大信丸の船歴

 年 月 日:船歴

M37.07.13:起工 M38.10.16:進水、命名:大信丸 M38.12.23:竣工、船主:大阪商船株式會社      登録総噸数:1,304、登録純噸数:808      登録長:236.50尺、登録幅:32.26尺、登録深さ:17.13尺
M39.01.02:大阪〜大連 M39.02.25:大阪〜神戸〜門司〜芝罘〜天津 M40.05.03:大阪港内にて火災 M40.05.04:鎮火 M41.02.26:仁川〜      〜02.27 群山前望山の南にて岩礁に接触〜      〜群山 M44.12.01:神戸〜門司〜釜山〜元山〜西湖〜城津〜清津 T03.12.24:神戸〜大阪〜青島 T04.--.--:登録総噸数:1,238、登録純噸数:730、      登録長:228.0呎、登録幅:34.0呎、登録深さ:19.5呎に変更 T10.01.--:天津〜01.03門司 T10.06.01:大阪商船株式會社と傭船契約締結:大正10年06月03日までに横須賀軍港に到着の予定を以て      大阪港に於て積荷悉皆陸揚を終り航海準備を整え横須賀軍港に向け出帆の日より使用 T10.06.--:大阪〜06.04横須賀
T10.06.04:入籍:内令第216号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府所属 T10.06.04:徴傭授受 T10.06.--:横須賀〜06.10函館 T10.06.13:通牒:経船第7号 T10.06.11:函館〜06.12小樽 T10.06.15:小樽〜 T10.06.18:2030 (N48.58-E144.17)千賀岬沖合にて暗礁に乗上げ、前方傾斜浸水甚大、船艇大破 T10.06.22:1800 軍艦「平戸」来着 T10.06.24:0600 日本海事工業株式會社救難船「比叡丸」来着、喞筒にて排水 T10.06.25:0750 離礁      1300 北辰會傭船「第二大星丸」来着      1600 特務艦室戸」来着、積荷を「室戸」及び「第二大星丸」に移載 T10.06.26:1500 北辰會傭船「第二大星丸」出港      1510 作業終了、特務艦「室戸」出港      1600 軍艦「平戸」出港 T10.07.03:散江〜07.07小樽 T10.07.09:解傭 T10.07.09:小樽〜因島 T10.07.12:除籍:内令第263号
T11.05.10:神戸〜沖縄 T12.01.03:神戸〜木浦〜群山〜仁川 T12.--.--:登録総噸数:1,233、登録純噸数:726に変更 03.--.--:登録純噸数:723に変更 03.12.04:大阪〜高松〜多度津 04.--.--:登録総噸数:1,322、登録純噸数:754に変更 05.--.--:登録総噸数:1,308、登録純噸数:745に変更 05.05.11:宇高連絡船「南海丸」と衝突 09.--.--:登録純噸数:749に変更 11.--.--:登録総噸数:1,306、登録純噸数:747に変更  17.03.--:船主:關西汽船株式會社に変更 18.07.21:蕪湖〜      〜07.27 1305(N32.34-E127.42)大瀬崎267度45浬にて敷設艇平島」被雷〜      〜広畑
18.11.02:第23次海軍指定船 19.01.--:積荷166.30t、船客230名乗船 19.01.06:那覇〜01.09鹿児島 19.01.--:揚荷166.30t、船客230名下船 19.01.--:積荷243.32t、船客325名乗船 19.01.15:鹿児島〜01.18那覇 19.01.--:揚荷243.32t、船客325名下船 19.01.--:積荷179.00t、船客387名乗船 19.01.20:那覇〜01.22鹿児島 19.01.--:揚荷179.00t、船客387名下船 19.01.--:積荷229.00t、船客330名乗船 19.01.27:鹿児島〜01.29那覇 19.01.--:揚荷229.00t、船客330名下船 19.02.--:積荷251.62t、船客352名乗船 19.02.02:那覇〜02.05鹿児島 19.02.--:揚荷251.62t、船客352名下船 19.02.--:積荷225.30t、船客333名乗船 19.02.16:鹿児島〜02.19那覇 19.02.--:揚荷225.30t、船客333名下船 19.02.--:積荷451.62t、船客392名乗船 19.02.23:那覇〜02.27鹿児島 19.02.--:揚荷451.62t、船客392名下船 19.03.