菊川丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.08.22:起工 11.12.16:進水、命名:菊川丸 12.04.10:竣工、登録純噸数:2,257
12.04.--:東廻り大阪・敷香線
12.08.--:徴傭:陸軍船番号188 12.--.--:〜11.12呉淞 12.--.--:解傭
13.--.--:登録純噸数:2,260に変更      〜01.21青島 13.01.21:青島で転錨 13.01.22:青島で転錨 13.11.11:三虎錨地〜11.13三虎錨地 14.--.--:登録純噸数:2,258に変更
16.03.27:徴傭:一般徴傭船(雑用船)
16.05.01:船長:海軍嘱託 大西 義孝(部内限り奏任官待遇) 16.--.--:佐世保〜05.05中支方面05.15〜佐世保 16.--.--:古仁屋〜06.06南支方面06.12〜高雄〜06.16南支方面07.08〜八幡 16.07.--:古江〜07.19中支方面08.05〜佐世保 16.08.--:佐世保〜08.10中支方面08.18〜佐世保 16.08.--:佐世保〜08.30中支方面09.06〜佐世保 16.09.--:基隆〜09.28仏印方面10.18〜馬公
16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(雑用船)、佐世保鎮守府所管
16.10.15:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.10.--:佐世保〜10.29中支方面11.10〜佐世保 16.11.28:佐世保〜12.01厦門12.02〜12.03馬公12.03〜12.03高雄12.07〜      〜12.08厦門12.11〜12.13海口12.17〜12.18三亜12.22〜12.22楡林12.23〜      〜12.26高雄12.28〜01.03八幡01.05〜01.06佐世保 17.01.09:機密佐世保鎮守府命令第7号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.01.--:「羅門丸」回航員乗船 17.01.14:佐世保〜01.14相浦01.14〜01.16上海01.19〜01.20臺州列島 17.01.15:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第14号:直卒部隊 17.01.20:特設砲艦第一號新興丸」に給水 17.01.20:臺州列島〜01.21馬公01.23〜01.23高雄01.28〜02.01佐世保 17.02.03:佐世保〜02.04門司02.07〜02.08佐世保 17.02.05:軍隊区分:機密佐世保鎮守府命令作第16号:直卒部隊
17.02.09:機密佐世保鎮守府命令第80号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.02.13:佐世保〜02.16馬公02.18〜02.21海口02.24〜02.25三亜03.05〜      〜03.07香港03.10〜03.14佐世保
17.03.09:機密佐世保鎮守府命令第138号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.03.15:佐世保〜03.16六連03.16〜03.16八幡03.21〜03.22佐世保
17.03.20:機密佐世保鎮守府命令第152号:人員及軍需品の輸送並びに補給任務 17.03.26:佐世保〜03.27鹿児島03.30〜04.05三亜04.15〜04.15楡林04.19〜04.25佐世保
17.04.10:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属 17.04.26:佐世保〜04.27八幡04.29〜05.02青島05.03〜05.07大阪05.10〜      〜05.10神戸06.04〜06.06横浜06.11〜06.13函館06.14〜06.15小樽06.16〜      〜06.17稚内06.25〜06.26珍内06.29〜06.30小樽07.01〜07.04東京07.07〜      〜07.07横浜07.09〜07.09横須賀 17.05.15:官房機密第5990号:訓令:九二式七粍七単装機銃A型1基、三八式小銃5挺供給 17.06.12:官房機密第7246号:訓令:四十口径安又は四一式八糎砲1門装備      (アリューシャン防衛作戦−第二次輸送隊:設営隊250名、砲熕資材輸送) 17.07.09:横須賀〜07.12釧路07.13〜07.19鳴神島 17.07.