佐倉丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.08.05:起工、優秀船舶建造助成施設第二種船第115号 14.12.13:進水、命名:佐倉丸 15.03.30:竣工
15.05.03:(第1次号)神戸〜紐育
16.01.21:徴傭:陸軍 16.06.05:解傭
16.07.12:徴傭:陸軍 16.08.18:中間検査完了 16.10.04:門司〜10.08虎門10.15〜10.17門司 16.10.18:門司〜10.21広東11.20〜11.23海口11.24〜三亞
16.11.28:輸送船隊区分:第四分隊(船番号:19) 16.12.02:三亞〜出動、航行及び泊地進入訓練〜12.03三亞 16.12.04:(あ号E作戦第一次)三亞〜      〜12.04 0800 「第七號驅潜艇」が機関不良の為、三亞に引返す〜      〜12.05 0200 驅逐艦「浦波」が諾汽船"Salldor"を臨検〜      〜12.05 1500 「第一號掃海艇」「第五號掃海艇」「第六號掃海艇」が合同〜      〜12.06 0700 「第二號掃海艇」「第三號掃海艇」「第四號掃海艇」「第九號驅潜艇」             陸軍徴傭船淺香山丸」、關西丸」が合同〜      〜12.06 1930 第十九驅逐隊(磯波、浦波、綾波、敷波)が合同〜      〜12.07 1030 G点着、各隊毎に上陸点に分進〜      〜12.07 1630 驅逐艦「浦波」が諾汽船"Hafthor"を臨検、自沈手段を講じ乗員を退出させる〜      〜12.07コタバル 16.12.08:0215 佗美支隊上陸開始 0330-0430 対空戦闘      0500-0530 対空戦闘      0525 陸軍輸送船淡路山丸」に爆弾命中、火災発生、「第九號驅潜艇」が救助に当たる〜      0600-0630 対空戦闘      ---- 爆弾2発命中、一番倉庫浸水、五番倉庫左舷側径7呎破孔 16.12.08:0630 驅逐艦「浦波」、同「敷波」嚮導の下にパタニに向う      1200頃 パタニ冲着      1247 敵機来襲      1800 コタバルに向かう 16.12.09:0130 コタバル着      0200頃 パタニ方向へ30浬避退      0720 再度泊地進入      0740 揚陸開始      0900 馬來部隊第一兵力部署(乙)に転換発令           0948 第一回揚陸完了 16.12.09:コタバル〜12.10シンゴラ 16.12.10:シンゴラ〜虎門 16.12.--:応急修理〜大阪 16.12.--:大阪鐵工所櫻島工場に入渠〜01.03宇品 17.01.04:宇品〜01.25高雄
17.01.27:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第1号:第十六軍第四次輸送 17.02.06:(第四次回航船団)高雄〜      〜02.09 駆逐艦「旗風」が護衛に就く〜      〜02.10カムラン湾 17.02.01:軍隊区分:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第2号:第三嚮導隊第三船隊第四分隊(船番号:11) 17.02.18:(西部ジャワ攻略作戦:第三船隊第四分隊)カムラン湾〜      〜02.20 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 0800 巡洋艦「由良」、第十一驅逐隊、第十二驅逐隊、第一掃海隊が合同〜      〜02.21 1000 驅逐艦「皐月」、同「長月」、同「朝風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 1700 水雷艇千鳥」が合同〜      〜02.21 2100 運送艦鶴見」が合同〜      〜02.21 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が合同〜      〜02.22 1200 ス作戦、ヤ作戦の上陸開始期日を1日延期〜      〜02.22 1400 第三護衛隊はアナンバス南東海面にて1日行程反転〜      〜02.23 1400 再度反転、南下開始〜      〜02.25 0920 驅逐艦「吹雪」、同「春風」が列に入る〜      〜02.26 1900 驅逐艦「水無月」、「第五號掃海艇」が列を解き第三嚮導隊に合同〜      〜02.27 0500 第三嚮導隊が分離〜      〜02.27 1030(S04.25-E106.40)輸送船隊反転〜      〜02.27 1048 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊は敵方に進出攻撃に向かう〜      〜02.27 1515 上陸日を更に1日繰り下げられる〜      〜02.28 0120 驅逐艦「松風」が分離〜      〜02.28 0415 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊が合同〜      〜02.28 2020 第二嚮導隊が分離〜      〜02.28 2100 泊地進入〜      〜02.28 2300 驅逐艦「春風」が蘭監視艇を発見、驅逐艦「初雪」と協力、砲撃破壊、擱坐させる〜      〜02.28 2315 バンタム湾入泊 17.03.01:0030 上陸成功
17.03.01:沈没 17.03.01:解傭
喪失場所:バンタム湾口西側カリ島北北東1.8km附近 喪失原因:巡洋艦「最上」の雷撃(バタビア沖海戦)

同型船

 (S型)崎戸丸讃岐丸佐渡丸相模丸相良丸笹子丸

兵装

 八八式七糎野戦高射砲6門、九八式高射機関砲8門。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和15年5月号
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年11月号「日本商船隊の懐古 No.136」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本郵船船舶100年史」(P.266)
 雑誌「丸エキストラ戦史と旅」26 潮書房
 「日本陸軍の航空母艦」大日本絵画 H23.06 奥本剛(P.54)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.96)
 「日本郵船戦時戦史上巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.36)

前の船へ ← 防空船 → 次の船へ

Homeへ戻る