第六十一號海防艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.04.01:起工、仮称艦名:第2431號艦 19.06.05:命名:達第181号:「第六十一號海防艦」 19.06.05:類別等級制定:内令第738号:種別:海防艦、艦型:第一號型 19.06.05:本籍仮定:内令第734号:舞鶴鎮守府 19.07.25:進水 19.07.25:本籍:内令第894号:舞鶴鎮守府 19.08.20:艤装員長:海軍大尉 筧 四郎 19.08.21:艤装員事務所を舞鶴海軍工廠内に設置し事務を開始 19.09.15:竣工、艤装員事務所を撤去 19.09.15:役務:内令第1084号:警備海防艦 19.09.15:海防艦長:海軍大尉 筧 四郎
19.09.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊 19.09.23:1250 佐伯六番浮標、海防艦鵜來」が横付け 19.11.15:(ミ27船団護衛)門司〜      〜11.16 1733 「第百三十四號海防艦」が敵潜掃蕩〜      〜11.17 2207 陸軍徴傭船盛祥丸」被雷、航行不能〜      〜11.17 2208 「江戸川丸」被雷、大火災〜      〜11.17 ---- 海軍配當船阿波川丸」も被雷〜      〜11.18 0116 陸軍徴傭船鎭海丸」が遭難者救助〜      〜11.18 0130 「江戸川丸」大爆発、沈没、             「第百三十四號海防艦」は「延喜丸」を護衛し泗礁山に向かう〜      〜11.18 ---- 海軍配當船逢坂山丸」沈没〜      〜11.18 0317 陸軍徴傭船「盛祥丸」被雷、沈没〜      〜11.18 ---- 陸軍徴傭船「鎭海丸」沈没〜      〜11.18 0835(N33.30-E124.45)「第百一號掃海艇」と遭難者救助開始〜      〜11.19泗礁山 19.11.20:「第百一號掃海艇」へ遭難者283名移乗
19.11.20:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊 19.11.20:艦船番号:(34) 19.11.21:泗礁山〜11.23馬公11.23〜11.23南日水道 19.11.25:(ヒ81船団護衛)南日水道〜11.25馬公 19.11.27:(ヒ81船団護衛)馬公〜      〜12.01 0955 「第九號海防艦」が敵潜らしきものを探知反転〜      〜12.01 0956 水上戦闘面舵反転〜      〜12.01 1008 取舵反転、船団に合同〜      〜12.02 1454 海防艦擇捉」が列外に出る〜      〜12.02 1504 海防艦「擇捉」が列に入る〜      〜12.03 1515 ミ二六船団加入の為、解列、聖雀に向う〜      〜12.04 0715 ミ二六船団発見〜      〜12.04 0915 ミ二六船団に合同〜      〜12.05聖雀
19.12.05:戦時編制:海上護衛総司令部第一海上護衛隊第三十一海防隊 19.12.05:海防隊編制:内令第1319号:第三十一海防隊 19.12.05:聖雀〜12.05西貢 19.12.06:糧食、清水、重油搭載 19.12.07:西貢〜12.07聖雀 19.12.08:(ミ26船団護衛)聖雀〜12.09カムラン湾
19.12.10:戦時編制:海上護衛総司令部第一護衛艦隊第三十一海防隊 19.12.10:艦隊区分:第三十一海防隊、隊番号:15 19.12.11:(ミ26船団護衛)カムラン湾〜      〜12.11 1830 ホンロン入港〜      〜12.12 0613 ホンロン出港〜      〜12.12 1315 「第八號海防艦」が爆雷攻撃〜      〜12.12 1855 クサンデイ入港〜      〜12.13 0813 クサンデイ出港〜      〜12.14 0700 舵故障、列外に出る〜      〜12.14 0955 故障復旧、列に入る〜      〜12.15楡林 19.12.16:清水搭載 19.12.18:(ミ26船団護衛)楡林〜12.23左営 19.12.23:2230 転錨 19.12.24:(ミ26船団護衛)左営〜      〜12.24 2122 対空戦闘〜      〜12.26 0246 馬祖山入港〜      〜12.26 0955 馬祖山出港〜      〜12.28 0921 泗礁山入港〜      〜12.28 1815 泗礁山出港〜      〜12.29 1000 「大修丸」が機関故障の為、上海に向う〜      〜01.01門司 20.01.02:門司〜01.03佐世保 20.01.03:佐世保海軍工廠にて船体兵器機関の修理整備(01.09まで) 20.01.29:(ヒ93船団護衛)門司〜02.02太西洋山02.02〜02.05楡林02.05〜      〜02.06 0200 「第五十三號海防艦」が合同〜      〜02.06バンフォン 20.02.07:(ヒ93船団護衛)バンフォン〜      〜02.07 1050 「東邦丸」が右舷艦首及び右舷四番タンクに被雷〜      〜02.07 1051(N11.55-E109.20)「第五十三號海防艦」被雷沈没〜      〜02.07 1055 爆雷投射18個〜      〜02.07 1056 舵取機、探信儀故障〜      〜02.07 1115 爆雷投射12個〜      〜02.07 1203 探信儀故障復旧〜      〜02.07 1301 爆雷投射〜      〜02.07 1303 探信儀故障〜      〜02.07カムラン 20.02.08:(ヒ93船団護衛)カムラン〜      〜02.09 0840 聖雀灯台の188度1900mにて触雷、機械室浸水、航行不能〜      〜02.10 聖雀沖から西貢に曳航 20.02.11:損傷部応急復旧工事(02.28まで) 20.03.--:艦隊区分:第三十一海防隊、隊番号:35 20.03.01:両舷主機械分解検査(03.12まで) 20.03.13:第一南遣部隊作戦指揮下 20.04.25:海防隊編制:内令第356号:第三十一海防隊より削る
20.04.25:戦時編制:大海幕機密第608号ノ237:海上護衛総司令部第一護衛艦隊 20.05.05:艦長:欠員 20.08.15:役務:内令第738号:第四豫備海防艦 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
22.05.03:除籍:復二第327号

同型艦

 第一號第三號第五號第七號第九號第十一號第十三號第十五號第十七號第十九號第二十一號第二十三號第二十五號第二十七號第二十九號第三十一號第三十三號第三十五號第三十七號第三十九號第四十一號第四十三號第四十五號第四十七號第四十九號第五十一號第五十三號第五十五號第五十七號第五十九號第六十三號第六十五號第六十七號第六十九號第七十一號第七十三號第七十五號第七十七號第七十九號第八十一號第八十三號第八十五號第八十七號第八十九號第九十三號第九十五號第九十七號第百一號第百五號第百七號第2455號艦第百十七號第二百五號第二百七號第二百十三號第二百十五號第二百十七號第二百十九號第二百二十一號第二百二十三號第二百二十五號第二百二十七號第二百二十九號第二百三十五號

兵装

(計画時)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、九九式軽機銃2挺、一四式拳銃13丁、九九式小銃39挺、
 九六式三米高角測距儀一型1基、九六式六十六糎測距儀1基、
 九三式二号水中聴音機小艦艇用甲1基、九三式探信儀一型1基、須式七十五糎探照燈四型改一1基、
 二号電波探知機二型改二1基、
 仮称三式投射機12基、爆雷投下軌道1條、九五式爆雷120個。

(19.10.01現在)
 四十五口径十年式十二糎高角砲2門、
 九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃2基、同単装機銃2基、三式八糎迫撃砲1門、
 須式七十五糎探照燈1基、
 二号電波探知機二型改二1基。

写真資料

 なし。

前の艦へ ← 海防艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る