めきこ丸の船歴

 年 月 日:船歴

M40.05.28:起工 M43.07.03:進水、命名:めきこ丸 M43.10.12:竣工、登録総噸数:6,063、登録純噸数:3,759、      登録長:407.9尺、登録幅:49.7尺、登録深さ:29.8尺
T元.12.20:火災事故〜      〜01.12横浜 T04.--.--:登録総噸数:5,761、登録純噸数:3,559、      登録長:400.0呎、登録幅:51.0呎、登録深さ:32.4呎に変更 T06.--.--:登録純噸数:3,555に変更 T12.--.--:登録総噸数:5,767、登録純噸数:3,557に変更 T12.11.02:Buenos Aires〜Santos〜Rio de Janeiro〜新王倫〜Galveston〜桑港〜02.15横浜 T13.06.07:Buenos Aires〜Santos〜Rio de Janeiro〜新王倫〜Galveston〜Cristbal〜桑港〜09.13横浜 02.--.--:登録総噸数:5,774、登録純噸数:3,555に変更 03.--.--:登録総噸数:5,785、登録純噸数:3,560に変更
16.10.31:徴傭:陸軍 16.10.31:三池〜11.21黄埔11.30〜カムラン湾 16.12.--:輸送船隊区分:第六分隊(船番号:33) 16.12.13:(あ号E作戦第二次上陸部隊)カムラン湾〜      〜12.15 1420 F点にて分進〜      〜12.15 ---- 巡洋艦「川内」が合同〜      〜12.16コタバル 16.12.16:佗美支隊揚陸開始 16.12.19:夜半 揚陸完了 16.12.20:コタバル〜01.03宇品 17.01.04:宇品〜01.11大連 17.01.19:大連〜02.03シンゴラ02.05〜02.18高雄 17.02.19:高雄〜02.20黄埔 17.02.21:黄埔〜02.23海口02.24〜03.11西貢 17.03.14:西貢〜03.18昭南 17.03.19:昭南〜03.20ラブアン03.22〜03.26リンガエン04.09〜04.11セブ 17.04.26:セブ〜04.29バラング05.02〜05.05オロンガポ05.08〜05.11カガヤン05.11〜05.19マニラ 17.06.10:マニラ〜06.12高雄 17.06.26:高雄〜07.01大阪 17.12.12:門司〜12.16釜山 17.12.17:釜山〜12.31ラバウル 17.12.31:ラバウル〜ココボ〜02.03高雄 18.02.04:高雄〜02.06香港02.10〜02.13黄埔 18.02.16:黄埔〜02.20香港02.20〜02.21西営02.24〜03.01香港03.02〜03.04黄埔 18.03.04:黄埔〜03.06西営03.06〜03.11香港03.12〜ガラスマオ〜04.21パラオ 18.04.25:パラオ〜04.29マニラ 18.05.07:マニラ〜05.11高雄 18.05.14:高雄〜05.19門司 18.06.21:宇品〜佐伯 18.07.04:(オ404船団)佐伯〜07.13パラオ 18.07.--:パラオ〜07.24ラバウル07.25〜08.05パラオ 18.08.18:(フ806船団)パラオ〜08.28宇品 18.08.29:宇品〜09.11パラオ 18.09.22:パラオ〜10.10ラバウル 18.10.15:ラバウル〜パラオ 18.10.26:(フ607船団)パラオ〜      〜10.27 1140(N12.02-E134.28)一般徴傭船南滿丸」被雷〜      〜11.04 ---- 深島にて「第三十一號哨戒艇」が護衛終了〜      〜11.04宇品 18.11.18:宇品〜佐伯 18.11.21:(オ107船団)佐伯〜12.01パラオ 18.12.--:パラオ〜12.24ラバウル 19.01.08:(オ805船団)ラバウル〜01.15パラオ 19.01.23:(第18次ウエワク輸送作戦)パラオ〜01.28ウエワク01.28〜01.28ホランジャ〜      〜ウエワク01.29〜02.04パラオ 19.02.18:(パタ02船団)パラオ〜      〜02.19 1200 「第三十一號哨戒艇」が護衛終了〜      〜02.26高雄 19.--.--:高雄〜03.20神戸 19.03.21:神戸〜04.20昭南 19.05.24:(ミシ02船団)ミリ〜      〜05.25 0653 「第十八號掃海艇」が脅威投射〜      〜05.26 1250 「第十八號掃海艇」が爆雷投射〜      〜05.29昭南 19.--.--:昭南〜06.09パレンバン06.14〜昭南 19.07.04:(シミ05船団)昭南〜      〜07.04 1430 「第十七號掃海艇」「第十八號海防艦」が船団に合同、護衛開始〜      〜07.08ミリ 19.07.10:(ミ08船団)ミリ〜      〜07.10 1945 前路の探信掃蕩を止め護衛艦が船団に合同、護衛開始〜      〜07.11 1345 海軍配當船武津丸」と「第十八號海防艦」が船団から分離〜   〜07.11 1830 ギマニス湾に仮泊〜      〜07.12 1015 「第十八號海防艦」入港〜      〜07.12 1300 出港〜      〜07.16 0820 水雷艇」が船団に合同、護衛開始〜      〜07.16 1400 水雷艇「鵯」が護衛を止め分離、北上〜      〜07.16マニラ 19.08.15:(H33船団)マニラ〜08.17セブ08.18〜08.21ザンボアンガ08.21〜08.24ホロ08.27〜      〜08.29 0248頃 被雷〜      〜08.29 0251 総員退船発令〜      〜08.29 0445 沈没
19.08.29:沈没 19.08.29:解傭
喪失場所:N02.15-E122.29 セレベス島北岸スマラタ北方140km附近 喪失原因:米潜水艦Jack(SS-259)の雷撃

同型船

 たこま丸あとる丸かご丸ぱなま丸かなだ丸

兵装

 野砲2門、機銃2基。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.89)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1983年6月号「日本商船隊の懐古 No.48」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.25)
 「知られざる戦没船の記録(下)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.48)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.45)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.108)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る