湖北丸の船歴

 年 月 日:船歴

T04.03.30:起工 T04.08.26:進水、命名:湖北丸 T04.10.15:竣工、登録総噸数:2,610、登録純噸数:1,610
T04.--.--:神戸〜打狗 T04.11.05:打狗〜基隆〜福州〜上海〜青島〜天津〜大連 T15.--.--:登録純噸数:1,603に変更 03.08.08:大阪〜基隆〜台南〜高雄 03.--.--:登録純噸数:1,594に変更 03.11.20:神戸〜フィリピン航路 06.05.21:神戸〜フィリピン航路 06.08.--:大阪〜基隆線 06.--.--:登録総噸数:2,576、登録純噸数:1,567に変更 10.06.24:神戸〜沖縄 12.06.18:鹿児島〜名瀬〜那覇 13.01.14:神戸〜沖縄 13.--.--:登録総噸数:2,573、登録純噸数:1,565に変更 15.--.--:登録総噸数:2,578、登録純噸数:1,581に変更 15.08.06:定期検査完了 16.09.--:大阪〜那覇線 16.09.--:〜09.29塘沽 16.--.--:登録純噸数:1,578に変更
16.09.29:徴傭:陸軍 16.10.15:塘沽〜10.20宇品 16.10.20:宇品〜10.21大連11.21〜11.26門司 16.--.--:病院船衛生第五班(曉第四〇三五部隊)乗船 16.12.05:門司〜12.08大連 16.12.10:患者200名収容 16.12.10:大連〜門司 16.12.13:患者39名揚陸 16.12.--:門司〜12.14大阪 16.12.15:患者160名揚陸 16.12.21:宇品〜12.23釜山12.24〜12.25宇品 16.12.29:宇品〜12.31釜山12.31〜01.01宇品 17.01.13:門司〜01.15釜山01.15〜01.16門司 17.01.17:門司〜01.19基隆01.22〜01.25上海01.27〜01.29大連01.29〜01.31宇品 17.02.12:宇品〜02.16上海02.16〜02.22宇品 17.02.23:門司〜02.26釜山02.26〜02.27門司 17.02.28:門司〜03.04南京03.06〜03.10宇品 17.03.11:宇品〜03.12上海 17.03.18:(軍隊軍需品輸送)呉淞〜      2200 特設砲艦正生丸」による護衛開始 17.03.19:0500 護衛終了〜03.21宇品 17.03.22:宇品〜03.25釜山03.26〜03.28宇品 17.03.29:宇品〜03.30釜山04.01〜04.02宇品 17.04.05:門司〜04.07釜山04.07〜04.09宇品 17.04.21:宇品〜04.25上海04.27〜04.30宇品 17.05.03:宇品〜05.04釜山05.06〜05.07宇品 --.--.--:病院船衛生第五班(曉第四〇三五部隊)退船
17.05.19:病院船衛生第二班(曉第四〇三二部隊)乗船 17.05.21:宇品〜六連 17.05.23:(第117船団)六連〜05.27馬公 17.05.29:高雄〜06.02黄埔06.02〜06.04香港 17.06.06:患者199名収容 17.06.09:香港〜06.15宇品 17.06.16:患者197名揚陸 17.06.21:門司〜06.26塘沽 17.06.29:患者200名収容 17.06.--:塘沽〜門司 17.07.--:患者25名揚陸 17.07.--:門司〜大阪 17.07.--:患者174名揚陸 17.07.--:大阪〜神戸〜宇品 17.07.11:宇品〜07.15塘沽 17.07.18:患者197名収容 17.07.--:塘沽〜門司 17.07.22:患者27名揚陸 17.07.--:門司〜大阪 17.07.--:患者169名揚陸 17.07.--:大阪〜宇品 17.07.29:宇品〜08.03上海 17.08.07:患者188名収容 17.08.--:上海〜08.10宇品 17.08.10:患者188名揚陸 17.08.15:宇品〜08.19青島 17.08.22:患者174名収容 17.08.22:青島〜08.26宇品 17.08.26:患者174名揚陸 17.08.30:門司〜09.03大連09.05〜09.08門司 17.09.09:門司〜09.11上海 17.09.14:患者197名収容 17.09.--:上海〜09.17宇品 17.09.18:患者197名揚陸 17.09.20:宇品〜09.24青島 17.09.24:患者160名収容 17.09.--:青島〜大阪 17.09.30:患者160名揚陸 17.--.--:大阪〜10.04宇品 17.10.06:宇品〜10.10大連 17.10.12:患者199名収容 17.10.12:大連〜門司 17.10.15:患者28名揚陸 17.10.--:門司〜10.16宇品 17.10.16:患者170名揚陸 17.10.18:宇品〜10.22青島 17.10.22:患者158名収容 17.10.23:青島〜10.30大阪 17.10.29:陸亞普第4185號:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼 17.10.30:患者158名揚陸 17.10.--:大阪〜10.31宇品 17.11.02:宇品〜11.06上海 17.11.08:患者191名収容 17.11.08:上海〜11.12宇品 17.11.12:患者190名揚陸 17.11.14:門司〜11.18青島 17.11.18:患者202名収容 17.11.19:青島〜11.22門司 17.11.22:患者202名揚陸 17.11.23:門司〜11.27大連 17.11.28:患者202名乗船 17.11.28:大連〜門司 17.11.--:患者37名揚陸 17.12.--:門司〜12.02宇品 17.12.--:患者165名揚陸 17.12.03:病院船衛生第二班(曉第四〇三二部隊)退船
