第九十號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.04.06:起工、仮称艦名:第589號艦 18.11.28:進水 18.12.01:命名:達第305号:第九十號驅潜特務艇 18.12.01:類別等級制定:内令第2589号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.12.01:本籍仮定:内令第2579号:佐世保鎮守府 19.02.12:竣工 19.02.12:本籍:内令第320号:佐世保鎮守府
19.02.12:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備戦隊佐世保防備隊 19.02.12:内令第321号:佐世保防備隊所属 19.02.27:佐世保鎮守府海面防備部隊信電令作第5号:       北緯31度45分東経127度45分の敵潜を攻撃撃滅すべし      〜02.28 1100 現場着、敵潜掃蕩〜      〜03.01 0858 佐海防機密第010858番電(1500に至るも敵情を得ざれば佐海防信電令作第5号に依る             掃蕩を止め)〜      〜03.26 1014 北九州部隊機密第261014番電(機密第242209番電に依る対潜掃蕩を止め、             對馬神崎の121度12浬の敵潜を攻撃撃滅すべし)〜
19.04.10:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備隊 19.06.02:(モタ21船団護衛)六連〜06.10高雄 19.06.11:(タモ20A船団護衛)高雄〜06.17六連 20.02.04:佐世保〜哨戒〜02.05佐世保 20.02.05:佐防機密第051202番電:      1.鹿北六〇九船団九隻、6日0000鹿児島発、1800牛深仮泊、7日0700同発、1800寺島水道仮泊、        8日0600同発、1800唐津仮泊、9日0600唐津発、1600六連着、速力六、五節      2.左に依り直接護衛を実施すべし        第百六十號第二百三十四號、第九十號驅潜特務艇は野間岬至筑前大島、        第百七十九號第百六十九號第二百三十三號驅潜特務艇は野間岬至母子島、        第百六十八號驅潜特務艇目斗丸第二號日出丸は高島至筑前大島 20.02.05:佐世保〜鹿北609船団護衛〜02.11佐世保 20.02.16:佐防機密第162102番電:      1.三嘉丸道了丸泰昭丸近油丸、17日0700牛深発、1600松島錨地仮泊、18日0700同発、        1800唐津仮泊、19日0600同発、1600門司着、速力八節      2.各艇左に依り直接護衛に任ずべし        第百六十號第百五十四號驅潜特務艇 牛深至筑前大島        第九十號驅潜特務艇、第二號天山丸  牛深至伊王島沖        第百七十三號第二百五號驅潜特務艇 高島至筑前大島 20.02.16:佐世保〜02.18佐世保 20.02.18:佐世保〜哨戒〜      〜02.20 2212 佐防機密第202212番電(N33.41-E127.44に於て漁船敵潜の砲撃を受く警戒を厳にせよ)〜      〜02.22佐世保 20.03.11:佐世保〜護衛〜03.14佐世保 20.03.14:佐世保〜哨戒〜03.15佐世保 20.03.15:軍隊区分:九州方面護衛部隊護衛本隊 20.03.15:佐防機密第151522番電:      1.B天洋丸16日0600佐世保発、1300野母埼、1900阿久根仮泊、17日0600同発、1145野間岬、        1600開聞岬、17日2100鹿児島着、速力七節      2.第九十號、第百七十三號驅潜特務艇は伊王島至山川沖の直接護衛に任ずべし 20.03.16:佐世保〜03.17佐世保 20.03.17:佐世保〜哨戒〜03.19佐世保 20.03.22:佐世保〜哨戒〜03.24佐世保 20.03.24:佐世保〜03.26佐世保 20.03.26:佐世保〜哨戒〜04.佐世保 20.04.01:佐世保〜哨戒〜      〜04.03 2322 佐防機密第032322番電(4日0500黄島男島間大島輸送隊三隻の前路掃蕩(第四法))〜      〜04.07佐世保 20.04.11:佐世保〜哨戒〜   〜04.12 2039 佐防機密第122039番電(白日丸の前路掃蕩、E及D区第四法別法)〜      〜04.13 2203 佐防機密第132203番電(14日2000機動第一一三號艇の前路掃蕩A区第四法別法)〜      〜04.16 1808 佐防機密第161808番電(永暦丸の前路掃蕩、CBA区第一法)〜      〜04.19佐世保 20.04.24:佐世保〜哨戒〜      〜04.28 0822 佐防機密第280822番電(第一掃蕩隊大瀬埼の180度15浬の敵潜を攻撃撃滅せよ)〜      〜04.28 0931 佐防機密第280931番電(大瀬崎の180度15浬の地点に集結すべし、             掃蕩要領:大瀬崎よりの方位180度距離15浬を基点とし20浬圏内の編隊掃蕩を行う)〜      〜04.28 1216 佐防機密第281216番電(敵潜の位置黄島の220度15浬に訂正す、二隻と認めらる)〜      〜04.28 1334 佐防機密第281334番電(掃蕩要領訂正:黄島の220度15浬を基点とし15浬圏内掃蕩開始             第九十九號驅潜特務艇と協同掃蕩す)〜      〜04.30佐世保 20.05.--:佐世保〜      〜05.01 1112 佐防機密第011112番電(本日日没に至るも敵情を得ざれば掃蕩を止め             第十七號驅潜艇遭難者を収容の上帰投せよ)〜      〜05.03佐世保 20.05.05:佐世保〜      〜05.05 1916 佐防機密第051916番電(明日1200より小呂島東岸に座礁中の大楠丸救難作業警戒)〜      〜05.11佐世保 20.05.13:佐世保〜      〜05.13 1806 佐防機密第131806番電(陸軍機帆船団4隻14日0800長崎発、1930岐宿着直接護衛)〜      〜05.17 1636 佐防機密第171636番電(機帆船団5隻18日0500長崎発、1400福江着直接護衛)〜      〜05.19佐世保 20.05.28:F式水中信号器装備工事(05.30まで) 20.05.30:佐世保〜哨戒〜05.31佐世保 20.06.02:佐世保〜掃海〜06.04佐世保 20.06.05:佐世保〜掃海〜06.08佐世保 20.06.16:佐世保〜特別任務〜06.21佐世保 20.06.23:佐世保〜哨戒〜06.29佐世保
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、佐世保地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:佐世保地方復員局掃海部佐世保支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第九十號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.05.10:内令第66号:呉地方復員局掃海部下関支部所属 21.06.15:複二第5号:下関掃海部所属
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:掃海船「驅特第九〇号」(MS-11):運輸省告示第230号 24.10.20:掃海船「驅特第九〇号」(MS-11):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 26.12.01:掃海船「はくおう」(MS-11):海上保安庁告示第31号(26.12.24)
27.08.01:保安庁警備隊掃海艇 29.07.01:海上自衛隊掃海艇「はくおう」(MS-11) 31.04.01:海上自衛隊特務艇「特務4号」(MS-11) 32.03.31:除籍

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る