佐渡丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.10.15:起工、優秀船舶建造助成施設第二種船第116号 14.04.08:進水、命名:佐渡丸 14.06.30:竣工
14.06.30:船長:広瀬 専一 14.07.27:(第1次号)神戸〜東航欧州線 15.01.11:(第2次号)神戸〜紐育 15.06.--:中間検査 15.07.10:(第3次号)神戸〜紐育
16.02.08:徴傭:陸軍 16.07.12:中間検査完了 16.10.26:宇品〜10.27上海 16.10.31:上海〜11.02海口11.16〜11.17三亞11.18〜11.19海口11.20〜11.22三亞
16.11.28:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:10) 16.12.02:三亞〜出動、航行及び泊地進入訓練〜12.03三亞 16.12.04:(あ号E作戦第一次)三亞〜      〜12.04 0800 「第七號驅潜艇」が機関不良の為、三亞に引返す〜      〜12.05 0200 驅逐艦「浦波」が諾汽船"Salldor"を臨検〜      〜12.05 1500 「第一號掃海艇」「第五號掃海艇」「第六號掃海艇」が合同〜      〜12.06 0700 「第二號掃海艇」「第三號掃海艇」「第四號掃海艇」「第九號驅潜艇」             陸軍徴傭船淺香山丸」、關西丸」が合同〜      〜12.06 1930 第十九驅逐隊(磯波、浦波、綾波、敷波)が合同〜      〜12.07 1030 G点着、各隊毎に上陸点に分進〜      〜12.08シンゴラ 16.12.08:0300 第五師団主力奇襲上陸成功
16.12.09:シンゴラ〜三亞〜12.19虎門12.20〜萬山泊地 17.01.08:萬山泊地〜01.10カムラン 17.01.11:輸送船隊区分:第一分隊(船番号:3) 17.01.12:カムラン〜湾内にて泊地進入、揚陸訓練〜01.13カムラン 17.01.16:馬來部隊信令作第46号:S作戦延期 17.01.20:馬來部隊信電令作第8号:S作戦中止 17.01.20:カムラン〜01.22シンゴラ
17.02.01:輸送船隊区分:第二分隊(船番号:8) 17.02.09:(あ号L作戦先遣隊)カムラン〜      〜02.09 1920 ホンカット灯台の58度7分にて驅逐艦「吹雪」が敵潜を探知攻撃〜      〜02.10 1005 陸軍徴傭船あらすか丸」が機関故障し列外に出る〜      〜02.10 1130 陸軍徴傭船「あらすか丸」が機関復旧し列に入る〜      〜02.12 1200(N04.45-E107.10)第一掃海隊、「第七號驅潜艇」「第八號驅潜艇」が合同             第十一驅逐隊、驅逐艦「朝霧」が燃料補給の為、分離〜      〜02.12 1720(N04.00-E106.56)巡洋艦「由良」が合同〜      〜02.12 2000 巡洋艦「川内」、同「由良」が分離〜      〜02.14 1020(S00.15-E105.10)巡洋艦「川内」及び驅逐艦「初雪」、同「白雪」が合同〜      〜02.14 1115 サマ島南東10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14 1245 サマ島南10'附近海面にて「第五號掃海艇」が浮流機雷1個処分〜      〜02.14ムントク 17.02.15:0100 ムントク泊地に入泊      0220 第三十八師団先遣隊上陸成功 17.02.15:ムントク〜      〜02.15 1600 陸軍徴傭船但馬丸」被爆、炎上、同船はムントクに引返す〜      〜02.15ムーシ河口 17.02.--:ムーシ河口〜パレンバン〜02.18ムントク 17.02.26:ムントク〜03.02昭南 17.03.03:昭南〜03.05シンゴラ〜聖雀〜03.19リンガエン03.20〜03.22高雄 17.03.26:高雄〜04.30宇品 17.04.--:中間検査 17.05.07:門司〜05.15パラオ 17.05.16:パラオ〜06.01ダバオ〜マニラ 17.07.02:マニラ〜07.06馬公〜07.09宇品 17.07.31:神戸〜08.01釜山08.03〜08.03宇品 17.08.06:門司〜08.13パラオ 17.08.16:パラオ〜08.20トラック 17.08.24:トラック〜08.27ラバウル 17.08.28:ラバウル〜ショートランド〜 17.08.31:ガダルカナル島に川口支隊を揚陸      〜ロング島〜      〜09.07ラバウル 17.09.--:ラバウル〜09.09パラオ 17.09.09:パラオ〜ショートランド〜09.18ラバウル 17.09.20:ラバウル〜ダバオ〜09.28マニラ 17.09.29:マニラ〜10.01ダバオ10.01〜10.09ラバウル
17.10.08:輸送船隊区分:機密外南洋部隊護衛隊命令作第1号:第二分隊(船番号:3) 17.10.12:(カ號作戦)ラバウル〜      〜10.13 0945 ブカ島北方にて主隊に合同〜      〜10.14 0400 A点(S06.36-E158.20)に於いて乙護衛隊、驅逐艦「村雨」、第一分隊に合同〜      〜10.14 ---- サボ島西側より驅逐艦「夕立」、同「春雨」が先行〜      〜10.14 2200 ガダルカナル島タサファロング泊地に入泊 17.10.14:2200 揚陸開始  17.10.15:0705 特設運送船南海丸」揚搭終了      0845 陸軍徴傭船笹子丸」が後部船艙に爆弾1発被弾炎上      0930 驅逐艦「有明」護衛の下、特設運送船「南海丸」が帰還の途に就く      0945 特設運送船吾妻山丸」被爆炎上、         一時抜錨、泊地附近を航行、空襲回避      1120 泊地に戻る、陸軍徴傭船九州丸」被爆擱坐 17.10.15:タサファロング泊地〜      〜10.15 1500 反転、タサファロング泊地に向かい南下〜      〜10.15 1545 反転、ショートランドに向かう〜      〜10.16ショートランド
17.10.--:ショートランド〜10.18ラバウル 17.10.25:ラバウル〜10.26ショートランド 17.11.10:機密増援部隊命令作第1号:第一分隊(3) 17.11.12:(ガダルカナル島第二次強行輸送船団)ショートランド〜      〜11.13 0300 地点「ケネノ15」にて反転〜      〜11.13ショートランド 17.11.13:(ガダルカナル島第二次強行輸送船団)ショートランド〜      〜11.14 (S08.25-E158.45)サンタイサベル島ダタリ南西50km附近にて米海兵隊及び海軍機の          空爆により損傷〜      〜11.15ショートランド
17.11.18:沈没 17.11.18:解傭
喪失場所:ブーゲンビル島ショートランド 喪失原因:米B-17及びP-38の空爆

同型船

 (S型)崎戸丸讃岐丸佐倉丸相模丸相良丸笹子丸

兵装

 八八式七糎野戦高射砲6門、九八式高射機関砲8門。
 (注:「日本郵船戦時戦史」では高射砲8門、高射機関砲8門になっております。)

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年10月号「日本商船隊の懐古 No.135」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 2000年8月号「思い出の日本貨物船その48」
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.244)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.142)
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H07.08 戦没船を記録する会(P.50)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.96)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.180)
 Australian War Memorial, ID No.303874
 Collection of Mr. Ron Wolford

前の船へ ← 防空船 → 次の船へ

Homeへ戻る