07〜08.07門司 19.08.08:門司〜08.08伊万里 19.08.10:(ヒ71船団)伊万里湾〜08.15馬公 19.08.17:(ヒ71船団)馬公〜      〜08.18 0524(N20.28-E121.04)被雷小破、驅逐艦「夕凪」が護衛し船団から分離〜      〜08.20高雄 19.08.20:高雄在泊(10.30まで) 19.10.30:高雄〜11.07玉野 19.11.07:三井造船株式會社玉野造船所にて入渠修理(01.22まで) 20.01.--:中間検査 20.01.22:玉野〜01.23門司 20.01.26:(ヒ91船団)門司〜      〜01.28 0232(N33.55-E122.55)特設運送艦讃岐丸」被雷〜      〜01.28 0235 海防艦久米」機械室中央に被雷、火災発生〜      〜01.28 0240(N34.12-E122.41)雷撃を受けるが回避、爆雷威嚇投射2個〜      〜02.02椰榔湾02.03〜02.03クレアンダイ02.04〜      〜02.08昭南 20.02.--:原油13,000t、錫若干搭載 20.02.15:(ヒ90船団)昭南〜      〜02.19 2200 カナ泊地仮泊〜      〜02.20 0755 仮泊地発〜      〜02.20 0901(N11.22-E109.02)パダラン岬沖約1,200mにて機関部に被雷〜      〜02.20 1300頃沈没 
20.02.20:沈没 --.--.--:解傭
喪失場所:N11.55-E109.20 パダラン岬灯台北東20km附近 喪失原因:米潜水艦Guavina(SS-362)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 野砲、爆雷4個。

(20.01)
 短二十糎砲1門、二十五粍単装機銃、爆雷。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1989年4月号「日本商船隊の懐古 No. 117」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 1999年3月号「思い出の日本貨物船その31」
 「新造船写真史」三菱重工業株式会社 横浜造船所 S56.07(P.36)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.158)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.290)

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る