第三利丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.03.--:起工 12.07.21:進水、命名:第三利丸 12.09.24:竣工、船主:大洋捕鯨株式會社、登録純噸数:94
12.09.27:(第二次南氷洋捕鯨)神戸〜10.20フリーマントル〜11.25フリーマントル〜      〜03.30フリーマントル〜 13.--.--:登録純噸数:101に変更 13.--.--:(第三次南氷洋捕鯨)〜10.23フリーマントル〜11.05フリーマントル〜      〜04.01フリーマントル〜 14.--.--:登録純噸数:101に変更 14.--.--:(第四次南氷洋捕鯨)〜11.21フリーマントル〜
15.08.17:徴傭 15.08.21:入籍:内令第532号:特設驅潜艇、佐世保鎮守府所管
15.08.24:内令第536号:横須賀鎮守府所管に変更、横須賀防備隊所属 16.01.15:内令第49号:横須賀防備隊所属を解く
16.01.15:特設驅潜隊編制:内令第29号:第五十六驅潜隊 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第五十六驅潜隊 16.01.15:驅潜艇長:海軍豫備中尉 中村 幸一 16.02.08:横須賀〜南洋方面〜 16.02.14:略称制定:第563号驅潜艇 16.09.01:艦隊区分:第四艦隊機密第228番電:(47)第四根據地隊(5)第五十六驅潜隊 16.10.15:特設驅潜隊編制:内令第1251号:第五十六驅潜隊 16.12.--:軍隊区分:トラック方面防備部隊海面防備部隊 16.12.04:ポナペ方面 17.--.--:登録純噸数:104に変更 17.01.02:ポナペ〜01.05トラック 17.01.05:軍隊区分:機密南洋部隊命令作第7号:R攻略部隊 17.01.06:軍隊区分:機密R攻略部隊命令作第1号:本隊哨戒部隊 17.01.11:入渠 17.01.16:出渠 17.01.17:(R攻略作戦)トラック〜01.22ラバウル湾外 17.01.23:軍隊区分:R攻略部隊信令作第15号:本隊哨戒部隊 17.01.23:0410 ラバウル港に進入、船舶拿捕に当る      0530 ブランチェ湾南岸の敵船拿捕に向う      1730 拿捕船を曳航し入港 17.01.24:特設運送船第二號海城丸」から給油 17.01.25:敷設艦沖島」から給水20t 17.01.26:R攻略部隊信令作第19号:       母艦担任艦を左の如く定む       第十四掃海隊: 沖島       第五十六驅潜隊:津輕 17.01.31:運送艦石廊」から給水
17.02.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第八特別根據地隊第五十六驅潜隊 17.02.01:艦隊区分:第四艦隊機密第409番電(02.02附):第八特別根據地隊(419)第五十六驅潜隊(2) 17.02.01:軍隊区分:南洋部隊電令作第66号(01.29附):R方面部隊 17.02.01:軍隊区分:機密R方面部隊命令作第1号:根據地部隊海上隊 17.02.01:軍隊区分:機密R方面部隊根據地部隊海上隊命令作第1号:第三部隊 17.02.02:ラバウル〜第一哨戒線哨戒〜02.04ラバウル 17.02.06:ラバウル〜第二、第一哨戒線哨戒〜02.08ラバウル 17.02.10:ラバウル〜第三、第二哨戒線哨戒〜02.12ラバウル 17.02.14:ラバウル〜第三哨戒線哨戒〜02.16ラバウル 17.02.19:ラバウル〜第三、第一哨戒線哨戒〜02.20ラバウル 17.02.--:ラバウル〜02.26ラニッソ湾02.27〜02.28ラバウル 17.03.--:軍隊区分:機密R方面防備部隊命令作第1号:海上部隊 17.03.24:軍隊区分:R方面防備部隊電令作第38号:根據地隊海上部隊 17.04.