ぱれんばん丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.12.22:起工 17.06.14:進水、命名:ぱれんばん丸 17.08.31:竣工
17.09.07:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 18.05.01:第1次海軍指定船 18.05.25:ミリ〜      〜05.26 1515(N02.03-E109.13)被雷、機関部に損傷、航行不能〜      〜05.31 ---- 強力曳船南海丸」に曳航される〜      〜06.04昭南 19.11.20:修理完了 19.11.21:昭南〜11.23パレンバン 19.11.--:自動車用揮発油6,000搭載 19.11.30:パレンバン〜12.02昭南 19.12.12:(ヒ82船団)昭南〜12.24高雄 19.12.30:高雄〜01.04門司 20.02.07:(ヒ97船団)門司〜02.20昭南 20.02.27:(ヒ98船団)昭南〜03.03聖雀03.04〜
20.03.04:沈没 20.03.04:解傭
喪失場所:N12.52-E109.30 バレラ岬沖500km附近 喪失原因:米潜水艦Baya(SS-318)の雷撃

同型船

 日南丸、日輪丸、南榮丸、一洋丸、誠心丸、大鳥山丸。

兵装

 四十口径四一式八糎砲1門、爆雷4個。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和17年11月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1987年7月号「日本商船隊の懐古 No. 96」山田早苗

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る