國島丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.03.05:起工 12.06.04:進水、命名:國島丸 12.08.30:竣工、船主:飯野汽船株式會社、船籍港:神戸
12.09.--:運航:日本郵船株式會社。カルカッタ航路
15.01.24:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、所属:横須賀鎮守府
15.01.24:船長:篠原 廣次(奏任官待遇) 15.05.13:横須賀〜南洋方面〜07.08横須賀 15.07.12:横須賀〜南洋方面〜09.06横須賀 15.09.14:横須賀〜南洋方面〜11.05横須賀 15.12.05:横須賀〜南洋方面〜01.20横須賀 16.01.24:横須賀〜南洋方面〜03.16横須賀 16.03.13:船主:飯野海運産業株式會社、船籍港:東舞鶴に変更 16.03.20:横須賀〜南洋方面〜06.16横須賀 16.06.24:横須賀〜南洋方面〜07.27横須賀 16.09.04:横須賀〜南洋方面〜11.18横須賀
16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管
16.--.--:戦時編制:横須賀鎮守府配属、特設運送船(乙) --.--.--:船長:海軍嘱託 梶川 正雄 16.12.01:崎戸〜12.05パラオ12.18〜12.18ガラスマオ12.20〜12.26横須賀 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:直卒部隊補給部隊 16.12.--:機密横鎮命令第865号:横浜、船川向け軍需品輸送 16.12.--:第一〇一海軍燃料廠軍需品2,075t、その他自動車、雑貨搭載 16.12.27:横須賀〜12.27横浜12.29〜01.01船川01.07〜01.10徳山01.14〜      〜01.22ダバオ01.22〜02.05タラカン03.03〜03.05ダバオ03.12〜03.18西貢03.25〜      〜03.30基隆03.31〜04.05大阪04.07〜04.07神戸04.08〜04.10横浜 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:直卒部隊補給部隊 17.04.10:内令第659号:呉鎮守府所管に変更 17.04.--:呉鎮守府配属 17.04.11:横浜〜横須賀 17.04.13:横須賀〜神戸〜長島〜門司〜      〜04.25基隆04.25〜05.02バリックパパン05.06〜05.07タラカン05.28〜      〜05.30サンガサンガ06.13〜06.14ロアクール06.15〜06.15サマリンダ06.16〜      〜06.18スラバヤ07.01〜07.03バリックパパン07.05〜      〜07.10マニラ07.13〜07.16高雄07.19〜07.19馬公07.19〜07.26横須賀 17.07.29:横須賀〜07.29横浜08.01〜08.02相生 17.08.02:株式會社播磨造船所にて入渠、兵装工事開始 17.08.11:兵装工事完了 17.08.18:砲員4名配乗 17.08.18:相生〜08.19門司08.19〜08.21鎮南浦08.24〜 17.08.24:(N25.23-E132.09)基隆沖にて爆雷攻撃(1発投下)      〜09.01馬公09.07〜09.08高雄09.11〜09.16ポートクーペー09.21〜09.24基隆09.25〜      〜10.01名古屋10.02〜10.03東京10.05〜10.05横浜 17.10.10:横浜〜10.11神戸10.16〜10.20基隆10.22〜10.26マニラ10.29〜      〜12.01タラカン11.11〜11.12バリックパパン11.22〜11.22サンガサンガ 17.11.--:空ドラム667t搭載 17.12.02:サンガサンガ〜12.02サマリンダ 17.12.--:建築資材45t揚陸、空ドラム45t搭載 17.12.05:サマリンダ〜12.05ロアクール 17.12.--:石炭1,100t搭載 17.12.08:ロアクール〜12.09バリックパパン 17.12.--:石炭、空ドラム1,283t揚陸、人員68名退船 17.12.--:屑鉄、ゴム他5,389t搭載 17.12.18:バリックパパン〜12.22マニラ 17.12.--:木材220t搭載、人員5名乗船、清水200t補給 17.12.25:マニラ〜12.28高雄 17.12.--:人員1名退船 17.12.29:高雄〜12.29馬公 17.12.--:船団加入 17.12.30:馬公〜01.03門司 18.01.03:人員72名退船 18.01.03:門司〜01.03八幡 18.01.--:屑鉄1,389t、郵便物39個揚陸、燃料炭402t、清水200t搭載 18.01.09:八幡〜01.11大阪 18.01.--:ゴムテックス外3,804t揚陸、清水222t搭載 18.01.15:大阪〜01.16呉 18.01.--:兵器外416t揚陸 、糧食、兵器外4,000m3搭載、人員96名乗船 18.01.20:呉〜01.29トラック 18.01.--:防御網、糧食その他3,312m3揚陸、人員118名退船 18.01.--:軍需品46m3搭載、人員61名乗船 18.02.07:トラック〜02.10カビエン02.10〜02.11ラバウル 18.02.--:糧食、防御網その他700m3揚陸、人員96名退船 18.03.