--:〜04.12ラバウル 17.04.12:軍隊区分:機密R方面防備部隊命令作第7号:根據地海上部隊 17.04.17:ラバウル〜04.18ラバウル 17.04.21:ラバウル〜04.22ラバウル 17.04.22:軍隊区分:機密R方面防備部隊命令作第10号:海上部隊 17.04.24:ラバウル〜04.25ラバウル 17.04.26:軍隊区分:第六戦隊機密第996番電:RXB攻略部隊 17.04.27:軍隊区分:南洋部隊電令作第167号:MO攻略部隊 17.04.28:軍隊区分:RXB攻略部隊機密作第2号:哨戒部隊 17.04.29:(「京城丸」護衛)ラバウル〜05.02サンタイサベル島サウザンドシップス湾 17.05.03:サウザンドシップス〜05.03ツラギ 17.05.03:敷設艦「沖島」に横付けし補給 17.05.04:0620 対空戦闘 17.05.04:1100 驅逐艦「菊月」をガブツ島東方海岸に曳航 17.05.05:2225 擱坐作業中の驅逐艦「菊月」沈没 17.05.06:ガブツ島〜05.06ハニサボ 17.05.06:0450 救難作業中の特設掃海艇玉丸」沈没      1550 特設掃海艇「玉丸」人員救助作業終了 17.05.06:ハニサボ〜ラバウル 17.06.12:ラバウル〜06.12ラバウル 17.06.16:ラバウル〜06.16ラバウル 17.06.18:ラバウル〜06.18ラバウル 17.06.20:ラバウル〜06.22ラバウル 17.06.24:ラバウル〜06.25ラバウル 17.06.27:ラバウル〜06.28ラバウル 17.07.02:ラバウル〜07.03ラバウル 17.07.06:ラバウル〜07.07ラバウル 17.07.10:ラバウル〜07.11ラバウル 17.07.13:ラバウル〜07.14ラバウル 17.07.16:ラバウル〜07.17ラバウル 17.07.19:ラバウル〜07.20ラバウル 17.07.21:ラバウル〜07.22ラバウル 17.07.25:ラバウル〜07.26ラバウル 17.07.27:ラバウル〜護衛〜07.28ラバウル 17.08.01:驅潜艇長:海軍豫備大尉 中村 幸一 17.08.01:ラバウル〜08.02ラバウル 17.08.04:ラバウル〜08.05ラバウル 17.08.07:ラバウル〜08.08ラバウル 17.08.11:ラバウル〜08.12ラバウル 17.08.15:ラバウル〜08.16ラバウル 17.08.18:ラバウル〜08.19ラバウル 17.08.24:ラバウル〜08.25ラバウル 17.08.26:ラバウル〜サラモア行動〜ラバウル 17.09.05:特設水上機母艦聖川丸」から重油補給 17.09.28:機密R方面防備部隊命令作第35号:RR海上防備部隊 17.09.--:ラバウル〜10.02ラバウル 17.10.03:ラバウル〜10.04ラバウル 17.10.05:ラバウル〜護衛〜10.10ラバウル 17.10.12:ラバウル〜護衛〜10.15ラバウル 17.10.27:ラバウル〜10.28ラバウル 17.10.30:ラバウル〜10.31ラバウル 17.11.02:ラバウル〜11.03ラバウル 17.11.05:ラバウル〜11.06ラバウル 17.11.08:ラバウル〜11.09ラバウル 17.11.10:ラバウル〜11.12ラバウル 17.11.13:ラバウル〜11.14ラバウル 17.11.16:ラバウル〜11.17ラバウル 17.11.18:ラバウル〜11.19ラバウル 17.11.21:ラバウル〜11.22ラバウル 17.11.24:ラバウル〜11.25ラバウル 17.11.27:ラバウル〜11.28ラバウル 17.11.30:ラバウル〜12.01ラバウル 17.12.03:ラバウル〜12.04ラバウル 17.12.06:ラバウル〜12.07ラバウル 17.12.07:ラバウル〜12.09ラバウル 17.12.11:ラバウル〜12.12ラバウル 17.12.14:ラバウル〜12.15ラバウル 17.12.17:ラバウル〜12.18ラバウル 17.12.20:ラバウル〜12.21ラバウル 17.12.23:ラバウル〜12.24ラバウル 17.12.26:ラバウル〜12.27ラバウル 17.12.28:ラバウル〜12.29ラバウル 17.12.30:ラバウル〜12.31ラバウル 