第七京丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.10.12:起工 13.01.15:進水、命名:第七京丸 13.08.10:竣工
13.10.11:(第1回南氷洋捕鯨)神戸〜11.07フリーマントル〜 13.11.16:操業開始〜11.25フリーマントル〜 13.03.18:操業終了〜03.28フリーマントル〜04.20神戸 14.--.--:本州南方の海流観測 14.10.29:(第2回南氷洋捕鯨)神戸〜12.10フリーマントル〜03.28フリーマントル      〜04.07フリーマントル〜 15.10.10:(第3回南氷洋捕鯨)神戸〜03.29神戸
16.08.16:徴傭 16.09.12:入籍:内令第1049号:特設驅潜艇、横須賀鎮守府所管
16.09.12:驅潜艇長:海軍豫備中尉 安藤 英郎 16.09.12:東海造船株式會社にて艤装工事開始 16.10.15:艤装工事完了 16.10.15:特設驅潜隊編制:内令第1251号:第六十五驅潜隊 16.10.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第六十五驅潜隊 16.11.15:横須賀〜南洋方面〜 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第三部隊第六十五驅潜隊(7)第二小隊(653) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊ウオッチェ部隊      〜12.12クエゼリン12.15〜12.15ウオッチェ 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第六十五驅潜隊(7)第二小隊(653) 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊ヤルート海面防備部隊 17.01.22:ウオッチェ〜01.23ヤルート 17.02.01:0430 第七京丸機密第8番電:       敵の飛行機延三〇機空襲し艦尾に火災を起こす(以下略) 17.02.--:ヤルート 17.03.--:ジャボール、イミエジ付近哨戒 17.03.16:驅潜艇長:海軍豫備大尉 安藤 英郎 17.04.--:イミエジ付近哨戒 17.05.--:イミエジ 17.06.--:イミエジ付近哨戒 17.07.17:イミエジ〜07.20ポナペ07.21〜07.23トラック 17.08.04:出渠 17.08.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊直卒部隊 17.08.19:イミエジ〜08.21マキン08.22〜08.24イミエジ 17.08.31:イミエジ〜09.02アパママ09.16〜09.17タラワ10.10〜10.12ヤルート 17.10.14:ヤルート〜10.15マキン10.16〜10.17タラワ 17.10.20:タラワ〜10.20タラワ 17.10.23:タラワ〜10.23マキン10.29〜10.29タラワ 17.11.22:マキン〜11.23ヤルート 17.12.01:(現在)軍隊区分:ヤルート海面防備部隊 17.12.03:ヤルート〜12.04ナウル 17.12.04:ナウル附近海面哨戒、特設運送船第二南海丸」在泊中護衛 17.12.07:ナウル〜12.09ヤルート 17.12.09:重油搭載、特設運送船長光丸」より生糧品搭載 17.12.10:真水搭載 17.12.14:ヤルート〜哨区〜12.14イミエジ 17.12.17:イミエジ〜哨区〜12.17イミエジ 17.12.19:イミエジ〜12.19ヤルート 17.12.20:ヤルート〜哨区〜12.20イミエジ 17.12.23:イミエジ〜哨区〜12.23ヤルート 17.12.25:真水搭載 17.12.26:ヤルート〜哨区〜12.26イミエジ 17.12.29:イミエジ〜哨区〜12.29ヤルート 17.12.31:「海光丸」より生糧品搭載 18.01.02;ジャボール〜哨区〜01.02イミエジ 18.01.03:イミエジ〜哨区〜01.03ジャボール 18.01.05:真水搭載 18.01.06:ジャボール〜01.08クサイ 18.01.09:(「山城丸」護衛)クサイ〜01.11ジャボール 18.01.12:真水搭載 18.01.14:ジャボール〜特設運送船那岐山丸」入港の前路哨戒〜01.14イミエジ 18.01.15:イミエジ〜01.15ジャボール 18.01.15:重油搭載 18.01.17:真水搭載 18.01.18:(「山城丸」護衛)ジャボール〜 