能登丸の船歴

 年 月 日:船歴

08.10.02:起工 09.05.01:進水、命名:能登丸 09.10.15:竣工、登録総噸数:7,184、登録純噸数:4,304
10.--.--:登録総噸数:7,190、登録純噸数:4,319に変更
13.08.27:徴傭:陸軍 14.01.11:解傭
14.--.--:登録総噸数:7,191、登録純噸数:4,311に変更
16.12.21:徴傭:陸軍 16.12.31:宇品〜01.08虎門01.15〜01.20宇品 17.01.22:宇品〜01.27虎門01.28〜02.02九龍 17.02.07:九龍〜02.08虎門02.09〜02.11九龍 17.02.13:九龍〜02.17高雄 17.02.19:高雄〜02.20門司 17.03.01:門司〜03.04上海03.06〜03.07宇品 17.03.14:神戸〜03.18上海03.18〜03.20宇品 17.03.27:宇品〜03.28釜山03.30〜03.31宇品 17.04.01:宇品〜04.02釜山04.03〜04.04宇品 17.04.05:宇品〜04.08上海04.10〜04.13宇品 17.04.16:宇品〜04.19大連04.19〜04.20門司 17.04.30:門司〜05.05高雄 17.05.07:高雄〜05.10リンガエン05.11〜05.14西貢05.14〜05.17昭南 17.05.19:昭南〜05.23西貢05.25〜05.30高雄 17.06.01:高雄〜06.05神戸 17.07.13:宇品〜07.18高雄 17.07.20:高雄〜07.24西貢07.25〜07.31昭南 17.08.05:昭南〜08.08西貢08.10〜08.24神戸 17.08.26:門司〜09.16高雄 17.09.17:高雄〜09.26昭南 17.09.29:昭南〜 17.10.31:ラバウル〜      〜10.31 0815 米潜水艦"Grayback"(SS-208)の雷撃を受け航行不能〜      〜10.31 0825 「第二十二號掃海艇」が爆雷威嚇投射 18.05.15:聖雀〜05.19トラック 18.05.26:トラック〜06.05横浜 18.12.19:宇品〜12.28マニラ01.01〜01.08宇品 19.01.14:宇品〜01.29昭南02.16〜03.09宇品 19.03.21:門司〜03.26大連03.28〜洲本 19.04.02:洲本〜04.03横浜 19.04.06:横浜〜04.10父島 19.04.18:(東松5號船団)父島〜04.24パラオ 19.04.26:(東松5號船団)パラオ〜04.27反転〜04.28パラオ 19.04.29:(東松5號船団)パラオ〜05.05横浜 19.05.13:横浜〜05.19サイパン05.20〜05.26横浜 19.06.27:軍隊区分:伊號輸送部隊機密第270847番電:第三輸送隊 19.06.28:(伊號輸送部隊第三輸送隊)横須賀〜06.30父島 19.07.01:0340 「第百三號特設輸送艦」に揚荷終了 19.07.01:(伊號輸送部隊第三輸送隊)父島〜07.03横浜 19.07.03:軍隊区分:聯合艦隊電令作第224号:伊號輸送部隊の編成を解く 19.07.20:門司〜07.20釜山07.22〜07.22門司 19.07.23:門司〜07.24釜山07.27〜07.27門司 19.07.28:門司〜07.29釜山07.31〜07.31門司 19.08.01:門司〜08.21マニラ08.27〜09.08神戸 19.09.11:神戸〜09.13釜山09.18〜09.19神戸 19.09.30:宇品〜10.06上海 19.10.19:上海〜10.27マニラ
19.10.29:軍隊区分:機密南西方面部隊命令作第30号:第二次輸送部隊第一船団 19.10.29:軍隊区分:機密多號作戦第二輸送部隊命令第1号:第一船団 19.10.31:(多號作戦第二次輸送部隊第一船団)マニラ〜      〜10.31 0940 警戒部隊(霞、沖波、曙、潮、初春、初霜)が船団に合同〜      〜11.01 1740 一番隊(霞、沖波)、二番隊(曙、潮)が解列〜      〜11.01オルモック 19.11.01:1900 揚搭開始 19.11.02:1305 B-24から至近弾を受け浸水により30分後沈没
19.11.02:沈没 19.11.02:解傭
喪失場所:N11.01-E124.34 オルモック 喪失原因:米陸軍第13航空隊のB-24による空爆

同型船

 (N型)
 長良丸那古丸鳴門丸能代丸野島丸

兵装

 野砲、高射砲。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和9年6月号、11月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.71)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1980年3月号「日本商船隊の懐古 No.9」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.219,232)
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.84-85)
 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編
 「日本郵船株式會社五十年史」 S10.12 日本郵船株式會社(P.384)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.80)
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(口絵、P.20)
 "The World's Merchant Fleets 1939" Chatham Publishing 1999 Roger Jordan(P.255)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.79)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #: NH 111626, NH 111627
 小樽市博物館所蔵(11-14)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る