18.01.02:ラバウル〜01.04ラバウル 18.01.06:ラバウル〜01.08ラバウル 18.01.10:ラバウル〜01.11ラバウル 18.01.21:ラバウル〜01.23ラバウル 18.01.24:ラバウル〜01.25ラバウル 18.01.30:ラバウル〜01.31ラバウル 18.02.01:ラバウル〜02.01ラバウル 18.02.03:ラバウル〜02.05ラバウル 18.02.07:ラバウル〜02.09ラバウル 18.02.11:ラバウル〜02.13ラバウル 18.02.15:ラバウル〜02.16ラバウル 18.02.18:ラバウル〜02.20ラバウル 18.02.22:ラバウル〜02.23ラバウル 18.02.28:ラバウル〜03.02ラバウル 18.03.01:特設驅潜隊編制:内令第350号:第五十六驅潜隊の項を削る
18.03.01:内令第351号:第八十一警備隊所属 18.03.03:ラバウル〜03.05ラバウル 18.03.06:ラバウル〜03.08ラバウル 18.03.09:ラバウル〜03.11ラバウル 18.03.13:ラバウル〜03.14ラバウル 18.03.14:ラバウル〜03.16ラバウル 18.03.22:ラバウル〜03.23ラバウル 18.03.24:ラバウル〜03.25ラバウル 18.03.26:ラバウル〜03.27ラバウル 18.03.28:ラバウル〜03.29ラバウル 18.03.30:ラバウル〜03.31ラバウル 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.04.01:ラバウル〜04.02ラバウル 18.04.04:ラバウル〜04.05ラバウル 18.04.06:ラバウル〜04.08ラバウル 18.04.10:ラバウル〜04.12ラバウル 18.04.16:ラバウル〜04.18ラバウル 18.04.19:ラバウル〜04.20ラバウル 18.04.26:ラバウル〜04.27ラバウル 18.04.28:ラバウル〜04.29ラバウル 18.05.02:ラバウル〜05.03ラバウル 18.05.04:ラバウル〜05.05ラバウル 18.05.--:軍隊区分:RO防備部隊 18.05.11:ラバウル〜 18.07.15:カビエンにて巡洋艦「長良」の対潜警戒 18.11.05:カビエン湾外にて驅逐艦「巻波」より基地員物件を移載 18.12.13:0940 ステフェン水道南口に座礁した驅逐艦「夕凪」の離礁に協力、曳航を試みる 18.12.15:機密RN方面防備部隊命令作第16号:カビエン泊地掃海       兵力:第二十一號掃海艇第二十二號掃海艇、第三利丸、第十六號驅潜特務艇第十七號驅潜特務艇 18.12.18:重油70t補給 18.12.18:カビエン〜
19.08.01:内令第924号:横須賀防備隊所属 19.08.01:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊横須賀防備隊 19.08.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第二特設驅潜艇隊 19.08.05:長浦〜疎開錨地〜08.05浦賀 19.08.10:浦賀〜KA、LA哨区対潜掃蕩〜      〜08.11 掃蕩中止〜      〜08.11御蔵島08.12〜八丈向け航行      〜08.12 「ふさ丸」を護衛開始〜       〜08.12三宅島 19.08.13:(「ふさ丸」護衛)三宅島〜08.13新島08.14〜08.14館山08.15〜08.15浦賀 19.08.17:浦賀〜08.17横浜 19.08.17:(「海榮丸」護衛)横浜〜08.17館山08.18〜08.18新島 19.08.20:新島〜哨区哨戒〜08.20新島 19.08.21:(「海榮丸」護衛)新島〜08.21浦賀 19.08.22:補給 19.08.24:浦賀〜08.24長浦 19.08.25:燃料搭載 19.08.28:長浦〜08.28横浜 19.08.28:(「彌榮丸」護衛)横浜〜08.29八丈島神湊09.01〜09.01館山 19.09.