--:揚陸 17.07.31:鳴神島〜特設運送船鹿野丸」の曳航に失敗〜07.31鳴神島 17.08.01:鳴神島〜曳航作業再開〜鳴神島 17.08.07:鳴神島〜      〜08.08(N51.23-E158.48)雷撃を受けるが被害なし〜      〜08.09片岡湾 17.08.11:片岡湾〜08.11加熊別 17.08.12:第五艦隊機密第342番電:      1.12日1108加熊別沖に於て哨戒艦敵潜水艦を探知攻撃せり、当隊今より出撃す      2.球磨川丸、菊川丸、帝洋丸、俊鶻丸は~津丸及び汐風を以て護衛、柏原湾に回航せしむ        警戒に関し可然配慮を得度 17.08.12:加熊別〜08.12柏原湾 17.08.14:柏原湾〜08.17熱田島(独立野戦高射砲第三十二中隊揚陸)08.18〜      〜08.24小樽08.26〜08.28浅瀬09.01〜09.04函館09.05〜09.07横浜 17.09.--:船体艤装工事 17.09.29:横浜〜09.29横須賀 17.10.03:横須賀〜10.11トラック10.14〜10.19ペリリュー10.22〜10.22パラオ10.23〜10.29ラバウル 17.10.30:軍需品陸揚げ(11.12まで) 17.11.16:軍需品搭載 17.11.17:水雷艇へ軍需品移載 17.11.18:軍需品搭載(11.20まで) 17.11.21:水雷艇・驅逐艦へ軍需品移載(11.23まで) 17.11.27:軍需品陸揚げ(11.28まで) 17.11.29:特設運送船北昭丸」より燃料炭補給 17.11.30:ラバウル〜12.07サイパン12.08〜12.15横須賀 17.12.18:横須賀〜12.18芝浦12.22〜01.02ラバウル01.25〜01.31サイパン02.02〜      〜02.09横須賀 18.02.12:(第7212船団)横須賀〜02.13四日市 18.02.16:四日市〜02.17横須賀 18.02.19:横須賀〜      〜02.20 0035 「第百一號哨戒艇」が護衛を終了〜      〜02.28トラック 18.03.04:トラック〜03.08ラバウル04.01〜04.03ショートランドブイン 18.04.03:機雷により機関各部損傷 18.04.05:機雷により船内各部損傷 18.04.08:ブイン〜04.10ラバウル 18.04.13:対空戦闘 18.04.15:対空戦闘 18.04.23:ラバウル〜04.27トラック 18.05.02:(第4502船団)トラック〜05.10横須賀 18.05.11:横須賀〜05.11芝浦05.12〜05.12横須賀 18.05.19:横須賀〜05.20神戸 18.05.--:船体機関修理 18.06.20:神戸〜06.21門司06.22〜06.23大阪06.24〜06.24神戸06.25〜      〜06.27東京06.30〜06.30横須賀 18.07.02:横須賀〜07.12トラック07.15〜07.20クエゼリン07.29〜08.01マキン08.09〜      〜08.10イメージ08.18〜08.19クエゼリン 18.08.20:(第6202船団)クエゼリン〜08.24トラック 18.09.02:(第4902船団)トラック〜09.12横須賀 18.09.21:横須賀〜09.21館山 18.09.22:(第3921船団)館山〜      〜09.23 0700(N31.57-E139.52)「第二十七號掃海艇」が護衛を止め反転〜      〜10.01トラック 18.10.07:積み荷の積載を終え待機中、第四番船艙内で原因不明の小爆発、弾薬・爆雷が誘爆
18.10.07:沈没 18.12.01:除籍:内令第2564号 18.12.01:解傭
喪失場所:N07.21-E151.56 トラック諸島夏島錨地H11番浮標 喪失原因:火災事故

同型船

 春幸丸日吉丸桐川丸松川丸桃川丸

兵装

 四十口径八糎砲1門、九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺。

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年1月号、昭和12年6月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.53)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1985年10月号「日本商船隊の懐古 No.75」山田早苗
 雑誌「丸」潮書房2016年9月号「海底のレクイエム(26)竹島の貨物船「菊川丸」」
 雑誌「世界の艦船」海人社 2021年4月号「思い出の日本貨物船その296」
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十巻(P.121)
 「川崎汽船100年史」 R元.09 川崎汽船株式会社(P.86)
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.120)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る