かご丸の船歴

 年 月 日:船歴

M42.03.05:起工 M42.10.28:進水、命名:かご丸 M43.01.12:竣工、登録総噸数:6,182、登録純噸数:3,832、      登録長:419.7尺、登録幅:49.5尺、登録深さ:29.9尺
M43.02.23:香港〜Tacoma T04.--.--:登録総噸数:5,848、登録純噸数:3,636、      登録長:410.0呎、登録幅:51.2呎、登録深さ:32.5呎に変更 T06.--.--:登録純噸数:3,632に変更 T09.--.--:南米線 T10.04.--:神戸にて定期検査 T11.--.--:第22回伯剌西爾移民船:02.07サントス T11.--.--:第24回伯剌西爾移民船:09.13サントス T12.--.--:登録純噸数:3,630に変更 T12.09.02:大阪〜関東大震災の救援輸送 T12.12.06:Buenos Aires〜Santos〜Rio de Janeiro〜新王倫〜Galveston〜Christobal〜桑港〜03.15横浜 T13.--.--:第35回伯剌西爾移民船:06.19サントス T13.07.11:Buenos Aires〜Santos〜Rio de Janeiro〜新王倫〜Pensacola〜Galveston〜羅府〜Christobal〜      〜10.17横浜 T13.--.--:登録純噸数:3,639に変更 T14.--.--:第44回伯剌西爾移民船:01.18サントス T14.--.--:第53回伯剌西爾移民船:08.20サントス T15.04.--:アフリカ東岸線 02.--.--:登録総噸数:5,858、登録純噸数:3,640に変更 05.--.--:大阪にて定期検査 06.--.--:神戸〜フィリピン航路 08.--.--:登録総噸数:5,863、登録純噸数:3,647に変更 08.11.--:大阪にて定期検査 10.--.--:登録総噸数:5,859、登録純噸数:3,639に変更 11.--.--:登録総噸数:5,866、登録純噸数:3,641に変更 12.--.--:大阪にて定期検査
13.--.--:徴傭:陸軍 15.--.--:第1病院船衛生員乗船 15.12.26:患者218名収容 15.12.26:黄埔〜高雄 15.12.28:患者218名揚陸 --.--.--:高雄〜黄埔 16.01.07:患者131名収容 16.01.07:黄埔〜高雄 16.01.10:患者131名揚陸
16.09.25:病院船衛生第五五班(曉第六七七八部隊)乗船 16.10.13:定期検査完了 16.10.15:宇品〜10.15門司10.15〜10.19上海 16.10.19:患者336名収容 16.10.19:上海〜10.22門司 16.10.22:患者47名、ご遺体1名揚陸 16.10.--:門司〜大阪 16.10.23:患者288名揚陸 16.10.--:病院船衛生第五五班(曉第六七七八部隊)退船
16.11.--:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)乗船 16.10.25:宇品〜10.27基隆 16.11.01:患者304名収容 16.11.01:基隆〜門司 16.11.04:患者101名揚陸 16.11.--:門司〜宇品 16.11.05:患者203名揚陸 16.11.--:宇品〜門司 16.11.06:門司〜11.08基隆〜高雄 16.11.09:高雄〜11.15海口11.15〜11.16黄埔11.17〜高雄 16.11.20:高雄〜11.20黄埔11.21〜11.22海口〜海防 16.11.27:患者60名収容 16.11.--:海防〜12.01西貢 16.12.02:患者2名揚陸 16.12.02:患者163名収容 16.12.02:西貢〜12.09高雄 16.12.09:患者219名揚陸 16.12.10:高雄〜12.11馬公〜12.19高雄 17.01.--:高雄〜黄埔 17.01.05:患者333名収容 17.01.05:黄埔〜01.08高雄 17.01.09:患者333名揚陸 17.01.09:高雄〜01.17西貢 17.01.20:患者138名収容 17.01.20:西貢〜キノン 17.01.23:患者6名収容 17.01.--:キノン〜海防 17.01.30:患者71名収容 17.01.--:患者1名を陸軍徴傭船バンドン丸」より収容 17.01.--:海防〜02.05高雄 17.02.05:患者213名揚陸 17.02.06:患者1名揚陸 17.02.06:高雄〜02.08西貢〜03.02シンゴラ03.06〜03.10西貢03.13〜03.19高雄 17.03.22:高雄〜03.28西貢03.29〜03.30昭南 17.--.--:昭南〜04.10スラバヤ〜04.13昭南 17.04.--:昭南〜04.29西貢 17.05.03:患者197名収容 17.05.03:西貢〜05.08香港 17.05.08:患者197名揚陸 17.05.09:香港〜05.17昭南 17.05.