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第二特設驅潜艇隊(1) 19.09.--:驅潜艇長:海軍大尉 篠田 不可止 19.09.02:館山〜09.02浦賀 19.09.02:補給 19.09.05:浦賀〜09.05長浦 19.09.05:補給(09.06まで) 19.09.07:長浦〜09.07浦賀 19.09.07:浦賀〜哨区哨戒〜      〜09.09 船団間接護衛〜哨区哨戒〜09.09館山 19.09.10:館山〜哨区哨戒〜船団間接護衛〜      〜09.13 0615 「大誠丸」護衛〜      〜09.13 0900 城ケ島の南5浬にて護衛終了、固有哨区哨戒      〜09.13 1725 館山 19.09.14:館山〜09.14浦賀 19.09.14:補給 19.09.15:浦賀〜09.15長浦 19.09.15:補給 19.09.16:長浦〜哨区哨戒〜09.18館山 19.09.18:東京湾部隊機密第181617番電:浦賀帰投命令 19.09.19:館山〜09.19浦賀 19.09.20:長浦〜09.20横浜 19.09.20:東京湾部隊機密第201024番電:新潟丸、彌榮丸を横浜−八丈島間護衛任務 19.09.21:(第3921船団護衛)横浜〜09.21館山09.21〜09.22八丈島 19.09.22:八丈島〜泊地移動哨戒〜09.23八丈島神湊 19.09.26:神湊〜哨区哨戒〜09.26八丈島八重根 19.09.27:八重根〜哨区哨戒〜09.27八重根 19.09.28:八重根〜09.28神湊 19.09.29:補給 19.09.30:神湊〜哨区哨戒〜09.30神湊 19.10.01:神湊〜哨区哨戒〜10.01八重根 19.10.02:八重根〜哨区哨戒〜10.02八重根 19.10.04:(「新潟丸」「彌榮丸」護衛)八重根〜10.05館山 19.10.05:館山〜10.05浦賀10.06〜10.06長浦 19.10.08:東京湾部隊機密第080620番電:彌榮丸護衛任務 19.10.09:長浦〜10.09横浜 19.10.09:補給 19.10.10:(「彌榮丸」護衛)横浜〜10.10大島元村 19.10.11:元村〜哨区哨戒〜10.11元村 19.10.12:元村〜哨区哨戒〜10.12元村 19.10.13:元村〜哨区哨戒〜10.13元村 19.10.15:(「彌榮丸」護衛)元村〜10.15新島本村 19.10.16:(「彌榮丸」護衛)本村〜10.16浦賀 19.10.17:補給 19.10.20:浦賀〜10.20長浦10.21〜10.21小海 19.10.21:船体各部修理(10.22まで) 19.10.23:東京湾部隊機密第231100番電:彌榮丸を横浜−八丈島間護衛任務 19.10.23:連掲信号燈新設工事(10.24まで) 19.10.23:補給 19.10.24:小海〜「彌榮丸」護衛〜10.25八丈島 19.10.25:東京湾部隊機密第251602番電:対潜掃蕩をしつつ帰投命令 19.10.25:移動哨戒 19.10.26:八丈島〜10.26館山10.27〜10.27浦賀 19.10.27:補給 19.10.30:東京湾部隊機密第301005番電:対潜掃蕩任務 19.10.31:浦賀〜哨区哨戒〜10.31浦賀 19.10.31:東京湾部隊機密第311235番電:対潜掃蕩を実施しつつ三宅島回航、第三興洋丸警戒任務 19.11.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊特設驅潜艇隊第二小隊 19.11.01:浦賀〜対潜掃蕩〜11.01新島 19.11.02:新島〜浮流機雷1個処分〜11.02三宅島 19.11.05:荒天の為港外に避泊 19.11.05:東京湾部隊機密第050901番電:初島を護衛 19.11.06:三宅島〜11.06下田 19.11.06:下田〜電纜敷設艇初島」の電纜敷設警戒〜11.06下田 19.11.07:下田〜対潜掃蕩〜11.09浦賀 19.11.07:東京湾部隊機密第071801番電:対潜掃蕩任務 