第五十一號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.05.01:起工、仮称艦名:第2426號艦 19.06.05:命名:達第181号:「第五十一號海防艦」 19.06.05:類別等級制定:内令第738号:種別:海防艦、艦型:第一號型 19.06.05:本籍仮定:内令第734号:佐世保鎮守府 19.08.20:進水 19.08.20:艤装員長:海軍大尉 中島 汀藏 19.08.23:艤装員事務所を三菱重工業株式會社神戸造船所海軍監督官室内に設置し事務を開始 19.09.21:竣工、艤装員事務所を撤去 19.09.21:本籍:内令第1104号:佐世保鎮守府、役務:警備海防艦 19.09.21:海防艦長:海軍大尉 中島 汀藏
19.09.21:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊
19.10.29:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.10.29:艦船番号:(91) 19.10.31:佐世保〜11.01門司 19.11.01:海防艦長:海軍少佐 中島 汀藏 19.11.03:(ミ25船団護衛)門司〜11.16聖雀
19.11.15:戦時編制:海上護衛総司令部第百一戦隊 19.11.20:第五船団信令第5号:護衛艦船番号:8 19.11.20:聖雀〜ヒ80船団護衛〜      〜11.21 0235 視界不良の為、船団より分離〜      〜11.21 1155 船団に合同〜      〜11.22 0103 視界不良の為、船団より分離〜      〜11.22 0830 船団に合同〜      〜11.22 1531 陸軍徴傭船日南丸」機械故障の為、海防艦鵜來」が反転、護衛に任ず〜      〜11.22 1815 陸軍徴傭船「日南丸」故障復旧、船団に合同〜      〜11.22 1150 陸軍徴傭船「日南丸」落伍の為、海防艦「鵜來」が反転、護衛に任ず〜      〜11.22 1204 海防艦「滿珠」と護衛交代、海防艦「鵜來」が船団に合同〜      〜11.23 ---- 陸軍徴傭船「日南丸」護衛〜      〜11.24バンフォン 19.11.24:バンフォン〜      〜11.26 ヒ80船団護衛〜      〜11.28 0930 敷設艇新井埼」、特設運送船良榮丸」、陸軍徴傭船「有馬山丸」解列〜      〜12.02伊万里湾12.03〜12.03六連沖〜      〜12.03 2201 六連沖出港〜      〜12.04佐世保
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第百一戦隊 19.12.10:艦隊区分:第百一戦隊、隊番号:1 19.12.19:(ヒ85船団護衛)六連沖〜      〜12.20 1017 「せりあ丸」機械故障、海防艦「鵜來」が護衛のため船団より分離〜      〜12.20 1340 故障復旧、船団に合同〜      〜12.20 2115 海防艦對馬」、大東」合同〜      〜12.23高雄外港 19.12.24:(ヒ85船団護衛)高雄〜退避〜12.24高雄(外港) 19.12.25:(ヒ85船団護衛)高雄〜12.25左営12.25〜12.25高雄(内港) 19.12.27:(ヒ85船団護衛)高雄〜      〜12.27 1725 三番船「大楠丸」が反転高雄に向う〜      〜12.28 2300 海防艦對馬」と海軍配當船帝北丸」が船団より分離〜      〜12.29 1725 「第百一號掃海艇」が合同〜      〜01.01 1720 キノン湾仮泊〜      〜01.01 ---- 哨戒の為出港〜      〜01.02 ---- キノン湾仮泊〜      〜01.02 0700 キノン湾出港〜      〜01.03 0050 ナトラン湾仮泊〜      〜01.03 0730 ナトラン湾出港〜      〜01.04聖雀 20.01.04:1310 ヒ85船団部隊の編成を解く 20.01.04:---- キタ二〇番浮標、海軍配當船明石丸」右舷に横付け、燃料補給 20.01.05:聖雀〜01.05西貢 20.01.--:西貢〜聖雀 20.01.09:(ヒ86船団護衛)聖雀〜01.10バンフォン湾01.11〜01.11キノン湾01.12〜      〜01.12 0900(N1.50-E107.20)被爆沈没
20.01.12:沈没 20.01.12:海防艦長:海軍中佐 中島 汀藏(戦死) 20.03.10:類別等級削除:内令第209号 20.03.10:除籍:内令第228号
喪失場所:N14.15-E109.10 キノンの北方 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 第一號第三號第五號第七號第九號第十一號第十三號第十五號第十七號第十九號第二十一號第二十三號第二十五號第二十七號第二十九號第三十一號第三十三號第三十五號第三十七號第三十九號第四十一號第四十三號第四十五號第四十七號第四十九號第五十三號第五十五號第五十七號第五十九號第六十一號第六十三號第六十五號第六十七號第六十九號第七十一號第七十三號第七十五號第七十七號第七十九號第八十一號第八十三號第八十五號第八十七號第八十九號第九十三號第九十五號第九十七號第百一號第百五號第百七號第2455號艦第百十七號第二百五號第二百七號第二百十三號第二百十五號第二百十七號第二百十九號第二百二十一號第二百二十三號第二百二十五號第二百二十七號第二百二十九號第二百三十五號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

(19.12.10現在)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃2基、同単装機銃6基、三式八糎迫撃砲1門、
 須式七十五糎探照燈1基、
 二号電波探知機二型1基。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る