第四天海の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 03.09.01:進水、命名:Majang 03.12.--:竣工、船主:Koninklijke Paketvaart Maatshappij, N.V.、船籍港:Batavia、      信号符字:TDMJ
--.--.--:信号符字:PKGHに変更 17.02.15:0330 驅逐艦「白雪」が抑留、チリアン灯台の140度17分に投錨、船員は退去 17.02.19:1515(S02.07-E105.19)巡洋艦「川内」が臨検、ムントクに回航
17.02.28:拿捕
拿捕場所:S.-E. ムントク 拿捕原因:「」による
17.--.--:「二河丸」と改名 --.--.--:「第四天海」と改名 18.03.--:軍隊区分:昭南根據地部隊附属 18.07.19:横須賀捕獲審検所審検広告 18.08.12:横須賀捕獲審検所事件番号昭和十七年第一三五号判決「捕獲」 18.08.13:官房軍第913号:大東亞戦争中、和蘭國より捕獲せる汽船を雑役船に編入       命名:雑役船「第四天海」       船種:海洋觀測船(五百噸)       所属:水路部(第三気象隊供用)、定数別:臨時附属、       記事:大東亞戦争捕獲船「マージャン」(和蘭国) --.--.--:信号符字: 19.06.11:スターリング〜06.16アンボン 19.06.24:アンボン〜      〜06.24 1720 ナムレア湾仮泊〜      〜06.25 0600 仮泊地発〜      〜06.26 0820 タリアブ島北岸にて船団(「~農丸」「湖北丸」)と分離〜      〜06.26 1215「第十二號掃海艇」が護衛を止める〜      〜06.28ビートン 19.07.06:マカッサル〜07.09スラバヤ 19.11.20:マニラ〜 19.11.24:(N07.30-E117.20)B-24 1機と交戦 19.11.26:船橋に被弾
19.11.26:沈没 --.--.--:除籍
沈没場所:バラバック島湾内 沈没原因:空爆

同型船

 なし。

兵装

 要調査。

写真資料

 "Koninklijke Paketvaart-Maatschappij" De Alk bv 1991 A.J.J. Mulder (P.121)
 Arendnet Scheepvaartsite
 呉市海事歴史科学館

前の船へ ← 海洋觀測船 → 次の船へ

Homeへ戻る