第二十一號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.09.23:官房艦機密第4879号:製造の件訓令 18.12.01:起工、仮称艦名:第2411號艦 19.03.15:命名:達第70号:「第二十一號海防艦」 19.03.15:類別等級制定:内令第437号:種別:海防艦、艦型:第一號型 19.03.15:本籍仮定:内令第445号:佐世保鎮守府 19.03.31:進水 19.06.10:艤装員長:海軍少佐 畠山 重則 19.--.--:艤装員事務所を設置し事務を開始 19.07.07:公試、機械不具合 19.07.10:公試 19.07.18:竣工、艤装員事務所を撤去 19.07.18:本籍:内令第886号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦
19.07.08:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.07.18:海防艦長:海軍少佐 畠山 重則
19.08.18:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.08.18:艦船番号:(61) 19.08.15:佐世保海軍工廠にて電波探信儀記録器装備、十二糎望遠鏡増備工事(08.21まで) 19.08.22:佐世保〜08.22門司 19.08.25:門司〜08.25六連沖 19.08.25:(ヒ73船団護衛)六連沖〜08.25有川湾08.26〜      〜08.26 1300 五島列島沖にて陸軍配當船「音羽山丸」が敵潜探知爆雷攻撃〜      〜08.28 1140(N26.33-E122.20)九七艦攻、海防艦千振」「第二十七號海防艦」が             敵潜攻撃〜      〜08.28 1713 九七艦攻一機不時着、搭乗員を救助〜      〜08.29 1600 高雄(左営沖)に仮泊〜      〜08.29 2030 高雄発〜      〜08.31 1435(N17.56-E115.21)九三中練が敵潜発見、目標弾一発、発煙弾二発投下、             本艦、海防艦「千振」を誘導し爆撃〜      〜08.31 1530 九七艦攻二機が爆撃〜      〜08.31 1540 海防艦「千振」と共に爆雷攻撃〜      〜08.31 2000 陸軍配當船「音羽山丸」が敵潜探知爆雷攻撃〜      〜09.01 0849 第二十一掃海隊(「第三十八號掃海艇」「第三十九號掃海艇」)、             海防艦屋代」、水雷艇」、同「」が護衛に就く〜      〜09.01 0900(N15.00-E116.00)マニラ行船団(「護國丸」「香久丸」「吉備津丸」「伊良湖」)             が第二十一掃海隊、海防艦「屋代」、水雷艇「鳩」、同「隼」の護衛で分離〜      〜09.01 1600(N14.18-E114.39)「第十九號海防艦」が敵潜探知爆雷攻撃〜      〜09.02 0130(N30.14-E113.08)陸軍配當船「音羽山丸」が敵潜探知発砲、爆雷攻撃〜      〜09.02 1720 九七艦攻一機着艦時に墜落、海防艦「千振」が搭乗員を救助〜      〜09.03 2023 海軍配當船東亞丸」触雷〜      〜09.06 0900 解列〜      〜09.06昭南(セレター軍港) 19.09.11:(ヒ74船団護衛)昭南〜 19.09.11:(ヒ74船団護衛)昭南〜      〜09.12 1245(N05.18-E105.06)直衛機が油紋発見、             飛行機、「第十三號海防艦」「第二十七號海防艦」が共同攻撃〜      〜09.17 0034 特設運送船あづさ丸」被雷、大火災〜      〜09.17 0035 航空母艦雲鷹」が被雷〜      〜09.17 0050 特設運送船「あづさ丸」沈没〜      〜09.17 0755(N19.08-E116.33)航空母艦「雲鷹」沈没〜      〜09.18高雄 19.09.19:(ヒ74船団護衛)高雄〜      〜09.23 1700 門司にて船団から分離〜      〜09.23大和湾 19.09.24:大和湾〜09.24佐世保 19.09.24:佐世保海軍工廠にて入渠諸修理工事(09.28まで) 19.09.28:佐世保〜09.29門司 19.10.01:(ヒ77船団護衛)門司〜10.01有川湾10.02〜      〜10.06 1315(N19.49-E118.22)陸軍配當船あかね丸」被雷沈没
19.10.06:沈没 19.10.06:海防艦長:海軍中佐 畠山 重則(戦死) 19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.01.10:類別等級削除:内令第16号 20.01.10:除籍:内令第29号
喪失場所:N19.27-E118.08 Bojeador岬の北西140マイル 喪失原因:米潜水艦Seahorse(SS-304)の雷撃

同型艦

 第一號第三號第五號第七號第九號第十一號第十三號第十五號第十七號第十九號第二十三號第二十五號第二十七號第二十九號第三十一號第三十三號第三十五號第三十七號第三十九號第四十一號第四十三號第四十五號第四十七號第四十九號第五十一號第五十三號第五十五號第五十七號第五十九號第六十一號第六十三號第六十五號第六十七號第六十九號第七十一號第七十三號第七十五號第七十七號第七十九號第八十一號第八十三號第八十五號第八十七號第八十九號第九十三號第九十五號第九十七號第百一號第百五號第百七號第2455號艦第百十七號第二百五號第二百七號第二百十三號第二百十五號第二百十七號第二百十九號第二百二十一號第二百二十三號第二百二十五號第二百二十七號第二百二十九號第二百三十五號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

(19.09.28現在)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃1基、同単装機銃2基、三式八糎迫撃砲1門、
 須式七十五糎探照燈1基、
 二号電波探知機二型1基。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る