--:便乗者120名乗船、清水300t、石炭300t補給 18.03.14:ラバウル〜03.21パラオ 18.03.--:便乗者1名退船、39名乗船 18.03.24:パラオ〜03.24アンガウル 18.03.--:燐鉱石4,578t搭載 18.03.26:アンガウル〜04.03門司 18.04.--:便乗者158名退船、清水100t、石炭100t補給 18.04.03:門司〜04.05興南 18.04.--:燐鉱石4,578t揚陸、清水100t補給 18.04.07:興南〜04.08若松 18.04.--:石炭5,497t搭載 18.04.12:若松〜04.13呉 18.04.--:石炭5,497t揚陸 18.04.16:呉〜04.17若松 18.04.--:石炭5,443t搭載、石炭100t補給 18.04.19:若松〜04.20呉 18.04.--:石炭5,443t揚陸 18.04.23:呉〜04.23若松 18.04.--:石炭5,500t搭載 18.04.26:若松〜04.27呉 18.04.--:石炭5,500t揚陸 18.05.--:飛行機、爆弾、解体油槽外4,488t搭載 18.05.05:呉〜05.06門司 18.05.--:石炭補給700t 18.05.08:門司〜05.13高雄 18.05.--:船団加入 18.05.17:高雄〜05.20マニラ 18.05.--:船団加入 18.05.23:マニラ〜      〜05.27ザンボアンガ05.27〜05.29メナド06.01〜06.03ケンダリー06.05〜      〜06.07マカッサル06.12〜06.15アンボン06.20〜06.21テルナテ06.24〜      〜06.25メナド06.28〜06.30タラカン07.17〜07.17ブラオ07.20〜      〜07.20タラカン07.22〜07.24ダバオ07.29〜07.30ザンボアンガ07.30〜      〜08.01タバコ 18.08.--:麻約1,500m3搭載 18.08.07:タバコ〜      〜08.10(N22.10-E121.21)潜水艦より雷撃を受けるが被害なし〜      〜08.10高雄 18.08.12:高雄〜08.12馬公08.13〜08.18六連08.18〜08.20神戸 18.08.--:麻外約4,000m3揚陸 18.08.23:神戸〜08.24呉 18.08.--:修理 18.08.--:兵器、弾薬、被服、鉄板外約5,000m3搭載 18.09.16:呉〜09.17神戸 18.09.--:民需約300m3搭載 18.09.18:神戸〜09.19門司09.21〜09.26馬公09.28〜10.02三聖10.03〜      〜10.05昭南10.10〜10.13スラバヤ 18.10.--:兵器、糧食外1,110t搭載、人員460名乗船 18.10.26:スラバヤ〜10.28バリックパパン 18.10.--:人員350名揚陸、需品外3125,000m3搭載、人員559名乗船 18.11.09:バリックパパン〜11.11マカッサル 18.11.--:タンク材料、兵器外893t、需品43m3揚陸、人員22名退船 18.11.--:セメント外471t、油1,402m3搭載、人員20名乗船 18.11.19:マカッサル〜11.20ケンダリー 18.11.--:麻外6m3揚陸、セメント外332t、油872本搭載、人員30名乗船 18.11.26:ケンダリー〜11.27アンボン 18.11.--:油530本外交易物資揚陸、人員557名退船 18.12.12:アンボン〜12.15ポマラ12.25〜12.26マカッサル01.07〜01.09バリックパパン01.10〜      〜01.15昭南01.19〜01.30高雄02.06〜02.11呉 19.02.11:呉〜02.11新居浜02.15〜02.16若松02.17〜02.18徳山 19.02.18:船長:海軍嘱託 新荘 忠太郎 19.02.--:航空揮発油12,500t、ドラム罐搭載 19.02.20:徳山〜02.21神戸 19.02.22:(第8222船団)神戸〜      〜02.24 1015(N34.11-E136.48 神ノ島に座礁、自力離礁の見込なし
19.02.24:沈没 19.03.31:除籍:内令第508号 19.03.31:解傭
喪失場所:N34.12-E136.49 三重県大王崎南西15km付近 喪失原因:濃霧により座礁

同型船

 なし。

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年7月号、昭和12年9月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1981年9月号「日本商船隊の懐古 No.27」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2015年6月号「思い出の日本貨物船その226」
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.143)
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻 (P.131)
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社 (P.70, 253)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る