第八京丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.11.16:起工 13.02.16:進水、命名:第八京丸 13.08.19:竣工
13.10.11:(第1回南氷洋捕鯨)神戸〜11.07フリーマントル〜 13.11.16:操業開始〜11.25フリーマントル〜 13.03.18:操業終了〜03.28フリーマントル〜04.20神戸 14.--.--:本州南方の海流観測 14.10.29:(第2回南氷洋捕鯨)神戸〜12.10フリーマントル〜03.28フリーマントル〜04.07フリーマントル〜 15.--.--:本州南方の海流観測 15.10.10:(第3回南氷洋捕鯨)神戸〜03.29神戸 16.04.18:汽船捕鯨業許可       許可番号:第一三三號       名義:鮎川捕鯨株式會社       操業区域:       一、宮城縣瓦理郡新濱より岩手縣下閉伊郡宮古に至る間の沖合       二、東経百四十五度より東経百五十度、北緯四十二度より北緯四十八度に至る間に於ける         千島國択捉島の沖合       三、和歌山縣日高郡比井崎より三重縣志摩郡大王崎に至る間の沖合       許可期間:昭和16年04月01日より昭和16年09月30日       条件又は制限        根據地:鮎川捕鯨株式會社鮎川、藁取、大島事業場        鯨漁時期:自昭和16年04月01日 至昭和16年09月30日 16.04.24:汽船捕鯨業許可証書換       操業区域:         宮城縣瓦理郡新濱より青森縣尻矢岬に至る間の沖合を追加       条件又は制限        根據地:鮎川捕鯨株式會社釜石事業場を追加
16.08.31:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設驅潜艇、横須賀鎮守府所管
16.09.20:驅潜艇長:海軍豫備中尉 伊藤 義策 16.10.12:東海造船株式會社にて艤装工事開始 16.10.15:特設驅潜隊編制:内令第1251号:第六十驅潜隊 16.10.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第五根據地隊第六十驅潜隊 16.10.23:艤装工事完了 16.11.16:横須賀〜11.30母島 16.11.20:軍隊区分:機密南洋部隊命令作第1号:「ガ」攻略部隊 16.11.21:軍隊区分:機密G攻略部隊命令作第1号:第二哨戒部隊 16.12.04:母島〜12.09グアム 16.12.13:軍隊区分:南洋部隊電令作第18号:「ガ」攻略部隊の編成を解く 16.12.25:略称制定:第602号驅潜艇 17.01.14:サイパン〜01.15大宮島01.20〜01.20サイパン 17.02.17:大宮島〜02.18サイパン 17.03.05:サイパン〜03.06大宮島03.24〜03.25サイパン 17.03.16:驅潜艇長:海軍豫備大尉 伊藤 義策 17.04.06:サイパン〜04.09トラック 17.05.14:トラック〜 17.05.16:拿捕船 "Robert L. Barnes" を護衛開始〜05.17サイパン 17.06.12:サイパン〜06.13大宮島06.19〜06.20サイパン 17.07.19:サイパン〜護衛〜07.27サイパン 17.08.17:軍隊区分:機密麻利亞那方面防備部隊命令作第2号:海面防備部隊 17.10.31:サイパン〜10.31ロタ11.02〜11.02サイパン 17.11.05:サイパン〜11.07モーグ11.08〜機帆船団護衛〜11.11サイパン 17.11.24:サイパン〜対潜索敵〜11.26サイパン 17.12.22:サイパン〜12.23大宮島12.25〜12.25ロタ12.26〜12.27サイパン 18.01.05:サイパン〜Q船団護衛〜01.07サイパン 18.01.10:サイパン〜特設運送船會昌丸」護衛〜01.11サイパン 18.01.24:サイパン〜「榮福丸」捜索〜01.26サイパン 18.01.26:サイパン〜「榮福丸」曳航〜01.26サイパン 18.01.26:サイパン〜「松安丸」護衛〜大宮島〜02.09サイパン 18.02.09:サイパン〜特設運送船那岐山丸」警戒〜02.16サイパン 18.02.16:サイパン〜02.19サイパン 18.02.26:サイパン〜特設運送船新國丸」捜索〜03.01サイパン 18.03.04:サイパン〜大宮島〜03.17サイパン 18.03.19:サイパン〜03.19大宮島 18.03.22:サイパン〜03.22ロタ03.22〜03.23サイパン 