18.01.20:護衛を特設驅潜艇第十拓南丸」に引き継ぐ〜      特設運送船岩代丸」の捜索〜01.23イミエジ 18.01.24:イミエジ〜01.24ジャボール 18.01.27:ジャボール〜哨区〜01.27イミエジ 18.01.28:イミエジ〜哨区〜01.28イミエジ 18.01.31:イミエジ〜哨区〜01.31イミエジ 18.02.01:イミエジ〜02.01ジャボール02.01〜02.01イミエジ 18.02.02:イミエジ〜巡洋艦「利根」出港の前路哨戒〜02.02イミエジ 18.02.02:イミエジ〜02.02ジャボール 18.02.03:重油、真水搭載 18.02.04:特設運送船榛名丸」から貯糧品、生糧品搭載 18.02.05:ジャボール〜02.05イミエジ 18.02.06:イミエジ〜哨区〜02.06イミエジ 18.02.09:イミエジ〜哨区〜02.09ジャボール 18.02.12:ジャボール〜哨区〜02.12イミエジ 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:ヤルート海面防備部隊 18.02.15:(「新國丸」護衛)イミエジ〜02.16クエゼリン 18.02.17:クエゼリン〜02.18イミエジ 18.02.19:イミエジ〜02.19ジャボール 18.02.19:真水搭載 18.02.21:ジャボール〜02.22ミレ 18.02.22:(「日出丸」護衛)ミレ〜02.22イミエジ 18.02.24:イミエジ〜02.24ジャボール 18.02.24:真水搭載、運送艦「石廊」から重油搭載 18.02.26:真水搭載 18.02.26:ジャボール〜02.26イミエジ 18.02.27:「太洋丸」から生糧品搭載 18.02.28:(「香取丸」護衛)イミエジ〜  18.03.01:運送艦「石廊」救難作業〜03.04ルオット水道03.05〜03.05クエゼリン 18.03.09:(「香取丸」護衛)クエゼリン〜03.10ジャボール 18.03.10:ジャボール〜03.10イミエジ 18.03.11:特設砲艦「香取丸」から真水搭載 18.03.12:(「香取丸」護衛)イミエジ〜03.12ミレ03.12〜03.13ジャボール 18.03.16:ジャボール〜03.16イミエジ 18.03.16:司令艇を特設捕獲網艇宇治丸」より本艇に変更 18.03.18:イミエジ〜哨区〜03.18ジャボール 18.03.19:真水搭載 18.03.20:ジャボール〜03.20イミエジ 18.03.26:イミエジ〜 18.03.28:特設運送船御嶽山丸」と合同、護衛開始〜03.30タロア 18.04.01:(「御嶽山丸」護衛)タロア〜      〜04.03 護衛終了〜      〜04.04 特設驅潜艇第六京丸」と合同、対潜掃蕩〜      〜04.04 対潜戦闘:爆雷1個投下〜      〜04.04ヤルート 18.04.05:重油搭載 18.04.09:特設驅潜艇「第六京丸」に蒸気を供給 18.04.10:ヤルート〜水上機母艦「秋津洲」の前路哨戒〜04.10イミエジ 18.04.11:イミエジ〜水上機母艦「秋津洲」の前路哨戒〜04.10イミエジ 18.04.15:イミエジ〜04.15ジャボール 18.04.15:特設砲艦香取丸」に横付け、真水搭載 18.04.17:ジャボール〜船団護衛〜04.18ジャボール 18.04.21:(「千早丸」護衛)ジャボール〜護衛終了〜04.22イミエジ 18.04.22:真水搭載 18.04.23:イミエジ〜04.23ジャボール 18.04.24:重油搭載 18.04.26:ジャボール〜04.26イミエジ 18.04.27:イミエジ〜水上機母艦「秋津洲」入港の前路哨戒〜04.27イミエジ 18.04.28:(「五隆丸」護衛)イミエジ〜05.02ポナペ 18.05.05:真水搭載 18.05.06:(「五隆丸」護衛)ポナペ〜05.10ジャボール 18.05.10:重油搭載 18.05.11:ジャボール〜05.11イミエジ 18.05.14:真水搭載 18.05.15:イミエジ〜05.15ジャボール 18.05.18:ジャボール〜第十四戦隊入港前の前路哨戒〜05.18イミエジ 18.05.20:イミエジ〜      〜05.20 特設巡洋艦盤谷丸」入港前の対潜警戒〜      〜05.20 特設巡洋艦「盤谷丸」雷撃を受け沈没〜      〜05.20 特設巡洋艦「盤谷丸」遭難者394名救助〜      〜05.20イミエジ 18.05.24:イミエジ〜05.24ジャボール 18.05.24:真水搭載 18.05.26:(「八洲丸」護衛)ジャボール〜05.27護衛終了〜05.28イミエジ 