第百六十九號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.11.16:起工、仮称艦名:第2019號艦 19.03.25:進水 19.04.05:命名:達第107号:第百六十九號驅潜特務艇 19.04.05:類別等級制定:内令第534号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 19.04.05:本籍仮定:内令第532号:佐世保鎮守府 19.05.31:竣工 19.05.31:本籍:内令第718号:佐世保鎮守府
19.05.31:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備隊 19.05.31:内令第719号:佐世保防備隊所属      〜02.02佐世保 20.02.02:佐世保〜哨戒〜02.05佐世保 20.02.05:佐防機密第051202番電:      1.鹿北六〇九船団九隻、6日0000鹿児島発、1800牛深仮泊、7日0700同発、1800寺島水道仮泊、        8日0600同発、1800唐津仮泊、9日0600唐津発、1600六連着、速力六、五節      2.左に依り直接護衛を実施すべし        第百六十號第二百三十四號第九十號驅潜特務艇は野間岬至筑前大島、        第百七十九號、第百六十九號、第二百三十三號驅潜特務艇は野間岬至母子島、        第百六十八號驅潜特務艇目斗丸第二號日出丸は高島至筑前大島 20.02.05:佐世保〜鹿北609船団護衛〜02.07佐世保 20.02.10:佐防機密第101206番電:      1.A昭幸丸、隆和丸、11日0900山川沖、1700片浦仮泊、12日0500同発、1200阿久根沖、1800野母埼仮泊        13日0630同発、第七、第五、第一、第二航路通過、1730生月瀬戸、2330烏帽子島、14日六連着、        速力六節      2.左に依り直接護衛に任ずべし        第九十九號第二百號驅潜特務艇          開聞岬至伊王島        第百七十九號第百七十三號驅潜特務艇       阿久根沖至伊王島        第二百五號第百五十八號、第百六十九號驅潜特務艇 上阿値賀島至筑前大島 20.02.11:佐世保〜      〜02.12 1452 佐防機密第121452番電(二神島至古志岐島前路警戒)〜      〜02.14佐世保 20.02.14:佐世保〜哨戒〜02.17佐世保 20.02.20:佐世保〜哨戒〜02.24佐世保 20.02.24:佐防機密第241323番電:      1.富士丸及甲標的一、25日0700寺島水道発1500牛深仮泊26日0700同発(牛深より甲標的二を加う)        1500泊浦仮泊27日0700同発1500山川着、速力八節      2.第百六十九號驅潜特務艇は野母山川間の直接護衛に任ずべし 20.02.24:佐世保〜02.27佐世保 20.02.27:佐世保〜哨戒〜02.28佐世保 20.03.04:佐世保〜哨戒〜      〜03.05 1443 佐防機密第051443番電(北緯32度25分線至女島の139度6.5浬、常盤高榮丸の前路警戒)〜      〜03.09 1108 佐防機密第091108番電(第一掃蕩隊は鹿島丸雷撃の敵潜掃蕩)〜      〜03.11 0952 佐防機密第110952番電(掃蕩区域:野間岬を通ずる270度線、東経129度45分線、             北緯31度00分線、東経130度線を以て囲む海面を野間岬を通ずる180度線を以て両分し             その西半)〜      〜03.13 2000 第二號天山丸機密第131807番電(             1.我13日2000坊ノ岬180度2浬着、同時刻以降第一掃蕩隊の指揮を執る             2.掃蕩隊の編制               第一小隊 第二號天山丸第二百五號驅潜特務艇第百五十四號驅潜特務艇               第二小隊 第百六十號驅潜特務艇、第百六十九號驅潜特務艇            3. 掃蕩区域:               野間岬、宇治島、黒島、硫黄島、竹島、開聞岬を以て囲む海面とし               坊ノ岬180度線以西を第一小隊、以東を第二小隊とす            4. 掃蕩要領:               水測兵器を全幅活用し特に夜間浮上の機会捕捉に努めよ            5. 附近船舶航行の際は状況許す限り之が護衛に協力すべし)〜      〜03.15 0832 佐防機密第150832番電(本日1200迄敵情を得ざれば掃蕩を止め帰投せよ)〜      〜03.16佐世保 20.03.15:軍隊区分:九州方面護衛部隊護衛本隊 20.04.04:軍隊区分:九州方面護衛部隊山川部隊 20.04.05:佐世保〜哨戒〜      〜04.08 0847 山川部隊機密第080847番電(黒島の160度姫島丸救難)〜      〜04.09山川 20.04.11:山川〜哨戒〜      〜04.13 2203 山川部隊機密第132203番電(14日0400I区機動第一一三號艇の前路掃蕩第二法)〜      〜04.15佐世保 20.04.23:佐世保〜救助〜04.28山川 20.04.29:山川部隊指揮官機密第292052番電:        各艇は直に出動機密第292030番電に依る敵潜を掃蕩せよ        掃蕩区域:佐田岬竹島黒島坊ノ岬を以て囲む区域       掃蕩隊指揮官を第百六十九號驅潜特務艇長とす 20.04.29:山川〜 20.05.03:(「第二東油丸」護衛)      〜05.07 ---- 屋久島に不時着の搭乗員1名救助〜      〜05.13山川 20.05.13:山川部隊機密第131533番電:      1.第百六十九號驅潜特務艇、屋久島に不時着搭乗員一名、救助収容の上0500山川着      2.1900山川発釣掛埼の176度60粁の敵潜掃蕩をなしつつ下甑島川内濱に至り魚雷調査処分の上        哨区に就かしむ 20.05.13:山川〜対潜掃蕩〜05.17山川 20.05.22:佐世保〜哨戒〜      〜05.23 1452 佐防機密第231452番電(黒母瀬至郷之浦間、相洲丸を直接護衛)〜   〜05.24 2210 佐防機密第242210番電(古志岐長瀬埼間、雪川丸の前路警戒)〜      〜05.26 1252 佐防機密第261252番電(古志岐灯台の90度7浬の敵潜掃蕩)〜      〜05.29 0812 佐防機密第290812番電(掃蕩中止、陸軍潜航輸送艇を護衛生月瀬戸通過帰投せよ)〜      〜05.29佐世保 20.06.02:佐世保〜哨戒〜      〜06.03 1551 佐防機密第031551番電(黒瀬戸開聞岬間暁部隊機帆船団9隻を直接護衛後反転、             泊浦又は片浦湾に避泊、機を見て原配備に復帰)〜      〜06.08佐世保 20.06.22:佐世保〜哨戒〜      〜06.26 1456 佐防機密第261456番電(江之島生月瀬戸間、第二大海丸の直接護衛に任ずべし)〜      〜06.30 1716 佐防機密第301716番電(第二大海丸、長崎入港につき護衛の任務を解く)〜      〜06.30佐世保
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、佐世保地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:佐世保地方復員局掃海部佐世保支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第百六十九號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:佐世保掃海部所属 21.07.20:復二第101号:大竹掃海部所属 22.08.01:復二第543号:大竹掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、佐世保地方復員局所管、特別保管艦に指定 22.08.28:除籍:復二第597号
22.08.28:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:巡視船「やませみ」(PB-11):運輸省告示第230号 24.10.20:巡視船「やませみ」(PB-11):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「やませみ」(PS-11):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 29.05.01:巡視船「やませみ」(PS-129):海上保安庁告示第5号(29.04.16)
29.12.01:解役:海上保安庁告示第17号(29.12.17)

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.49「驅潜艇・哨戒艇」(P.41)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.20 「写真集 日本の小艦艇(続)」(P.53)
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(124)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.156)

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る