18.03.23:サイパン〜特設運送船乾陽丸」救援〜03.26サイパン 18.03.26:サイパン〜対潜掃蕩〜03.29サイパン 18.03.31:サイパン〜特設運送船第二東洋丸」護衛〜04.03サイパン 18.04.04:(「秋葉山丸」護衛)サイパン〜04.04テニアン04.04〜04.04サイパン 18.04.04:サイパン〜特設運送船第二南海丸」護衛〜04.07サイパン 18.04.09:サイパン〜特設運送船海平丸」護衛〜04.09サイパン 18.04.14:サイパン〜対潜掃蕩〜04.23サイパン 18.04.24:サイパン〜「サイパン丸」護衛〜04.25サイパン 18.04.27:サイパン〜対潜掃蕩〜05.02サイパン 18.05.03:サイパン〜特設運送船東京丸」対潜哨戒〜05.04サイパン 18.05.09:サイパン〜特設病院船氷川丸」護衛〜05.09サイパン 18.05.10:サイパン〜特設運送船畿内丸」救難作業〜05.12サイパン 18.05.21:サイパン〜特設運送船秋葉山丸」護衛〜サイパン 18.05.26:サイパン〜特設運送船臺東丸」護衛〜05.30サイパン 18.06.14:サイパン〜06.14ロタ06.19〜06.20サイパン 18.06.20:サイパン〜第3613B船団護衛〜06.23サイパン 18.06.24:サイパン〜特設航空機運搬艦最上川丸」護衛〜06.25サイパン 18.06.28:サイパン〜特設砲艦昭徳丸」救難〜07.01サイパン 18.07.01:驅潜艇長:海軍大尉 伊藤 義策 18.07.03:サイパン〜「泰安丸」及び特設運送船長興丸」護衛〜07.05サイパン 18.07.11:サイパン〜特設航空機運搬艦「最上川丸」護衛〜07.14サイパン 18.07.17:サイパン〜第4713船団護衛〜07.20サイパン 18.07.27:サイパン〜特設運送船乾丸」護衛〜07.27サイパン 18.07.30:サイパン〜特設運送船日吉丸」護衛〜08.02サイパン 18.08.05:サイパン〜不時着機救難〜08.06サイパン 18.08.09:サイパン〜第3726船団護衛〜08.13サイパン 18.08.15:サイパン〜運貨筒作業〜08.15サイパン 18.08.16:サイパン〜特設運送艦山東丸」護衛〜08.19サイパン 18.08.22:サイパン〜第3812船団護衛〜08.26サイパン 18.08.27:サイパン〜対潜掃蕩〜08.31サイパン 18.09.04:(「泰安丸」護衛)サイパン〜09.08トラック 18.09.--:入渠、修理(11.17まで) 18.11.18:(「松丹丸」護衛)トラック〜11.22サイパン 18.11.28:(「松丹丸」護衛)サイパン〜12.01護衛終了、第312船団捜索〜12.05サイパン 18.12.11:(「大阪丸」護衛)サイパン〜12.12ロタ12.14〜12.15サイパン 18.12.16:サイパン〜岩砕船曳航の特設掃海艇第二文丸」を護衛〜12.19サイパン 18.12.26:サイパン〜「~丸」護衛〜12.30サイパン 19.01.09:サイパン〜特設運送船壽山丸」護衛〜01.11サイパン 19.01.13:サイパン〜甲漁船隊その他護衛〜01.17サイパン 19.01.18:サイパン〜港外碇泊の巡洋艦「長良」、驅逐艦「長波」の対潜哨戒〜01.18サイパン 19.01.19:サイパン〜港外碇泊の巡洋艦「五十鈴」の対潜哨戒〜 19.01.20:港外碇泊の航空母艦「雲鷹」の対潜哨戒〜01.22サイパン 19.01.23:サイパン〜港外碇泊の航空母艦「雲鷹」の対潜哨戒〜 19.01.25:チャランカ沖に座礁〜 19.01.26:離礁〜航空母艦「雲鷹」の対潜哨戒〜01.26サイパン 19.01.31:サイパン〜甲漁船隊その他護衛〜
19.02.23:沈没 19.03.31:特設驅潜隊編制:内令第503号:第六十驅潜隊の項を削る 19.03.31:除籍:内令第508号 19.06.30:解傭
喪失場所:N14.55-E145.35 テニアン島ラロ岬西方6km付近 喪失原因:潜水艦の雷撃

同型船

 第一京丸第二京丸第三京丸、第五京丸、第六京丸第七京丸第十京丸

兵装

官房艦機密第866号(19.02.14)による調整図面)
 八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年3月号
 「播磨造船所50年史」 S35.11 株式会社播磨造船所(P.128)
 「戦没船写真集」 H13.08 全日本海員組合

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る