18.06.01:イミエジ〜哨区〜06.01イミエジ 18.06.02:イミエジ〜哨区〜06.02イミエジ 18.06.02:司令艇を特設捕獲網艇「宇治丸」に変更 18.06.03:イミエジ〜哨区〜06.03ジャボール 18.06.04:真水搭載 18.06.05:(「香取丸」護衛)ジャボール〜06.06クエゼリン 18.06.06:クエゼリン〜06.07ルオット 18.06.08:(「香取丸」護衛)ルオット〜06.09タロア06.10〜06.12タラワ06.13〜06.15ヤルート 18.06.15:真水搭載 18.06.16:真水搭載 18.06.17:生糧品搭載 18.06.22:真水搭載 18.06.23:ヤルート〜06.24クエゼリン 18.06.25:(「山國丸」護衛)クエゼリン〜06.26タロア 18.06.30:タロア〜敵潜掃蕩〜07.03クエゼリン 18.07.01:驅潜艇長:海軍大尉 安藤 英郎 18.07.03:クエゼリン〜07.08クエゼリン 18.07.08:クエゼリン〜07.09ヤルート 18.07.--:ヤルート〜〜07.26クエゼリン 18.07.28:クエゼリン〜08.04大鳥島08.05〜08.09クエゼリン08.13〜08.14ヤルート 18.08.16:驅潜艇長:海軍大尉 永田 八束  18.08.18:ヤルート〜08.19クエゼリン08.21〜08.23ミレ08.26〜08.28タラワ09.02〜      〜09.04クエゼリン09.07〜09.08クサイ09.08〜09.15クエゼリン 18.09.21:クエゼリン〜09.25ナウル09.27〜タラワ 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊第六十五驅潜隊(8)第二小隊(653) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:ヤルート防備部隊 18.10.01:タラワ〜10.03ミレ10.04〜10.05ヤルート 18.10.07:ヤルート〜10.08クエゼリン 18.12.24:(第6242船団護衛)ルオット〜12.31トラック 19.03.29:パラオ〜04.05サイパン 19.03.31:永田大尉補第五根據地隊司令部附 19.03.31:特設驅潜隊編制:内令第503号:第六十五驅潜隊の項を削る
19.03.31:内令第506号:第五根據地隊所属 19.07.02:軍隊区分:横鎮電令作第493号:甲直接護衛部隊 19.07.11:電令作第177号:第4710船団に合同、直接護衛任務
19.08.01:内令第924号:横須賀防備隊所属 19.08.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊横須賀防備隊 19.08.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第二特設驅潜艇隊 19.08.01:軍隊区分:横鎮電令作第579号:東京湾部隊 19.08.05:長浦〜08.05木更津沖08.06〜08.06長浦 19.08.13:長浦〜LA、LB哨区哨戒〜08.13神湊(八丈島) 19.08.14:(第二魚雷艇隊父島進出第一次曳航)神湊〜      〜08.16 0800 曳航終了、反転〜      〜08.18神湊 19.08.18:(第二魚雷艇隊父島進出第二次曳航)神湊〜      〜08.20 0600 曳航中止、反転〜      〜08.22浦賀 19.08.22:浦賀〜08.22長浦 19.08.23:改装工事(08.24まで) 19.08.25:横須賀船渠入渠、改装工事 19.08.31:出渠、陸岸繋留、修理(08.31まで) 19.09.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第二特設驅潜艇隊(2) 19.09.01:整備 19.09.02:補給 19.09.03:整備 19.09.03:東京湾部隊機密第031745番電:「大誠丸」の東京湾−八丈島間護衛任務 19.09.04:横須賀〜試運転、自差修正〜09.04長浦 19.09.05:長浦〜09.06八丈島神湊 19.09.06:神湊〜湾口哨戒〜09.07神湊 19.09.07:神湊〜哨区哨戒〜 19.09.08:東京湾部隊機密第081152番電:「大誠丸」の八丈島−清水間護衛任務      〜09.08「大誠丸」護衛〜      〜09.09清水 19.09.10:清水〜09.11浦賀09.11〜09.11長浦 19.09.11:東京湾部隊機密第110900番電:第二魚雷艇隊増勢隊の八丈島−父島間の曳航及び掩護任務      