日南丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.12.24:起工 17.07.11:進水、命名:日南丸 17.09.30:竣工、船主:飯野海運産業株式會社、船籍港:東舞鶴
17.09.30:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 17.10.08:海第1881号:発逓信次官、宛陸軍次官       油槽船日南丸及蓮丸を陸軍配當船に供用の件       航海予定:十月一日横浜出帆パレンバン/内地間連続三航海 18.05.26:第一次海軍指定船 18.09.21:解傭 
18.09.21:徴傭:陸軍、船番号:831      〜09.22パレンバン 18.09.24:パレンバン〜09.26昭南 18.10.03:昭南〜10.11高雄 18.10.17:高雄〜10.22青島 18.10.27:青島〜12.08糸崎〜01.14上海 19.01.19:上海〜02.05パレンバン 19.02.07:パレンバン〜02.09昭南 19.02.10:昭南〜02.20マニラ 19.03.12:マニラ〜03.31バリクパパン 19.04.01:船主:飯野海運株式會社、船籍港:東京に変更 19.04.11:バリクパパン〜04.21昭南 19.04.25:昭南〜04.27パレンバン 19.04.29:パレンバン〜05.01昭南 19.05.07:(シミ02船団)昭南〜      〜05.10 2025 「第十八號掃海艇」が爆雷威嚇投射2個〜      〜05.11 1545 キツロング岬仮泊〜      〜05.11 1901 キツロング岬発〜      〜05.12ミリ 19.05.--:(ミマ10船団)ミリ〜05.19マニラ 19.05.28:マニラ〜06.10パレンバン 19.06.12:パレンバン〜06.14昭南 19.06.--:航空揮発油搭載 19.06.20:(シミ04船団)昭南〜06.24ミリ 19.06.27:(ミ06船団)ミリ〜 〜06.27 1939 「第三十八號哨戒艇」が合同、護衛開始〜      〜07.01 1140 「第十八號掃海艇」が脅威投射〜      〜07.02マニラ 19.07.13:マニラ〜07.22パレンバン 19.08.20:パレンバン〜08.23昭南 19.10.02:(ヒ76船団)昭南〜10.11三亞 19.10.--:三亞〜10.30高雄 19.10.31:高雄〜11.06昭南 19.11.17:昭南〜12.03高雄 19.11.17:(ヒ80船団護衛)昭南〜      〜11.20 1240 「第十七號海防艦」が分離し聖雀に向う〜      〜11.21 0235 視界不良の為、船団より分離〜      〜11.21 1155 船団に合同〜      〜11.22 0103 視界不良の為、八番船、海防艦滿珠」、「第五十一號海防艦」が船団より分離〜      〜11.22 0830 同船団に合同〜      〜11.22 1531 機械故障〜      〜11.22 1815 故障復旧、船団に合同〜      〜11.22 1150 落伍〜      〜11.22 ---- 護衛が海防艦鵜來」から海防艦「滿珠」に交代〜      〜11.24バンフォン 19.11.28:バンフォン〜      〜11.28 1630 キノン沖にて「第二十號掃海艇」が分離〜      〜12.03高雄 19.12.09:(タモ31船団)高雄〜12.15鋸金島沖12.16〜12.16唐津湾12.17〜12.17門司 19.12.--:門司〜大阪 20.01.19:大阪〜01.20宇品 20.01.24:(ヒ89船団)門司〜01.25鵞紅湾01.26〜01.28七洋口01.29〜      〜02.01 0550頃 濃霧の為、船団から分離脱落〜      〜02.01楡林 20.02.02:(ヒ89船団)楡林〜      〜02.03 2400 キノン仮泊〜      〜02.04 0600 仮泊地発〜      〜02.07 2000 運送艦針尾」機関故障の為、「第八號海防艦」護衛の下に解列〜      〜02.08昭南 20.02.--:航空揮発油、自動車揮発油、錫搭載 20.02.15:(ヒ90船団護衛)昭南〜      〜02.19 2200 カナ泊地仮泊〜      〜02.20 0755 仮泊地発〜      〜02.20 0900(N11.22-E109.02)パダラン灯台の直下にて「永洋丸」被雷〜      〜02.20 1920 バンフォン湾オンロン島北方泊地仮泊〜      〜02.21 0950 仮泊地発〜      〜02.21 2000 キノン仮泊〜      〜02.22 0700 仮泊地発〜      〜02.23 2340 後水湾仮泊〜      〜02.24 0300 仮泊地発〜      〜02.24 2330 大鎮山(ディープ湾)仮泊〜      〜02.25 0730 仮泊地発〜      〜02.28泗礁山 20.03.01:(ヒ90船団)泗礁山〜      〜03.03 1734 猪仇里湾仮泊〜      〜03.04 0400 仮泊地発〜      〜03.04門司 20.--.--:門司〜      〜07.25 瀬戸内海祝島附近にて空爆を受け被弾炎上〜      〜07.27 鎮火〜      〜07.28 空爆を受け被爆炎上、沈没擱坐
20.07.28:沈没 20.--.--:解傭
喪失場所:N.-E. 祝島三浦海岸沖150m 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 ぱれんばん丸、日輪丸、南榮丸、一洋丸、誠心丸、大鳥山丸。

兵装

 八糎砲。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和17年12月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1992年7月号「日本商船隊の懐古 No.156」山田早苗
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻(P.138)
 「新造船写真史」三菱重工業株式会社 横浜造船所 S56.07(P.66)
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社(P.259,491,581)

前の船へ ← 陸軍油槽船 → 次の船へ

Homeへ戻る