19.11.08:東京湾部隊機密第081706番電:~威の清水−横須賀間護衛任務 19.11.10:補給 19.11.11:浦賀〜11.11長浦 19.11.11:燃料搭載 19.11.12:補給 19.11.13:長浦〜11.13浦賀 19.11.16:浦賀〜11.16大島 19.11.16:東京湾部隊機密第161047番電:鳥島近海の掃蕩任務 19.11.17:東京湾部隊機密第171731番電:八丈島121度11浬の敵潜対潜掃蕩任務 19.11.17:大島〜対潜掃蕩〜11.17八重根 19.11.18:八重根〜対潜掃蕩〜11.19八重根 19.11.19:八重根〜護衛〜対潜掃蕩〜11.19八重根 19.11.20:補給 19.11.20:東京湾部隊機密第201025番電:掃蕩中止、第十一八重川丸の鳥島輸送任務続行 19.11.21:東京湾部隊機密第210953番電:鳥島着後、浦賀帰投命令 19.11.21:(「第十一八重川丸」護衛)八重根〜11.22青ヶ島 19.11.22:東京湾部隊機密第221635番電:第十一八重川丸護衛、八丈島避泊、      素水丸通海丸と交代、帰投命令 19.11.23:(「第十一八重川丸」護衛)青ヶ島〜11.23八重根 19.11.24:対空戦闘: 19.11.25:八重根〜11.25館山11.26〜11.26浦賀 19.11.28:東京湾部隊機密第280946番電:対潜掃蕩任務 19.11.28:浦賀〜対潜掃蕩〜11.29館山 19.11.29:館山〜11.29浦賀11.29〜11.29長浦 19.11.29:補給(11.30まで) 19.12.02:補給(12.03まで) 19.12.03:東京湾部隊機密第030813番電:大島−八丈島間対潜掃蕩任務 19.12.04:浦賀〜対潜掃蕩〜12.04岡田 19.12.05:岡田〜対潜掃蕩〜12.05新島 19.12.06:新島〜救難作業〜12.06八丈島八重根 19.12.07:八重根〜12.07洞輪沢 19.12.08:洞輪沢〜哨区哨戒〜      〜12.09 固有哨区復帰、対潜掃蕩〜 19.12.11:東京湾部隊機密第110955番電:11日1500以後哨区を第二、第三、KA哨区に移動      〜12.11 「第二百二號驅潜特務艇」と分離〜      〜12.11 1400 「第十三號掃海特務艇」と合同〜      〜12.11 2115 「第十三號掃海特務艇」を護衛〜      〜12.11新島 19.12.12:(「第十三號掃海特務艇」護衛)新島〜12.12浦賀 19.12.10:軍隊区分:東京湾部隊掃蕩隊第三小隊 19.12.12:補給 19.12.15:浦賀〜12.15長浦 19.12.15:燃料搭載 19.12.16:補給 19.12.17:長浦〜12.17浦賀 19.12.19:仮称電波探知機修理(12.22まで) 19.12.20:補給 19.12.22:補給 19.12.22:東京湾部隊機密第220825番電:23日0830出撃、大島八丈島間掃蕩 19.12.23:浦賀〜対潜掃蕩〜12.23岡田 19.12.23:東京湾部隊機密第232218番電:現任務を兼ねN33.45-E138.45の敵潜撃滅に協力 19.12.24:岡田〜対潜掃蕩〜船団護衛〜12.25洞輪沢 19.12.25:洞輪沢〜船団前路掃蕩〜12.26洞輪沢 19.12.28:東京湾部隊機密第282134番電:KB、KA哨区を掃蕩しつつ帰投 19.12.28:洞輪沢〜船団護衛、対潜掃蕩〜12.29館山 19.12.29:館山〜12.29浦賀 19.12.29:補給 19.12.30:浦賀〜12.30長浦 19.12.30:燃料搭載 19.12.31:長浦〜12.31浦賀 20.01.