軍隊区分:東京湾部隊第二魚雷艇隊増勢隊掩護隊 19.09.13:東京湾部隊機密第130845番電:第二魚雷艇隊増勢隊荒天のため進出が遅延、特令あるまで待機 19.09.16:横防機密第160840番電:KA哨区対潜掃蕩任務 19.09.16:長浦〜対潜掃蕩〜 19.09.17:東京湾部隊機密第170347番電:御蔵島の120度20浬に漂流中の「第六拓南丸」の警戒任務      〜特設驅潜艇第六拓南丸」救難作業〜 19.09.17:東京湾部隊機密第171543番電:長浦帰投命令      〜09.17 機械故障〜09.17館山湾 19.09.18:東京湾部隊機密第180628番電:第3917船団前路警戒、日没までに浦賀帰投命令 19.09.18:館山〜09.18浦賀 19.09.20:浦賀〜09.20館山 19.09.20:東京湾部隊機密第200636番電:21日中に八丈島集結(第110900番電関連) 19.09.21:館山〜      〜0824 右舷90度1000米に水煙2発見〜      〜0825 面舵回避〜      〜0827 対潜戦闘:爆雷投射5個深度60米〜      〜0828 水中聴音機故障〜      〜0829 爆雷投射機故障〜      〜0832 爆雷投射機故障復旧〜      〜0958 探信掃蕩続行〜      〜1100 現場から5浬圏内掃蕩開始〜      〜09.24浦賀 19.09.26:浦賀〜09.26長浦 19.09.30:東京湾部隊機密第301540番電:「大誠丸」護衛任務 19.10.01:補給 19.10.02:長浦〜対潜掃蕩〜10.04八重根 19.10.05:八重根〜哨区哨戒〜10.06八重根 19.10.07:八重根〜10.08館山10.09〜10.09浦賀 19.10.10:東京湾部隊機密第101150番電:「大誠丸」捜索任務 19.10.10:東京湾部隊機密第101930番電:神湊直航、「大誠丸」護衛任務 19.10.10:浦賀〜哨区哨戒〜10.11神湊 19.10.12:神湊〜哨区哨戒〜10.13神湊 19.10.13:(「大誠丸」護衛)神湊〜10.14浦賀 19.10.14:整備(10.23まで) 19.10.24:浦賀船渠陸岸繋留、船体一部修理整備(11.24まで) 19.11.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊特設驅潜艇隊第一小隊 19.11.11:浦賀船渠にて入渠 19.11.25:出渠 19.11.25:補給 19.11.26:浦賀〜自差修正〜11.26浦賀 19.11.26:軍隊区分:横須賀鎮守府電令作第786号:小笠原部隊 19.11.28:浦賀〜機銃試射〜11.28長浦 19.11.29:補給(11.30まで) 19.11.30:甲直接護衛部隊電令作第314号:大昭丸、愛コ丸、第二西海丸、公稱第3998號重油船、      旗風、第五十二號驅潜艇、第八昭南丸及び第七京丸を以て第3203船団を編成、      東京湾父島間直接護衛 19.12.01:長浦〜12.01横浜12.03〜12.04館山 19.12.05:(第3203船団護衛)館山〜12.14父島 19.12.17:父島〜12.17母島12.18〜12.18父島 19.12.26:1400 父島二見〜母島向け交通連絡輸送任務〜      1656 触雷
19.12.26:沈没 20.02.10:除籍:内令第122号 --.--.--:解傭
喪失場所:母島沖崎191度700m付近 喪失原因:触雷(敵磁気機雷)

同型船

 第一京丸第二京丸第三京丸、第五京丸、第六京丸第八京丸第十京丸

兵装

 八糎砲1門、七粍七単装機銃1基、水中聴音機、探信儀、爆雷投射機、爆雷。

(官房艦機密第866号(19.02.14)による調整図面)
 八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、
 --
 七粍七単装機銃1基。

(官房艦機密第2713号(19.04.23)による調整図面)
 八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃2基、七粍七単装機銃1基。

写真資料

 「播磨造船所50年史」 S35.11 株式会社播磨造船所(P.128)
 "Fishing Boats of the World" Fishing News (Books)Limited 1955, Jan-Olof Traung(P.79)

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る