--:積荷345.36t、船客341名乗船 19.03.06:鹿児島〜03.10那覇 19.03.--:揚荷345.36t、船客341名下船 19.03.--:積荷408.20t、船客350名乗船 19.03.13:那覇〜03.16鹿児島 19.03.--:揚荷408.20t、船客350名下船 19.03.--:積荷404.28t、船客340名乗船 19.03.25:鹿児島〜03.31那覇 19.03.--:揚荷404.28t、船客340名下船 19.04.--:積荷404.98t、船客447名乗船 19.04.04:那覇〜04.07鹿児島 19.04.--:揚荷404.98t、船客447名下船 19.04.--:積荷370.63t、船客333名乗船 19.04.14:鹿児島〜04.22那覇 19.04.--:揚荷370.63t、船客333名下船 19.05.--:積荷150.79t、船客448名乗船 19.05.06:那覇〜05.10鹿児島 19.05.--:揚荷150.79t、船客448名下船 19.05.--:積荷432.46t、船客345名乗船 19.06.15:鹿児島〜06.18那覇 19.06.--:揚荷432.46t、船客345名下船 19.07.--:積荷301.86t、船客372名乗船 19.07.04:那覇〜07.07鹿児島 19.07.--:揚荷301.86t、船客372名下船 19.08.--:積荷281.00t、船客957名乗船 19.08.27:鹿児島〜08.31那覇 19.08.--:揚荷281.00t、船客957名下船 19.09.--:積荷 50.87t、船客411名乗船 19.09.10:那覇〜09.13鹿児島 19.09.--:揚荷 50.87t、船客411名下船 19.11.--:積荷413.05t、船客851名乗船 19.11.03:鹿児島〜11.06那覇 19.11.--:揚荷413.05t、船客851名下船 19.11.--:積荷115.10t、船客809名乗船 19.11.08:那覇〜11.10鹿児島 19.11.--:揚荷115.10t、船客809名下船 19.11.--:積荷411.85t、船客130名乗船 19.11.26:鹿児島〜11.29那覇 19.11.--:揚荷411.85t、船客130名下船 19.12.--:積荷251.68t、船客809名乗船 19.12.20:那覇〜12.23鹿児島 19.12.--:揚荷251.68t、船客809名下船 20.01.--:積荷488.89t、船客726名乗船 20.01.08:鹿児島〜01.11那覇 20.01.--:揚荷488.89t、船客726名下船 20.01.--:積荷115.31t、船客431名乗船 20.01.16:那覇〜01.20鹿児島 20.01.--:揚荷115.31t、船客431名下船 20.02.--:積荷315.42t、船客517名乗船 20.02.10:鹿児島〜02.14那覇 20.02.--:揚荷315.42t、船客517名下船 20.02.--:積荷 53.00t、船客1,023名乗船 20.02.17:那覇〜02.23鹿児島 20.02.--:揚荷 53.00t、船客1,023名下船 20.02.--:積荷356.63t、船客567名乗船 20.02.26:(カタ604船団)鹿児島〜反転〜02.26鹿児島 20.02.27:(カタ604船団)鹿児島〜03.01久慈湾 20.03.01:0839 右舷後部に直撃弾2個
20.03.01:沈没
喪失場所:N28.13-E129.16 奄美大島久慈湾内 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型船

 大智丸。

兵装

(最終時)
 九三式十三粍二聯装機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1994年09月号「日本商船隊の懐古 No.182」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.109)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.55)
 「商船建造の歩み」 S34.08 三菱造船株式会社(P.34)
 「日本汽船件名録 第十版」(P.45)
 「日本汽船件名録 第十一版」(P.43)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.68)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

Homeへ戻る