--:昭南〜05.30蘭貢05.31〜06.07昭南 17.06.--:昭南〜ポートディクソン〜昭南 17.06.21:患者181名収容 17.06.--:昭南〜06.25西貢 17.06.25:患者181名揚陸 17.06.29:患者242名収容 17.06.29:西貢〜香港 17.07.04:患者242名揚陸 17.07.09:患者119名収容 17.07.--:香港〜汕頭 17.07.10:患者38名収容 17.07.--:汕頭〜香港 17.07.12:患者38名揚陸 17.07.--:香港〜高雄〜馬公 17.07.19:(第236船団)馬公〜07.24六連〜宇品 17.07.25:患者119名揚陸 17.08.09:宇品〜08.14上海 17.08.14:患者64名収容 17.08.15:患者15名収容 17.08.15:上海〜08.19宇品 17.08.19:患者279名退船 17.08.22:宇品〜08.26大連 17.08.29:患者243名乗船 17.08.29:大連〜09.01門司 17.09.01:患者243名退船 17.09.--:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)退船
17.09.03:門司〜09.07上海09.08〜09.12宇品 17.10.08:中間検査完了
17.10.--:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)乗船 17.10.17:宇品〜10.21上海 17.10.23:患者263名収容 17.10.23:上海〜10.27宇品 17.10.27:患者263名揚陸 17.10.--:病院船衛生第五九班(曉第六七八二部隊)退船
17.11.01:宇品〜11.16昭南 17.11.18:昭南〜11.20バタビア〜11.20パレンバン〜12.03昭南 17.11.21:陸亞密第4599號:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼 17.12.04:昭南〜12.10西貢 17.12.16:西貢〜12.24香港12.25〜12.24コーシチャン〜西貢 --.--.--:西貢〜01.12香港01.12〜01.14門司
18.01.31:病院船衛生第五八班(曉第六七八一部隊)乗船 18.01.31:宇品〜01.31門司 18.01.31:門司〜02.11パラオ 18.02.--:パラオ〜02.19ココボ02.19〜02.20マニラ〜03.12パラオ 18.03.14:パラオ〜03.21ラバウル 18.03.21:ラバウル〜ココボ〜04.01マニラ 18.04.02:マニラ〜ココボ〜04.07ラバウル 18.--.--:ラバウル〜05.04マニラ 18.05.05:マニラ〜ラバウル 18.05.08:ラバウル〜05.13パラオ 18.05.16:パラオ〜05.22ラバウル 18.05.25:ラバウル〜06.05マニラ 18.06.06:マニラ〜06.10門司〜06.18宇品 18.06.18:病院船衛生第五八班(曉第六七八一部隊)退船
18.07.07:宇品〜07.11上海07.13〜07.16門司 18.07.17:門司〜07.21基隆07.23〜07.28宇品 18.07.30:宇品〜08.04基隆08.08〜08.13大阪 18.08.16:大阪〜08.21秦皇島08.22〜08.23大阪 18.09.05:宇品〜09.10秦皇島09.12〜09.15門司 18.10.10:(第105船団)門司〜海南島八所向け航行
18.10.15:沈没 18.10.15:解傭
喪失場所:N24.30-E120.30 台湾台中北西52km付近 喪失原因:米潜水艦Tulllibee(SS-284)の雷撃

同型船

 たこま丸あとる丸ぱなま丸めきこ丸かなだ丸

兵装

(17.11以前)
 三八式野砲1門。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2000年4月号「回想の日本客船その35」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.24)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1986年2月号「日本商船隊の懐古 No.79」山田早苗
 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒 (P.129)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.109)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.164)

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る