第三大源丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M41.07.27:進水、命名:Georgia M41.09.--:竣工、船主:Unione Austriaca di Navigazione (Soc. Anon.)、船籍港:Trieste、      登録総噸数:5,380、登録純噸数:3,538
--.--.--:第一次世界大戦中Cartagenaで係船 T08.--.--:船主:Unione di Navigazione Soc. Anon.、船舶番号:478に変更 T08.--.--:船主:Cosulich Soc. Triestina di Navigazioneに変更 T13.--.--:改名:Georgia C. T15.07.19:改名:八州丸、      船主:北州汽船株式會社、船籍港:兵庫縣高砂、船舶番号:31734、      登録総噸数:5,255、登録純噸数:4,042、      運航:Sato & Co.に変更 04.12.03:船主:名村汽船合資會社、船籍港:京都府府中、      傭船主:太洋海運株式會社に変更 05.05.15:改名:第三大源丸
11.02.22:徴傭:陸軍 11.--.--:関東軍隷下諸部隊入除隊兵輸送 11.03.10:解傭
16.05.15:徴傭:陸軍 16.05.15:宇品〜05.20黄埔06.01〜06.03虎門〜海口06.30〜07.01黄埔07.08〜07.09唐家07.13〜      〜07.13黄埔07.21〜07.29西貢08.10〜08.20福州08.21〜08.26汕頭09.01〜      〜09.04福州09.07〜09.11高雄09.17〜09.23黄埔09.30〜10.02壼盧島10.11〜10.14高雄 16.10.17:高雄〜10.24海防11.21〜11.29西貢12.01〜12.05聖雀12.06〜12.21三亞12.21〜12.23高雄〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:9) 16.12.31:(第一輸送船隊第三分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.20:シンゴラ〜02.04高雄 17.01.27:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第1号:第十六軍第三次輸送 17.02.05:(第三次回航船団)高雄〜      〜02.09 駆逐艦「長月」、同「水無月」が護衛に就く〜      〜02.10カムラン湾 17.02.--:カムラン湾〜02.19海防02.21〜02.23海口02.24〜02.26九龍02.27〜      〜03.07黄埔〜04.08蘭貢04.13〜04.17昭南 17.04.19:昭南〜04.20パレンバン05.06〜05.12メダン05.15〜05.17昭南 17.05.18:昭南〜05.22バタビヤ05.30〜06.05ダバオ06.10〜06.17西貢 17.06.24:西貢〜06.29昭南 17.07.01:昭南〜07.04西貢07.05〜07.16高雄〜馬公 17.07.19:馬公集合地管理官機密第32番電:      1.第二三六船団十九隻19日1500発        ぜのあ丸  JSLD(第七統制官乗船)ボーキサイト        生駒丸   JCAD 索具、皮        高砂丸   JHEP 塩、ガソリン        あらびあ丸 JEGD 患者483名        滿洲丸   JKLD 塩        國島丸        五十鈴丸  JPEN 塩、皮        海丸   JEOD 米        梅川丸   JGYN 屑鉄        紀洋丸   JWXJ 塩、重油        西山丸   JNZD 鉱石        第三大源丸 JHJC 部隊        第七萬榮丸 JOOD 米        滿光丸   JHZA パイン缶詰         以上門司行        日張丸   JNFO 米        まどらす丸 JILD 鉱石         以上横浜行        乾山丸   JQBM 砂糖         大阪行        かご丸  JCCD 患者200名         宇品行      (以下不明) 17.07.19:(第236船団)馬公〜      〜07.21 0850 佐鎮機密第32番電(第二三六船団(18隻でりい丸護衛)北上)〜      〜07.24六連 17.07.--:六連〜07.27宇品 17.12.10:若松〜12.15釜山12.15〜12.29ラバウル12.30〜01.03高雄 18.02.14:高雄〜02.24九龍02.27〜02.29黄埔03.01〜03.02九龍03.03〜03.07聖雀03.09〜03.20昭南 18.03.24:昭南〜03.26パレンバン03.28〜03.30バタビヤ 18.03.31:バタビヤ〜04.02スラバヤ04.06〜04.14パラオ 18.05.11:パラオ〜05.24昭南 18.08.10:昭南〜08.12パレンバン08.15〜08.17昭南 18.08.22:昭南〜08.24パレンバン08.25〜08.28昭南 18.09.19:昭南〜09.22ジャカルタ10.12〜10.17バリクパパン10.18〜10.25パラオ 18.11.02:パラオ〜11.10ラバウル11.19〜11.26パラオ 18.11.30:パラオ〜12.11門司 19.01.27:宇品〜02.15パラオ 19.02.23:(第20次ウエワク輸送)パラオ〜
19.02.26:沈没 19.02.26:解傭
喪失場所:S01.03-E139.00 サルミ北方100km附近 喪失原因:米潜水艦Gato(SS-212)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 「50年の航跡」 S42.08 太洋海運株式会社(P.134)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual"(P.239)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #: NH 77723
 小樽市博物館所蔵(131-6)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る