第三十一號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.03.03:起工、仮称艦名:第2416號艦 19.05.10:命名:達第153号:「第三十一號海防艦」 19.05.10:類別等級制定:内令第661号:種別:海防艦、艦型:第一號型 19.05.10:本籍仮定:内令第663号ノ2:横須賀鎮守府 19.06.29:艤装員事務所を日本鋼管株式會社鶴見造船所内に設置し事務を開始 19.07.04:進水 19.07.31:艤装員長:海軍少佐 久保 武 19.08.21:竣工、艤装員事務所を撤去 19.08.21:本籍:内令第987号:横須賀鎮守府、役務:警備海防艦 19.08.21:海防艦長:海軍少佐 久保 武
19.08.21:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.09.25:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.25佐伯 19.09.26:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.26佐伯 19.09.27:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.27佐伯 19.09.28:佐伯〜豊後水道水ノ子灯台附近にて対潜捕捉訓練〜09.28佐伯
19.10.13:戦時編制:聯合艦隊第三十一戦隊 19.11.03:軍隊区分:第一海上護衛隊司令官の作戦指揮下 19.11.06:(ヒ79A船団護衛)高雄〜11.13昭南 19.11.15:軍隊区分:第一海上護衛隊司令官の作戦指揮を解く 19.11.18:(シマ05船団護衛)昭南〜11.22ミリ
19.11.20:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第五艦隊第三十一戦隊 19.11.24:(シマ05船団護衛)ミリ〜      〜11.25 0540(N05.42-E113.15)陸軍徴傭船まにら丸」被雷沈没〜      〜11.29マニラ
19.12.05:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第五艦隊第三十一戦隊 20.01.21:軍隊区分:第一護衛艦隊司令長官作戦指揮下 20.01.--:(モタ32船団護衛)      〜01.23 0530(N27.03-E120.28)「大恭丸」海難(自爆)沈没〜      〜01.23牛山島01.24〜01.25基隆 20.01.26:(「吉備津丸」護衛)基隆〜      〜01.26 南日水道にて陸軍特殊船吉備津丸」はユタ15船団に加入〜      〜01.27馬公 20.01.27:馬公〜      〜01.31 0630(N11.15-E109.12)海防艦滿珠」被雷〜      〜01.31馬上関〜      〜敵潜掃蕩〜02.03昭南 20.02.04:(ヒ88D船団護衛)昭南〜      〜02.06 2300(N06.31-E106.12)海軍配當船延元丸」被雷沈没〜      〜02.07 0450(N06.56-E106.20)海軍配當船大暁丸」被雷沈没〜敵潜掃蕩〜船団から分離〜      〜02.08昭南
20.02.05:戦時編制:大海幕機密第608号ノ193:聯合艦隊第三十一戦隊 20.02.14:(ヒ88G船団護衛)昭南〜02.21聖雀02.22〜02.24バンロウ02.25〜敵潜掃蕩〜      〜02.27ツーラン 20.02.27:(ヒ88H船団護衛)ツーラン〜02.28楡林 20.03.01:(ヒ88H船団護衛)楡林〜      〜03.01 2310(N18.32-E108.16)「永昭丸」被爆沈没〜      〜03.02後水湾 20.03.03:0203 「第一彌榮丸」被爆沈没 20.03.03:(ヒ88H船団護衛)後水湾〜03.04下川島南方03.05〜03.14生日島03.15〜03.15山梁島03.16〜       〜03.17六連03.17〜03.17門司
20.03.05:戦時編制:大海幕機密第608号ノ210:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.03.--:艦隊区分:隊番号:40、艦船番号(28)  20.03.19:門司〜03.20呉 20.03.20:呉海軍工廠にて入渠諸修理工事(03.31まで) 20.04.03:軍隊区分:第一護衛艦隊電令作第1号(03.27):AS三部隊第二哨戒部隊 20.04.11:(モシ02船団護衛)門司〜      〜04.11 ---- 「第二百十三號海防艦」が船団より分離〜      〜04.11 2000 豆酸湾口を移動哨戒、船団は仮泊〜      〜04.12 0130 海防艦能美」と移動哨戒を交代〜      〜04.12 0630 豆酸湾口に於て「第三十九號海防艦」が船団に合同〜      〜04.12 1800 巨文島仮泊〜      〜04.13 0530 仮泊地発〜      〜04.13 1400 飛揚島仮泊〜      〜04.13 1930 海防艦「能美」と移動哨戒を交代
20.04.14:沈没 20.05.25:類別等級削除:内令第472号 20.05.25:除籍:内令第470号
喪失場所:N33.25-E126.15 済州島附近 喪失原因:米潜水艦Tirante(SS-420)の雷撃

同型艦

 第一號第三號第五號第七號第九號第十一號第十三號第十五號第十七號第十九號第二十一號第二十三號第二十五號第二十七號第二十九號第三十三號第三十五號第三十七號第三十九號第四十一號第四十三號第四十五號第四十七號第四十九號第五十一號第五十三號第五十五號第五十七號第五十九號第六十一號第六十三號第六十五號第六十七號第六十九號第七十一號第七十三號第七十五號第七十七號第七十九號第八十一號第八十三號第八十五號第八十七號第八十九號第九十三號第九十五號第九十七號第百一號第百五號第百七號第2455號艦第百十七號第二百五號第二百七號第二百十三號第二百十五號第二百十七號第二百十九號第二百二十一號第二百二十三號第二百二十五號第二百二十七號第二百二十九號第二百三十五號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

(19.10.21現在)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃2基、同単装機銃6基、三式八糎迫撃砲1門、
 須式七十五糎探照燈1基、
 二号電波探知機二型1基、一号電波探知機三型1基。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る