17.12.04:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)乗船 17.12.04:宇品〜12.08青島12.09〜12.13大阪 17.12.16:大阪〜12.21上海12.22〜12.25宇品 17.12.25:病院船衛生第一四班(曉第七一四〇部隊)退船
18.01.18:中間検査完了 18.01.21:宇品〜01.24佐伯01.24〜01.25宇品 18.02.01:宇品〜02.05青島02.07〜02.10大阪 18.02.13:大阪〜02.18秦皇島02.20〜02.24宇品 18.03.07:門司〜03.03大連03.03〜03.08門司 18.03.10:門司〜03.12上海03.15〜03.18宇品 18.03.20:宇品〜04.02塘沽04.04〜04.09大阪 18.04.22:宇品〜04.26塘沽04.29〜05.03宇品 18.05.07:宇品〜05.15マニラ05.17〜05.19高雄 18.05.21:高雄〜05.24マニラ05.26〜05.28高雄 18.05.30:高雄〜06.02マニラ06.02〜06.04基隆 18.06.11:基隆〜06.17門司 18.06.23:宇品〜06.28塘沽06.30〜07.05大阪 18.07.12:大阪〜07.14釜山07.14〜07.15門司 18.07.16:門司〜07.21基隆07.22〜07.27宇品 18.08.01:宇品〜08.06基隆08.08〜08.15門司 18.08.16:門司〜08.17釜山08.17〜08.18門司 18.08.19:門司〜08.22青島08.24〜08.27宇品 18.08.31:宇品〜09.04上海09.06〜09.10宇品 18.09.17:大阪〜09.27釜山09.29〜09.30宇品
18.10.01:宇品〜10.08高雄 18.10.18:(第107船団)門司〜      〜10.23 0920 「第三十六號哨戒艇」が安平沖にて船団護衛を終了〜      〜10.24高雄 18.10.26:高雄〜10.28マニラ 18.10.29:マニラ〜11.04セブ11.20〜11.24マニラ 18.11.25:マニラ〜12.02セブ12.07〜12.12セブ12.22〜12.23マニラ 19.01.02:マニラ〜01.10ダバオ01.20〜01.21セブ01.25〜01.27マニラ 19.02.01:マニラ〜02.05セブ02.11〜02.14ダバオ02.21〜02.29セブ03.03〜      〜03.03ブルバンタン03.06〜03.09セブ03.18〜03.23ハルマヘラ03.28〜      〜03.30アンボン04.22〜04.28ハルマヘラ05.03〜05.14マニラ 19.05.28:(H27船団)マニラ〜05.31ホロ島05.31〜06.03バンカ泊地06.04〜反転〜      〜06.05バンカ泊地06.07〜06.08ハルマヘラ 19.06.15:ハルマヘラ〜06.19アンボン 19.06.24:アンボン〜      〜06.24 1720 ナムレア湾仮泊〜      〜06.25 0600 仮泊地発〜      〜06.26 0820 タリアブ島北岸にて「第十二號掃海艇」、雑役船第四天海」と分離〜      〜06.25リモ〜06.26マリカス岬北西20km〜06.26バンガイ北西端06.27〜06.27プロトア〜      〜06.27フレスコ岬06.28〜06.28ビートン 19.07.07:ビートン〜07.08テルナテ〜 19.08.14:メナド〜08.16トリトリ〜アンボン09.03〜09.16サンダカン〜09.26マニラ 19.10.03:(マタ28船団)マニラ〜10.04イバ泊地10.04〜10.04サンタクルーズ10.05〜      〜10.05サンフェルナンド 19.10.06:(マタ28船団)サンフェルナンド〜      〜10.06 1500 臨時配當船北嶺丸」被雷〜      〜10.06 1502 「第二山水丸」被雷沈没、「第二十號掃海艇」が対潜掃蕩〜      〜10.06ラポック 19.10.07:(マタ28船団)ラポック〜楡林に向け避退〜      〜10.07 0634 「第二十號掃海艇」が船団に合同〜      〜10.08 2325 被雷沈没
19.10.08:沈没 19.10.08:解傭
喪失場所:N18.31-E116.00 ルソン島ボヘアドール岬西方380km附近 喪失原因:米潜水艦Hoe(SS-258)の雷撃

同型船

 湖南丸。

兵装

 要調査

写真資料

  雑誌「船の科学」船舶技術協会 1992年4月号「日本商船隊の懐古 No.153」山田早苗
 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒 (P.372)

前の船へ ← 病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る