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊特設驅潜艇隊 20.01.04:浦賀〜01.04長浦 20.01.04:燃料補給 20.01.04:東京湾部隊機密第041149番電:大島−八丈島間対潜掃蕩及び船団護衛 20.01.05:長浦〜LA哨区哨戒〜 20.01.06:東京湾部隊機密第061254番電:一新丸救難作業      〜01.08 新島にて特設驅潜艇一新丸」救難作業〜01.08下田 20.01.08:補給 20.01.09:下田〜      〜「羽立丸」と触衝、左舷中部亀裂〜      〜01.09下田 20.01.10:応急修理 20.01.11:(「第三關丸」護衛)下田〜01.11浦賀 20.01.13:補給 20.01.13:東京湾部隊機密第131132番電:第百五十五號驅潜特務艇と交代 20.01.14:浦賀〜MA哨区哨戒〜01.14下田 20.01.16:補給 20.01.19:下田〜電纜敷設艇「初島」護衛〜01.19相良湾 20.01.20:相良湾〜対潜掃蕩〜電纜敷設艇「初島」護衛及び哨戒〜01.20下田 20.01.21:下田〜対潜掃蕩〜浮流機雷1個銃撃処分〜01.21下田 20.01.23:下田〜MA哨区哨戒〜01.23下田 20.01.24:東京湾部隊機密第240819番電:帰投命令 20.01.25:下田〜第五、六哨区哨戒〜01.25浦賀 20.01.26:浦賀船渠にて入渠、機関整備       前部兵員室新設、糧食庫新設、砲術科倉庫改造工事(02.28まで)       短艇甲板、外板修理(03.05まで)       三個載投下機撤去工事(02.20まで)       仮称電波探知機改造工事(02.28まで)       軽便探信儀撤去工事(01.30まで) 20.01.27:船体各部機関手入       仮称三式探信儀改三新設工事(02.28まで) 20.02.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊 20.02.--:驅潜艇長:海軍大尉 作山 嘉平       六個載投下機新設工事(03.05まで)  20.02.22:出渠 20.03.06:浦賀〜諸機械公試〜発電機故障〜03.06浦賀 20.03.10:浦賀〜諸公試、自差修正〜03.10長浦 20.03.11:補給整備 20.03.12:長浦〜03.12浦賀 20.03.12:補給整備 20.03.14:東京湾部隊機密第140959番電:下田哨区進出 20.03.16:浦賀〜03.17下田03.19〜03.19妻良子浦03.21〜03.21下田 20.03.24:下田〜第3323船団護衛〜03.24下田 20.03.27:下田〜船団護衛〜03.27下田 20.03.28:東京湾部隊機密第280829番電:第十二號掃海特務艇と交代、帰投命令 20.03.29:下田〜第3329船団護衛〜03.29下田 20.03.30:下田〜03.30浦賀 20.03.30:補給整備 20.07.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第一特攻戦隊横須賀防備隊
20.08.15:残存:SCAJAP No. T-202 20.09.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備隊 20.11.30:除籍:第301730番電 21.08.23:解傭

同型船

 利丸第二利丸第五利丸、第六利丸、第七利丸第八利丸、第九利丸。

兵装

官房艦機密第2713号(19.04.23)による調整図面)
 八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃2基、七粍七単装機銃1基。
 --
 小銃、軽便探信儀1基、爆雷投下台(三個載)

(20.02)
 八糎砲1門、九六式二十五粍単装機銃2基、九三式十三粍単装機銃2基、七粍七単装機銃1基、
 小銃、仮称三式探信儀改三1基、爆雷投下台(六個載)

写真資料

 「残存帝国艦艇」図書出版社 S47.12 木俣慈郎

備考

 本船、第八玉丸第六拓南丸第七拓南丸の4隻は当初、昭和15年10月15日までの期限付きで入籍されましたが同年8月24日付の内令第536号で横須賀鎮守府所管に変更となり、この期限は無効となったようです。

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る